【イエはてな】イエ・ルポ#017

街を見渡せば、100通りの家族に100通りの家。家をのぞいてみれば、それぞれの暮らし振りが面白い!“イエ・ルポ”とは、実際に見たり聞いたりしたイエの話、またはご自分の家の暮らしの中で生まれたユニークな工夫やアイデア、習慣や出来事をミニルポ感覚で書き込んでもらう“イエ・ルポタージュ”コーナーです。
*〈今週のお題〉に沿った、みなさんが知っている面白いイエの話を教えて下さい。
*〈今週のお題〉以外の話題のイエ・ルポも常時自由に投稿して下さいね!

イエ・ルポ #017 THEME「今も耳に残る…音楽のあるイエの思い出」を教えて下さい

→ルポ例はコチラ
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20070323

※今回の「いわし」ご投稿は3月28日(水)正午で終了とさせて頂きます。
※参考にさせていただいた「いわしへのコメント」には、【いわしポイント×20pt】を差し上げます。
※お願い
モラルのない一行投稿などはご参加者の皆様に大変ご迷惑となりますので、ご遠慮下さい。
またそのようなご投稿にはポイントの送信を控えさせて頂きますのでご了承下さい。

回答の条件
  • 1人10回まで
  • 1000 ptで終了
  • 登録:2007/03/23 14:09:14
  • 終了:2007/03/28 14:03:11

回答(282件)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>
隣から聞こえてきた讃美歌の歌声 watena2007/03/23 18:31:16ポイント2pt

子供のころ、短期間でしたが、幼稚園の隣に住んでいたことがあります。そこは教会が運営している幼稚園だったらしく、毎週日曜日になると人が集まって讃美歌を歌っていました。

門前の小僧習わぬ経を読むと同じで、私もいつの間にか数曲おぼえて歌えるようになっていました。

特に記憶に残っているのは「いつくしみ深き友なるイエスは」という歌で、これは毎週のように歌われていたので自然におぼえてしまいましたが、歌詞が文語で難しく全く意味がわからず、聞き覚えで歌っていたので「慈しみ深し」を「いくつ耳昔」と歌っていました。

一種の空耳(^-^; TomCat2007/03/25 06:08:30ポイント1pt

うははっ。「いくつ耳昔」とは(^-^;

あの曲、いいメロディですよね。作曲者はチャールズ・コンヴァース。日本では文部省唱歌の「星の界」(杉谷代水作詞) 、「星の世界」(川路柳虹作詞)としての方がお馴染みかもしれません。

 

賛美歌としてのこの曲には、日本では「いつくしみふかき」で始まる歌詞と「つみとがをにのう」で始まる歌詞の二つの代表的な訳詞があります。さらに最近では難しい文語体の歌詞をもう少しやさしく書き換えようという動きがあって、日本基督教団が出版した新しい讃美歌集「讃美歌21」では、出だしが「いつくしみふかい」に変わっています。全体の歌詞はこちらに載っています。

http://www.y-eiwa.ed.jp/eiwa-top/introduction/kouka.htm

 

これだと、子供にもちょっと意味が分かりやすくなるかもしれませんね(^-^)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません