【イエはてな】イエ・ルポ#017

街を見渡せば、100通りの家族に100通りの家。家をのぞいてみれば、それぞれの暮らし振りが面白い!“イエ・ルポ”とは、実際に見たり聞いたりしたイエの話、またはご自分の家の暮らしの中で生まれたユニークな工夫やアイデア、習慣や出来事をミニルポ感覚で書き込んでもらう“イエ・ルポタージュ”コーナーです。
*〈今週のお題〉に沿った、みなさんが知っている面白いイエの話を教えて下さい。
*〈今週のお題〉以外の話題のイエ・ルポも常時自由に投稿して下さいね!

イエ・ルポ #017 THEME「今も耳に残る…音楽のあるイエの思い出」を教えて下さい

→ルポ例はコチラ
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20070323

※今回の「いわし」ご投稿は3月28日(水)正午で終了とさせて頂きます。
※参考にさせていただいた「いわしへのコメント」には、【いわしポイント×20pt】を差し上げます。
※お願い
モラルのない一行投稿などはご参加者の皆様に大変ご迷惑となりますので、ご遠慮下さい。
またそのようなご投稿にはポイントの送信を控えさせて頂きますのでご了承下さい。

回答の条件
  • 1人10回まで
  • 1000 ptで終了
  • 登録:2007/03/23 14:09:14
  • 終了:2007/03/28 14:03:11

回答(282件)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>
有線電話っていうのがあったんですけど chinjuh2007/03/26 13:24:56ポイント5pt

 わたしのおばあちゃんのうちには、電電公社(当時はNTTじゃなかった)の普通の電話と有線電話というのがありました。どちらも見た目はダイヤル式の黒電話なのですが、有線電話の下にはスピーカーがついていて、たまに音楽がなってたような気がします。スピーカーの上の電話機も、ご町内の決まった家には通じるみたいでした。自分でかけたことはありませんが、かかってきたのを取ったことなら何度かあります。

 もう30年近く昔のことで、そのサービス自体がとっくの大昔になくなってしまったようなので、詳細はよくわかりませんが、消防車の音がすると、おばあちゃんがスピーカーの音量を上げて情報を聞いていたのを覚えてます。ローカルな有線放送局で、電話のサービスなんかも提供してたんでしょうか。

電話で放送? TinkerBell2007/03/26 18:44:03ポイント4pt

コミュニティFMみたいな地域放送機能がついた電話機?

すごい!昔の話ということですが、それって最先端の電話ではないでしょうか。

地域のお知らせや防災情報や音楽などをみんなの家に届けて、お話も出来るすばらしい電話。

どうして全ての電話をそういうふうにしなかったのでしょう。

今ならIP電話にネットラジオ受信機能を付けて、そういう電話が簡単に作れそうですね。

それは くまっぷす2007/03/27 00:40:03ポイント3pt

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%89%E7%B7%9A%E6%94%BE%E9%80%8...

これですね。

1985年以降のNTTの発足などの電気通信事業の自由化による他事業者の参入などで通話が減り、放送業務が中心となっていった。

たぶんこの頃なんでしょう>id:chinjuhさんの見た頃。

今もADSLなサービスとして生き残っている地域もある、まさに地域LANなんですね。

調べてみて一番驚いたのは、なんとADSLの実験の元祖である伊那市有線放送農業協同組合(愛称:いなあいネット)もこれだったんですか。へー。

確かに昔なのに未来的だったわけだ。

うちの実家の方ではまだ稼動してます りくっち2007/03/27 09:29:13ポイント2pt

某山奥ですが、町内の各家庭の電話機から、

地域情報が有線で定刻に流れます。

発信は役場みたいで、弔報や現在の人口数から、盆ならお祭りの案内まで、

コミュニティニュースを明らかに地の人だなぁという人の声が報告してくれます。

ただ、朝6時の早朝で、しかも強制的(一方通行だし)なので、

実家に泊まると毎回この放送で起こされるのがいまだに難儀です。

役場や農協が通信事業 momokuri32007/03/27 18:51:37ポイント1pt

それだけでも今よりずっと先端を行っていた感じがします。今通信事業に参入できる体力のある役所や農協があるでしょうか。昔こそが「地方の時代」だったのだなと思います。今も少数でも事業を続けている所があるんですね。NTTにできないことをどんどんやって、いつまでもがんばってもらいたいと思います。

<前のツリー | すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません