キリンビールがアサヒビールを追い抜く勢いですね。こういうときトップを守るというのは非常に大変そうです。このような市場に造詣の深い方にお聞きしたいのですが、アサヒビールがキリンに負けないようにするためにはどのような策が必要なのでしょうか。教えて下さい。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/04/02 00:58:04
  • 終了:2007/04/09 01:00:04

回答(8件)

id:dream76 No.1

kiyo回答回数1091ベストアンサー獲得回数82007/04/02 01:40:53

ポイント18pt

プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント - @IT情報マネジメント用語事典

http://www.atmarkit.co.jp/aig/04biz/ppm.html

競争戦略 - Wikipedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B6%E4%BA%89%E6%88%A6%E7%95%A...

ファイブフォース分析 - Wikipedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%9...


上の概念を参考に考えてみるといいと思います

id:sin3364 No.2

sin3364回答回数967ベストアンサー獲得回数492007/04/02 02:53:40

ポイント18pt

フリーキャッシュを活かし、M&Aにより業績拡大を狙う。

(2/17)サッポロ、アサヒが資本提携打診

http://markets.nikkei.co.jp/special/sp012.cfm?id=d2f1607016&...

アサヒビール、カゴメ筆頭株主に

http://trendy.nikkei.co.jp/news/index.aspx?ichiran=True&i=20...

id:TNIOP No.3

TNIOP回答回数2344ベストアンサー獲得回数582007/04/02 07:58:34

ポイント18pt

http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070317k0000m020038000...

第四のビールを先に作った方が勝つでしょうね。

id:markII No.4

markII回答回数744ベストアンサー獲得回数232007/04/02 08:41:02

ポイント18pt

http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/news/060719_beer/ind...

いっぽうのアサヒも、前述の通り、第3のビールで出遅れる。今年に入ってからは、発泡酒市場においても、アサヒはキリンに引き離された。きっかけとなったのは5月の税制改正。増税見送りの決定を受けて、キリンは発泡酒の新商品を2月に投入した。これに対し「アサヒは何ら手立てを打たなかった。キリンに対して、明らかに敵失を与えることになった」(アサヒ幹部)。

アサヒはなにかと対応が遅いのが難点ですね。

商品力が無いわけじゃないのでどんどん対抗していけばいいと思います。

id:itoyou No.5

itoyou回答回数241ベストアンサー獲得回数12007/04/02 11:07:44

ポイント17pt

キャンペーンを行う

これが効果絶大な気がしますhttp://q.hatena.ne.jp/1175443081

id:akaneko0226 No.6

akaneko0226回答回数504ベストアンサー獲得回数22007/04/02 18:13:23

ポイント17pt

http://www.hatena.ne.jp/akaneko

今アサヒビールとキリンビールはビール類(ビール、発泡酒、その他)のシェアはほとんど差がありませんが、ビールだけだとアサヒのスーパードライがキリンのビールを圧倒しています。

発泡酒、その他ではキリンのほうがアサヒよりもずっとシェアは高いです。

これはアサヒが発泡酒やその他をビールよりも下というふうに考えており、キリンのように発泡酒やその他をどんどん発売したためシェアが低くなっており、総合するとアサヒとキリンのシェアがほとんど変わらなくなっています。

しかし、アサヒもキリンに負けじと最近では発泡酒やその他を発売しており、ぐびなまなどでシェアも上昇しつつあります。

しかし、キリンがキリンゴールドという新しいビールを発表したのに比べてアサヒはスーパードライが20年という長きにわたり君臨して新しいビールを開発してません。そのため一番手っ取り早くシェアをあげるのはアサヒともとは一緒だったサッポロビールと合併するのが一番でしょう。

そうすればサッポロのエビスビール、ドラフトワンなどのシェアがプラスされてキリンよりも上になるでしょう。

id:Baku7770 No.7

Baku7770回答回数2832ベストアンサー獲得回数1812007/04/02 20:41:54

ポイント17pt

http://www.mizuhocbk.co.jp/fin_info/industry/sangyou/pdf/mif_40....

 キリンとアサヒを比較した場合、キリンの方が国際的に見ると大きな企業であり、生産量も大きいのです。だからまともにぶつかって少なくとも無傷で勝てるはずがない。

 そこをスーパードライという大ヒット商品を生み出したことで勝ってしまった。それはビール市場に関してだけなんです。ビール系飲料全てでとなると基礎体力の強いキリンに勝とうとするのが間違いです。ここはスーパードライ以外の商品を一つだけ絞ってそこに経営資源の全てを投入するしか手がないはずです。

 つまりこういうことなんです。チェーン店に酒を飲みに行く場合、絶対に間違いはありません。個人経営の店に行くとおいしいけど値段が高いとか何か間違いがあります。キリンというチェーン店はは規模が大きいからビールだけで何種類も開発して、より多くの客を囲い込む。アサヒは一点に集中する。ランチェスターの法則にのっとった戦略です。

http://techon.nikkeibp.co.jp/article/TOPCOL/20061026/122733/

 去年読みを間違えたという言い訳はどうでもいいのです。勝ち続けたのが奇跡なんですから。

id:toshihiko0312 No.8

toshihiko0312回答回数119ベストアンサー獲得回数32007/04/02 23:05:48

ポイント17pt

http://www.dohto.ac.jp/~mtanaka/image/re_041120.pdf

経営理念に基づいて経営していくことだと思います。

ドライビールで快進撃をし、キリンビールを抜いたアサヒビールが経営再建で最初に取り組んだのが、経営理念の策定でした。当時の社長の決断だったそうです。ドライビールのスーパードライを販売する5年前のことです。

経営理念の第一に、消費者志向を謳っています。

味の追求で酵母の研究をし、5年後、スーパードライの大ヒットに繋げました。

今後も、味の追求、消費者に選択される味の追求が大切だと思います。

アサヒビールの快進撃の軌跡は、下記の本が詳しいです。

石山順也、『アサヒビールの挑戦』、社団法人日本能率協会、1987年(昭和62年)

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません