顎関節症はほうっておくといろいろな悪影響があると

ネット上その他でいろいろ言われており、
治療に関する情報もいろいろあります。

実際、本当のところどのくらいたいへんなのでしょうか。

実際に顎関節症になってしまった方、
ほうっておいてしまい、たいへんなことになってしまった方、
実際に受けてよくなった治療方法
などなど、

実際の体験を書き込んでくださる方、
よろしくお願い申し上げます。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 登録:2007/04/03 11:03:47
  • 終了:2007/04/09 15:30:26

回答(14件)

id:TNIOP No.1

TNIOP回答回数2344ベストアンサー獲得回数582007/04/03 11:13:30

ポイント50pt

8年ほど前から顎関節症です。

最初の1~2年は顎が変なかみ合わせをしてしまうことがあり、かなりの痛みがありました。

しかしその後、治ったわけではないのですが、変な噛み合わせになることは無くなり、痛みもなくなりました。


今でも口を開けると顎の開き方が少しおかしいです(関節から小さな音が鳴る)。

大きく口を開け続けるとかなり疲れますし、以前より大きく開けららていない気もします。

id:ao2

ありがとうございます。


TNIOP様はいわば”ほうっておいている”状態と思いますが、

大丈夫でしょうか?

2007/04/03 11:48:48
id:Jamlittle No.2

Jamlittle回答回数107ベストアンサー獲得回数12007/04/03 11:16:29

ポイント50pt

東京の某大手医科歯科病院で顎関節症と診断されて10年以上経ちますが、治療はしていません。一度マウスピースを作りましたがすぐやめました。

かかりつけに聞くとかみ合わせが悪いので、マウスピース程度では治らないと聞き、なお更ほっておいてる次第です。

多少耳鳴りがするのと大きく開くとカクンとしますが、日常生活には問題ありません。

こういうのは程度の差があり、ひどい人は口が開かなくなったり、頭痛に悩む人もいるそうです。症状が重い人や歌手、アナウンサーなど口を使う仕事の人は治したほうがいいでしょう。

id:ao2

ありがとうございます。


Jamlittle様もほうっておいていらっしゃるのですね。

みなさま大丈夫なのでしょうか?


仕事が関係する人は

顎関節症だと深刻ですね、やはり。

2007/04/03 11:50:33
id:markII No.3

markII回答回数744ベストアンサー獲得回数232007/04/03 11:34:00

ポイント50pt

顎関節症になった時に歯医者で看てもらったことがあります。

自宅で出来る治療法のようなものを教えてもらいましたが、結局治りませんでした。

痛みは特に無いのですが、耳鳴りしやすくなったような気がします。

id:ao2

ありがとうございます。


markII様もほうっておいていらっしゃる・・・


支障の程度によって

ほうっておく人と

治療せざるを得ない人に分かれるというのは

それはそうですが。


いったん治療にとりかかっても

その治療が有効でないと

治療する手間がめんどうになってしまいますね。

症状の程度によりますが。

2007/04/03 11:53:57
id:takejin No.4

たけじん回答回数1495ベストアンサー獲得回数1942007/04/03 11:54:42

ポイント50pt

一時的に、口がほとんど開かなくなってしまいました。そのときは、小指も入らないほどで、食事も細いストローとかを使ってしていました。

上下のあごの中心線が5mm近くずれていたので、食事をする時間以外は、マウスピースで中心あわせをして、顎を固定していました。結構違和感があって、辛かった。

この症状が出る以前は、拳骨が入るほど大きく口が開けられたのですが、今でも(治って10年近い)指が3本縦にはいるかどうかまでしか開きません。また、大きく口を開け閉めすると、右の耳の近くで音がします。どうも、これは完治しないらしい。

id:ao2

ありがとうございます。


takejin様はかなり重症の部類でしょうか?


完治しないのかどうか

気になるポイントですね。

2007/04/03 12:06:19
id:piko-piko No.5

piko-piko回答回数148ベストアンサー獲得回数32007/04/03 12:14:50

ポイント50pt

私は顎関節症だと思っていたのですが、歯の噛み合わせの方が悪かったようで、矯正治療で治しています。

母は、顎関節症だと思っていたのが、上部頚椎の歪みをなおす整体を受けた時に治りました。

というふうに、顎関節症は実は違う所からきている事があります。

また、歯の衛生状態は非常に大切です。両方の歯でしっかりかめる事も大切です。

虫歯をほったらかし片方でしか噛めない、力強く噛めない状態だと、老人だと一気にボケたりします。逆に入れ歯でも、しっかり噛める人は健康で生き生きとしています。

その人の歯を見れば幸福か不幸か分かるといって、どこかの外国の頭蓋骨がたくさん安置されている所で、この人はここの歯がどうこうだから、5・60代以降は不幸だった、とか言っているのを見たこともあります。

id:ao2

ありがとうございます。


>顎関節症は実は違う所からきている事があり

>ます。


なるほど。


>歯の衛生状態は非常に大切です。両方の歯

>でしっかりかめる事も大切です。


とても参考になります。

2007/04/03 13:08:01
id:moondoldo No.6

ムーンドルド瑠川菜月回答回数27ベストアンサー獲得回数62007/04/03 12:14:51

ポイント50pt

 病院に行ったときは、たしか先生から軟膏をもらって、その軟膏を間接の付け根部分に指ですりこんだ記憶があります。

 軟膏がなくても、痛いなと思ったときに間接の付け根を指でこすりこむ事でマッサージ的な効果があり、かなり痛みが緩和された気がします。

 今でも、寝相が悪くてあごに重量をかけるような寝方をした場合に顎関節症になりかける「関節から小さな音が鳴る」状態になりますので、上記のマッサージをして回避しています。

id:ao2

ありがとうございます。


関節部分のマッサージですね、なるほど。

2007/04/03 13:08:46
id:takejin No.7

たけじん回答回数1495ベストアンサー獲得回数1942007/04/03 15:07:16

口が開かなくなったtakejinです。

主治医の話では、結構重症でした。直し方をあれこれ試していたようです。(当時都内では、顎関節症の研究者として有名な人でした。)

根本的には、右側の蝶番が外れているのが原因でしたが、もともと切端咬合という異常を抱えていたので、それも原因のひとつのようでした。

しかし、朝起きたら、歯磨きができなかったんですね。口が開かなくて。びっくりしました。

id:ao2

ありがとうございます。

2007/04/03 17:18:12
id:itoyou No.8

itoyou回答回数241ベストアンサー獲得回数12007/04/03 16:38:13

ポイント50pt

みうちがそうです。

指は縦に1本しか入りません

大学病院で治療し、マウスピース等しようしましたが、なおりませんでした

現在放置です

id:ao2

ありがとうございます。


治らない方がけっこういらっしゃるんですね。

2007/04/03 17:18:53
id:white_lemon No.9

れもん回答回数78ベストアンサー獲得回数12007/04/03 18:09:58

ポイント50pt

母がそうでした。

1年間くらいマウスピースなどしていましたが、結局前と違う形に固まって痛みはなくなったようですが、前に比べてあごがあまり開かなくなったそうです。

保険のきかない治療を行っている歯科もあり、そうすると治療費が量んで大変です。

id:ao2

ありがとうございます。


なかなか完全には治らないんですかね?


みなさまからのご返答を拝見させていただいて、

私も思ったのですが、

口、あごは使わずには生活できない部位なので、

つい何かのひょうしに

たとえばあくび、歯磨きなどのときに

あごの関節がコキッといっちゃう

あごの動かし方をしちゃうので、

治療をしていても

なかなか治らないのではないかと。

2007/04/04 09:45:42
id:nattow No.10

nattow回答回数102ベストアンサー獲得回数272007/04/03 22:40:19

ポイント50pt

私は高校生の頃から顎関節症らしき症状が数年続きました。その間はあごがカクカクなったり口は指一本入るかどうか位しか開きませんでした。口が開かないのであくびをするのもつらい状態でした。

しかし、結局医者には行かずじまいでしたが、いつの間にか治っていました。今はなんともありません。まあ参考になるかどうかはわかりませんがそういう人もいるということで。

id:ao2

ありがとうございます。


ラッキーだったんでしょうか。


関節のためによくない動きが

あまりなかったから治ったんでしょうかね。


よくなってよかったです。

2007/04/04 09:47:31
id:miharaseihyou No.11

miharaseihyou回答回数4546ベストアンサー獲得回数5702007/04/03 23:13:56

ポイント50pt

子供時代に喰いしばりがあって、関節症も併発していました。当時はそんなこと知らなくて、気がついてみれば顎の骨の形が左右で不均衡になっていました。当然ですが、バランス感覚の異常はあります。全身の骨格にも不均衡があります。若い頃から腰痛にも悩まされ、原因を突きとめた時には手遅れの部分が多かった。三半規管が癖によって変調するのです。常に傾いた姿勢でいるわけですから、骨格が歪みます。現在は喰いしばりを止め、ストレッチなど頑張って、何とか健康に近づけた状態ですが、喰いしばりによってダメージを受けた歯の状態は常に不安定です。骨格の歪みも完全に治すには骨格の不均衡が大きすぎるようです。従って内臓や循環器も完全ではありません。一見そうは見えませんが、骨格そのものの形が変化してしまっているので、筋肉だけ伸ばしても正常には戻りきらないようです。ただし、多かれ少なかれ完全なバランス感覚を持った人は稀だそうで、少し偏差が大きい肉体なのだそうです。筋肉は常に縮み続けるので、どんな人でもストレッチなど頑張る方が得策です。いずれにせよ少しづつ正常な状態に近づけていくべきでしょう。

id:ao2

ありがとうございます。


喰いしばりというのがあるんですか、

知りませんでした。

そのことが重大な影響を及ぼすんですね。

深刻ですよね。

2007/04/04 09:50:52
id:IshidaTsuyoshi No.12

石田剛回答回数6ベストアンサー獲得回数02007/04/04 09:47:38

ポイント50pt

子供のときから顎関節症で、現在30代です。

治療とかはせずにほうってありますが、特に大きな不都合はありません。

けど、ほっといて良いかは、その人の状況によると思うので、いちどは医師に相談すべきと思います。できれば、複数の医師の意見が聞ければなお良いでしょうが、これはカネがかかりますね。

自分はいちど歯科医に相談して、「なにか新たな不都合が生じない限りほっといて良い」との意見をもらいました。

id:ao2

ありがとうございます。


軽度ということで、不都合がないんですかね。


人により異なるでしょうね。

2007/04/04 09:52:48
id:naemaru No.13

naemaru回答回数3ベストアンサー獲得回数02007/04/07 22:26:07

ポイント50pt

私も顎関節症に悩まされてる1人です。

私の場合、初めはあごがコキコキ鳴っていましたがそのまま放置してました。、

その後、金管楽器を吹いていて常に口を押し付けている状態だったので悪化したようで、たまにあごのだるさと頭痛になってました。

近くの歯医者であごの筋肉を鍛える方法と、マウスピースを作って、何とか悪化させないようにしてました。

それで何とか落ち着かせてたのですが、専門に通い始めてから、更に悪化しました。

原因はストレスによる食いしばり。夜間知らず知らず食いしばっていたようです。マウスピースで改善はしましたが、一時的なもので、頭が割れるような頭痛とあごのだるさ、頬の筋肉のだるさ、肩こり、腰痛、足のつっぱりと全身的に症状が出るようになりました。

肉など少し硬いものを食べた後は特にひどく、口も開かなくて、あごの関節がずれて口が閉まらなくなったこともありました。

そのころからいろいろ顎関節症について調べるようになって、

その時点で治療方法が確立していないこと、つまり完治はしないと言うことがわかりました。

でも、顎関節症の原因の1つに歯並びが悪いというものがあったので、わらにもすがる気持ちで1年前くらいから歯科矯正をしています。

自分はそう思わなかったのですが、医者いわく、かなり歯並びが悪かったらしいです。歯並びが悪いせいであごに負担がかかっていると言われました。

今はあごのコキコキはありますが、あごのだるさはほとんどなく、私の場合は歯科矯正が正解だったんだなと思っています。

まだ歯科矯正は終わっていませんが、たぶんこのまま落ち着くのかな~なんて楽しみにしています。

顎関節症の原因検索の1つとして、矯正歯科へカウンセリングをしてみるのもオススメですよ。

長々とすみませんです。お役に立てたらうれしいです。

id:ao2

ありがとうございます。


naemaru様にあった治療法に出会われたようで

とてもよかったです。


いろいろな原因がそれぞれの人であるんでしょうね。

2007/04/07 23:26:05
id:miiko39 No.14

miiko39回答回数238ベストアンサー獲得回数32007/04/08 16:27:59

ポイント50pt

中学生くらいのころから顎関節症でした。


しかし、あまり口を大きく開けないよう気をつけていたら、2年くらいで治りました。

自然治癒です。

id:ao2

miiko39様のように気をつけられるといいんですよね、

あくびや、歯磨きなどのとき

ついへんな動かし方をしちゃうんですよね。

2007/04/09 15:24:56
  • id:miharaseihyou
    顎関節症は遺伝的な異常によるものや、物理的な欠損によるものも多少はありますが、殆んどが喰いしばりによるものだそうです。大前提は歯と歯を常に離しておくこと。即ち喰いしばりを止める事。鼻呼吸、つまり唇を閉じ鼻で息をすること。そして、顎、咽喉、首、コメカミに及ぶ筋肉をストレッチできれば緩和されます。簡単なストレッチに顎を半開きにしたまま、両手で顎を下方向に引っ張るというものがあります。(れっきとした歯医者から教えてもらった方法です)。筋肉を意識しながら優しく時間を掛けて伸ばしてやってください。たぶん耳がキーンとする感じがあると思います。伸ばし難い筋肉なのでくれぐれも無理に一回で伸ばしてやろうとか思わないでくださいね。毎日少しづつです。鼻で息が出来ないほど、鼻が詰まっている人も多いのですが(斯く云う私がそうでした)ストレッチしてやれば、少しづつですが改善されます。個人差が大きいのですが、自分なりに無理をしない範囲で努力し続けないと症状は必ず悪化してしまいます。筋肉は強い力で引っ張れば引っ張るほど逆に縮もうとします。意識してゆっくりと伸ばしてやらなければ伸びてくれません。

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません