以下で使われている「バーチャルカンパニー」について、教えて下さい。


株式会社アエリアは、2007年4月2日、事業本部を研究開発本部に組織変更し、研究開発本部内にバーチャルカンパニー制の導入を決定したことを発表した。これに伴い、総額10億円のバーチャルカンパニーの資本枠を設定、社内外からカンパニーリーダーの募集を開始した。

この制度は、有望な事業プランをもとに独立採算制のバーチャルカンパニーを起こし、バーチャルカンパニーリーダーのリーダーシップの元、事業化を進め、黒字化および分社化を目指すもの。

このバーチャルカンパニー設立の対象となるビジネス分野には、PC、ケータイを問わずインターネットを使った新しいビジネス、インターネットをより面白く、便利にする新しいビジネスアイデア、インターネットとリアルの接点を取り扱う新しいビジネス、インターネットと既存メディアの融合をテーマとするビジネス、などが挙げられている。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/04/03 19:14:55
  • 終了:2007/04/04 19:42:23

回答(5件)

id:kappagold No.1

kappagold回答回数2710ベストアンサー獲得回数2482007/04/03 19:20:07

ポイント20pt

以下のサイトが図入りでわかりやすいです。

http://www.c4thc.co.jp/recruit/system/index.html

id:takashinho

ご回答ありがとうございます。

組織的にはバーチャルですが、ビジネスとしては成立していると考えたらいいですね。

検索ですと、学習やゲームなどとリンクされていて、社内での事業シュミレーションだと思っていました。

2007/04/03 19:28:35
id:TNIOP No.2

TNIOP回答回数2344ベストアンサー獲得回数582007/04/03 19:37:27

ポイント20pt

http://www.entreplanet.org/vc/level01/whatsvc.html

バーチャルカンパニーについて詳しく載っています。

id:takashinho

うーん、やはり学習ものなのでしょうか。。

2007/04/03 19:42:09
id:itoyou No.3

itoyou回答回数241ベストアンサー獲得回数12007/04/03 21:26:22

ポイント10pt

http://www.activelb.com/

バーチャルカンパニーって?

id:takashinho

イマイチです。。

2007/04/04 01:14:45
id:kappagold No.4

kappagold回答回数2710ベストアンサー獲得回数2482007/04/03 23:09:56

ポイント30pt

バーチャルカンパニーと言う単語は、「仮想企業」です。

そのため、

1.ゲームで仮想企業を作って遊ぶ。

2.仕事体験(プロジェクト)をするために、仮想企業を作りビジネス学習をする。

3.実際の企業が分社とかをせずに、社内の小ユニットをそれぞれ仮想企業として実現し、分散経営などを行う。

という3つがあります。(他にもあるかもしれませんが上の3つが主です。)



アエリアの場合は、ニュースリリースに

「当社が導入いたしますバーチャルカンパニー制度は、社内外を問わない新規事業提案制度といえるものであり、従業員としてではなく経営者としての責任と権限を持って事業を遂行していく考えと当該事業を遂行していく実力と経験を併せ持つ個人に対して、当社グループの事業資源を利用してその機会を提供するものです。」と記載されていますので、3の実際のビジネスとなります。

id:takashinho

やはりこの場合のバーチャルカンパニーとは、ビジネスとしては成立しているもの(ゲームではない)と考えた方がいいですね。ありがとうございました。

2007/04/04 01:17:12
id:Kumappus No.5

くまっぷす回答回数3784ベストアンサー獲得回数1852007/04/04 00:41:51

ポイント20pt

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A4%BE%E5%86%85%E3%82%AB%E3%83%B...

もっと一般的な言い方だと「社内カンパニー制度」だと思います。

今まで事業部などと呼ばれていた組織ではなく、小さな会社組織(事業部長クラスが社長のように機能する「プレジデント」を置いて、その下に会社組織と同じように人員を配置する)を社内に立ち上げ、ある程度の独立採算制で、新規ビジネス分野などに迅速に対応するのが目的…ですが、実際には(特に日本の企業の場合)

・小さな会社みたいなものなのでそれなりに総務的な機能やインフラの整備が必要なためかえってコスト増。

・社員の評価制度が曖昧なため、カンパニーの業績と個人の給与を連動させた結果、たまたま売れたときにそのカンパニーに異動しただけで給与増、そうでないときに異動したら給与減のような現象が起き、社員個人のモチベーションが下がる。

・独立採算のため、他カンパニーとの「競合」が起き、同じ社内なのにシェアを食い合い共倒れ(総務機能の共有ができないのでさらに採算が厳しい)。さらに協力関係が薄れてしまい、知識の囲い込みが発生。

などの問題点が多く、結局制度を廃止した会社が多いですね。

id:takashinho

バーチャルカンパニーというフレーズに、社内カンパニー制度とは異なった意図を感じました。

2007/04/04 01:20:22

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません