ここ一年ほど、「はてな」から遠ざかっていたのですが、なんだか「回答の食いつき」がいささか遅いような気がします。これは、「はてな」が下火になったのでしょうか。それとも何か改革があったのでしょうか。以前よくお見かけしたアカウントが消えているような気がするのですが、気のせいでしょうか。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/04/03 22:13:25
  • 終了:2007/04/04 21:10:10

ベストアンサー

id:I11 No.6

ラージアイ・イレブン回答回数732ベストアンサー獲得回数552007/04/04 03:05:28

ポイント30pt

「回答の食いつき」の変化のひとつの要因として、回答拒否機能の使用による質問者の回答者の選別があります。

私は回答オンリーで人力検索に参加しておりますが、いわゆる回答の食いつきは遅いタイプですが、以前よりもポイント取得数は多くなりました。なぜかというと、私よりも早く回答する早食いタイプのユーザーが回答拒否機能の修正によって排除されたからです。

ぶっちゃけ、大量の質問にURLを一行だけ書くだけのブッキラ回答でポイントを大量にゲットしていた回答者は、回答拒否機能の正常化によって回答しにくくなり、ポイント取得数が激減しました。ポイント狙いの一部のアカウントが回答常連から外れたのはそのためです。

一方、ゆっくりじっくり検索して調べるタイプの回答者は回答しやすい状況になっています。いまは低質回答者が回答しなくなったため一時的に回答者と回答が減っていますが、逆に質の良い回答者は公正に自分の回答がポイントで評価されるチャンスが増えていますので、これから少しずつ回答者は増えていくものと思います。

回答の質よりも速度を優先し、早く回答がほしい場合は、回答拒否機能を使わないなどの配慮が必要だと思います。

 

もうひとつ考えなければならない「回答の食いつき」の要因は、質問者の提供ポイントの低下です。

質問者側の提供ポイントは年々低くなっており、今では大半の質問が最低ポイントで質問するようになっています。

回答者はできるだけポイントがほしいので、短時間で回答できる質問ばかり選ぶ傾向があります。そのため、専門的で調査に日数がかかる難易度の高い質問は回答者が敬遠する傾向にあります。

回答拒否機能が不具合で機能していなかった頃は、難易度が高い質問でもブッキラ回答者がブッキラ回答ですぐに回答して質問者はそれに納得させられて(しかも高いポイントを支払わされて)いたわけですが、いまは回答拒否機能によってそういう質の低い回答は減っていますので、難易度の高い質問は、提供ポイントが高い順に回答が寄せられ、提供ポイントが少ない回答は後回しにされるという現象が一部で起きています。

ですから、回答の質よりも回答者の数を優先させたい場合は、提供ポイントを高くするなどの配慮がなければ回答が集まらない、という傾向はあると思います。

 

回答者の総量が減っているのは事実です。しかし、それは一時的なもので「はてな」全体の低調ではないと思います。なぜなら、回答拒否機能の前後では、質問者の総数は減っておらず、むしろ質問者と質問数は増えているからです。

つまり「はてな」の手数料収入は以前よりも増えているわけです。

ですから私は「はてな」が下火になったとはまったく考えていません。

 

良質の回答をする回答者には限りがあるのに、質問者は増えている。たくさんの質問者が少ない良質の回答者を奪いあうという状況が生まれています。以前と同じように質問していると良い回答がつきません。

回答がほしいのなら、回答拒否機能の設定を見直す、提供ポイントを多くしてみる、良回答に積極的に「いるか」をつける、事前にブログで質問の予告をして調べてもらう、などの工夫が必要と思われます。

id:expack-500

とても参考になりました。ありがとうございました。

2007/04/04 07:26:30

その他の回答(7件)

id:NAPORIN No.1

なぽりん回答回数4718ベストアンサー獲得回数8712007/04/03 22:54:21

ポイント16pt

わたくしでよろしければ、いろいろ考えましたので書きます

1。他人設定の拒否実装で最近答えられない質問がぽつぽつ出てきました。心が冷めたのかも?

2。そのことや、いわし実装、質問者の学習などによるポイント稼ぎ追放が有効に。→雑談はポイント稼ぎにもはやならないとの認識が広まった模様?(実際、ポイント稼ぎしている人が2ー3人は現れては消えたりしているものですが、今はどの方も活動休止期みたい)

3。http://q.hatena.ne.jp/1175489409 雑談系はこちらが隆盛ですが、それ以外にポイントつかって雑談募集する方は今は少なめのような感じ

4。ってことは、おしえてgoo、mixiなどに客を奪われた?

5。たんなる年度始めの人員入れ替わり期・実生活多忙期かも?

6。ちなみに昔から居る人も居ますが、ポイントにがっついてどの質問も見逃さないよう常駐で見張ったりはせずに、まったり活動する人が多くなったみたい


そういえば1年前ごろといえば、ポイント稼ぎでランキングトップをとる競争が過熱しましたが、ランキングもいるか賞だけになったんですよ~。はてながアメリカ進出したり、相変わらずテレビに出ていたり・・・

はてなスタッフの興味は、人力そのものは維持程度で、他のサービス(匿名日記など)にいっているのかもしれません。

人力検索にはたまにreikonさんなどが現れる程度かも。

id:expack-500

なるほど。ずっとむかしのはてなは、ネットの世界の良識派みたいな感じでしたが、メルマガが(ほぼ日までも)終わっていくように、もうポイントどうのこうの、って時代は終わったんでしょうか。たしか、記憶の片隅で15万ポイントで消えた人がいたような・・。遠い昔ですね。ありがとうございました。

2007/04/03 23:00:45
id:markII No.2

markII回答回数744ベストアンサー獲得回数232007/04/03 23:09:26

ポイント16pt

実際飽きてきた人もいると思います。

最近ははてながメディアに出ることも少ないようですし、実働ユーザは減っているのではないでしょうか。


それに加えて最近再実装(?)した回答拒否制度により嫌気がさしたような発言をしてるユーザを結構目にしました。これも原因の一つかもしれません。

id:expack-500

なるほど。わたしは浦島太郎だったんですね。

2007/04/03 23:11:42
id:dream76 No.3

kiyo回答回数1091ベストアンサー獲得回数82007/04/03 23:40:15

ポイント16pt

①常連さん、名前は伏せますが、半年ほど前には有名といわれる方が多く、その人たちによる盛り上げが多かった。

②その人たちのことをたたく、もしくは意見の食い違いから下の質問欄で議論で言いあいが増えた

③ネタが出尽くしたような気もします。

id:expack-500

ありがとうございました。

2007/04/04 07:22:55
id:TNIOP No.4

TNIOP回答回数2344ベストアンサー獲得回数582007/04/03 23:41:03

ポイント16pt

昔はURLだけを貼り付ける人とか、適当なことをコピペで貼る人が多かったからじゃないでしょうか?

回答拒否システムのせいか、最近はそういう人がかなり減ったような気がします。

ユーザが減ったんじゃなく、慎重にならざるを得なくなったから回答の食いつきが遅くなったんじゃないかと思います。

id:expack-500

ありがとうございました。

2007/04/04 07:23:39
id:Kumappus No.5

くまっぷす回答回数3784ベストアンサー獲得回数1852007/04/04 00:25:35

ポイント16pt

やはりポイントの換金停止と回答拒否制度(の復活)でしょう。

以前のように質問が出たとたんにいい加減なURLを貼っておしまい(しかも複数回答)、みたいなユーザーは即刻回答拒否リスト入り(それでも別アカウント取って復活してる人もいるようですが)するし、ポイントが現金にならないのでがっつく理由も減った、その相乗効果でしょうね。

あとはやっぱりある意味「飽きてきた」はあるでしょう。

そういえばユーザーが増えているという割には質問は増えませんねー。楽しい質問が減ってるような気もとってもします。

id:expack-500

楽しかったはてなは昔のことなのでしょうか。

2007/04/04 07:24:36
id:I11 No.6

ラージアイ・イレブン回答回数732ベストアンサー獲得回数552007/04/04 03:05:28ここでベストアンサー

ポイント30pt

「回答の食いつき」の変化のひとつの要因として、回答拒否機能の使用による質問者の回答者の選別があります。

私は回答オンリーで人力検索に参加しておりますが、いわゆる回答の食いつきは遅いタイプですが、以前よりもポイント取得数は多くなりました。なぜかというと、私よりも早く回答する早食いタイプのユーザーが回答拒否機能の修正によって排除されたからです。

ぶっちゃけ、大量の質問にURLを一行だけ書くだけのブッキラ回答でポイントを大量にゲットしていた回答者は、回答拒否機能の正常化によって回答しにくくなり、ポイント取得数が激減しました。ポイント狙いの一部のアカウントが回答常連から外れたのはそのためです。

一方、ゆっくりじっくり検索して調べるタイプの回答者は回答しやすい状況になっています。いまは低質回答者が回答しなくなったため一時的に回答者と回答が減っていますが、逆に質の良い回答者は公正に自分の回答がポイントで評価されるチャンスが増えていますので、これから少しずつ回答者は増えていくものと思います。

回答の質よりも速度を優先し、早く回答がほしい場合は、回答拒否機能を使わないなどの配慮が必要だと思います。

 

もうひとつ考えなければならない「回答の食いつき」の要因は、質問者の提供ポイントの低下です。

質問者側の提供ポイントは年々低くなっており、今では大半の質問が最低ポイントで質問するようになっています。

回答者はできるだけポイントがほしいので、短時間で回答できる質問ばかり選ぶ傾向があります。そのため、専門的で調査に日数がかかる難易度の高い質問は回答者が敬遠する傾向にあります。

回答拒否機能が不具合で機能していなかった頃は、難易度が高い質問でもブッキラ回答者がブッキラ回答ですぐに回答して質問者はそれに納得させられて(しかも高いポイントを支払わされて)いたわけですが、いまは回答拒否機能によってそういう質の低い回答は減っていますので、難易度の高い質問は、提供ポイントが高い順に回答が寄せられ、提供ポイントが少ない回答は後回しにされるという現象が一部で起きています。

ですから、回答の質よりも回答者の数を優先させたい場合は、提供ポイントを高くするなどの配慮がなければ回答が集まらない、という傾向はあると思います。

 

回答者の総量が減っているのは事実です。しかし、それは一時的なもので「はてな」全体の低調ではないと思います。なぜなら、回答拒否機能の前後では、質問者の総数は減っておらず、むしろ質問者と質問数は増えているからです。

つまり「はてな」の手数料収入は以前よりも増えているわけです。

ですから私は「はてな」が下火になったとはまったく考えていません。

 

良質の回答をする回答者には限りがあるのに、質問者は増えている。たくさんの質問者が少ない良質の回答者を奪いあうという状況が生まれています。以前と同じように質問していると良い回答がつきません。

回答がほしいのなら、回答拒否機能の設定を見直す、提供ポイントを多くしてみる、良回答に積極的に「いるか」をつける、事前にブログで質問の予告をして調べてもらう、などの工夫が必要と思われます。

id:expack-500

とても参考になりました。ありがとうございました。

2007/04/04 07:26:30
id:garyo No.7

garyo回答回数1782ベストアンサー獲得回数962007/04/04 06:56:50

ポイント5pt

http://d.hatena.ne.jp/aki73ix

aki73ixさんも退会されましたしね

id:expack-500

すみません。どの方かわかりませんでした。

2007/04/04 07:27:55
id:EMYL No.8

EMY回答回数85ベストアンサー獲得回数112007/04/04 14:15:07

ポイント16pt

私もしばらく人力検索から遠ざかっていたのですが、3ヶ月くらい前に戻ってきて、だいぶ変わったという印象を持ちました。

やはり、リニューアルの影響は大きいですね。

リニューアル前は(1)回答にURLを貼ることが必須、すでに他の回答者が使ったURLはダメ、(2)回答順にオープン

と決まっていたので、もっとも正解に近いと思われるURLを見つけ出し、誰よりも先に回答すれば、ポイントをもらえる確率が高かったのです。ちょっとでも遅れると、他の人にURLを取られてしまうし、あとからの回答者は、回答をオープンしてもらえる可能性も下がりました。

あのころの、ランキング争いをめぐる殺伐とした雰囲気に嫌気がさして、私は人力検索を離れたんだったなあ・・・と今にして思います。

リニューアル後、URLは必須でなくなりましたし、質問者が回答オープンの順を選べるようになったので、一番乗りを争うというメリットがなくなりました。だから、回答者もじっくりと良回答を練る余裕ができたのだと思います。

さらに、最近実装された「他人の拒否による回答拒否」のせいで、質問の意図にはずれた回答をする回答者が、回答しづらくなってきているとは思います。

でも、質問直後にすぐURLだけを答えるような早押し回答が減ったのは、質問者がオープン前に回答者を選べるようになったことが大きいのではないかと思いますね。

id:expack-500

たしかにずっと昔は「すべての質問に食いつく」みたいな雰囲気がありました。思い出系の質問でも、ちょっとそれって強引かも、と読んでいた記憶があります。それがなくて、落ち着いたのなら、これでよかったんですね。

2007/04/04 14:20:32
  • id:NAPORIN
    http://q.hatena.ne.jp/1173412698
    他人設定による回答拒否機能が、骨抜きだったのですが、
    実装されてしまいまいした。
    私もこの質問から拒否られていますのでコメントで。
  • id:wens31
    コメント欄にて失礼します。

    たしかにはてな全体としてのレベルが段々下がってきているように感じますね。
    また、「一定人数から回答拒否されているユーザーからの回答を拒否する」機能が最近まともに働きだしたようですので、昔から良く回答されていたユーザーのかたを見かけられなくなったのはそういうことではないでしょうか。たくさん回答していると、どこかで思わぬ恨みを買ったりしているものですし。
  • id:expack-500
    なるほど。では、拒否機能を外してみますので、自由に書いてください。このままではポイントも差し上げられませんので。
  • id:b-wind
    1年も前と比べるとそもそもユーザーが入れ替わってるんじゃなかろうか。リニューアルもしたようだし。
    http://hatena.g.hatena.ne.jp/hatenaquestion/20060313/1142225580
    リニューアル前のことは知らないのでコメントで。
  • id:expack-500
    その昔、3分くらいで回答がついて、びっくりしたものでした。それから必ず同じ人から回答がありました。一年も経てば、人の出入りもありますね。私も、一年以上いなかったのですから。
  • id:hokuraku
    最近質問が流れるのが早いなー、と思っていたので調べてみたのですが、
    調べてみると2007年3月の1ヶ月間と、2006年3月の1ヶ月間とで質問総数はほとんど変わっておりませんでした。
    (ともに3,500問前後)

    月により変動があるかもしれませんが、質問数が増えたため回答が付きにくくなったということはなさそうです。


    私個人の感想では、全般的に回答者が「お行儀良く」なった印象があります。
    答を求めるタイプの質問では、未オープンの回答があればそれが開かれるまであまり回答が付かなくなったような気がします。
    意見を求めるタイプの質問では、「回答するほどでもないので…」とコメント欄に書く人が増えたような気がします。

    要は、ポイントにがっつく人が減った、ということですかね。
    (その理由が換金停止なのか恨みを買うことへのおそれなのかは分からないですが…)

    ちなみに、提供ポイントについては、スタート時には50ポイント固定(質問終了時に追加可能)ですので、提供ポイントを高くする意思がある場合は質問文などに「急ぎにつき○ポイント」などと記載する必要があります。
    (たまに、「こんな質問に50ポイント程度で答えられない」などとコメントを残されている方を見受けますが、リニューアル前は違ったのでしょうか?)

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません