小企業です。役員の一人が、個人的に億単位の保証債務を背負ってしまいました。その債務自体は我が社とまったくなんの関係もないのですが、その役員を早めに辞任させたほうが良いものでしょうか。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/04/04 18:44:38
  • 終了:2007/04/11 13:37:55

回答(5件)

id:TNIOP No.1

TNIOP回答回数2344ベストアンサー獲得回数582007/04/04 20:11:05

ポイント20pt

http://homepage3.nifty.com/licc/html/houritsu/hou11.html

会社の業務と関係のない事情を理由とする解雇は権利の濫用と考えられます。

法律上、保証債務を背負ってるからといって辞めさせることは出来ません。

その借金によって会社に不利益があった場合であればやめさせることは出来ます。

id:hirokgm

有難うございました。

2007/04/04 20:16:59
id:a0003119 No.2

a0003119回答回数245ベストアンサー獲得回数12007/04/04 20:12:44

ポイント20pt

その役員が債務返済のために自分の地位を濫用して、会社に(会社を破綻させる程度の)損害を与えるかもしれません。よほど卓越した能力を持っていて会社にとって必要不可欠な人材である、という特別な事情がない場合には、経営から離れてもらった方が、会社の将来にとっては安全でしょう。

http://search-all.sakura.ne.jp/

id:hirokgm

そうですね。あなた様のご意見が私にとっては一番しっくりきます。次から次とバンバン彼に電話が入り、そのつどコソコソ話ではこちらが滅入ります。有難うございました。

2007/04/04 20:22:24
id:markII No.3

markII回答回数744ベストアンサー獲得回数232007/04/04 21:46:07

ポイント20pt

http://tantei.web.infoseek.co.jp/immorality/risk_man/dismisse.ht...

実際には多くの会社が就業規則などで、プライベートな行為についても懲戒対象になりうると定めている。また、職場不倫が露見して退職を勧められるケースも多いという。従業員の私生活における行動についても、それが社内秩序を乱す場合には、懲戒事由になりうることを判例が認めているからである。

不倫や借金など、私生活の行動でも社内秩序を乱す場合には辞任させることが出来るようです。

さすがに億単位の借金となると十分該当するのではないでしょうか。

id:hirokgm

有難うございました。あなた様の見解が正論だと判断させていただきます。

2007/04/04 22:58:48
id:crescent2007 No.4

crescent2007回答回数4ベストアンサー獲得回数02007/04/05 00:38:44

ポイント20pt

多分質問者の方は当該企業のオーナーだと思われますが、その方は役員ということですので、株主総会を招集して取締役の地位を解任することが可能です。ただし、現時点では保証債務を負っているだけですので、それだけで任期途中に解任するのはトラブルの原因になります。任期満了と共に、次の総会で退任していただくというのがもっとも無難かと思います。

一方、その方が使用人(会社の従業員)である場合には、保証債務を負っていることだけを理由として解雇するのは困難でしょう。破産した後であっても、実際に貴社の業務に支障が生じていることを立証しない限りは、容易には解雇できません。

id:hirokgm

有難うございました。

2007/04/11 13:36:46
id:green2 No.5

green2回答回数18ベストアンサー獲得回数02007/04/05 20:40:49

ポイント20pt

その人に悪気がなくとも、被害を被る可能性は十二分き考えられる。しかもそれは会社には全く関係しないとなれば、早めに手を切った方が。会社の経営にはプライベートなことは必要ないですし

。億単位ともなれば辞任させることもできるのではないでしょうか。

id:hirokgm

有難うございました。

2007/04/11 13:37:28

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません