現在30歳既婚の男性。1億円の宝くじが当たったとします。このお金をどのように使うのが良いと思いますか?仕事もプライベートも愉しめるマネープランという観点で空想で考えてみてください。

回答の条件
  • 1人3回まで
  • 登録:2007/04/05 10:50:25
  • 終了:2007/04/12 10:55:02

回答(12件)

id:itoyou No.1

itoyou回答回数241ベストアンサー獲得回数12007/04/05 11:11:24

ポイント15pt

世界一周

投資でしょう

id:enjaya

うーん。20代だったらありなのですがね・・・

2007/04/05 12:47:33
id:NAPORIN No.2

なぽりん回答回数4723ベストアンサー獲得回数8742007/04/05 11:44:12

ポイント15pt

1億円あたっても仕事を続けたいとはすばらしい労働意欲。

既婚ということで、まず、

奥さんにフィナンシャルプランナーとか資格をとってもらって

私設秘書役としてしっかりお金や自分の行動など管理していただく。(半年くらいを目安、家事補助サービスを積極的に使用)

自分はもうちょっといいところに転職するか視野にいれながら

奥さんがあらゆる面にスキのないしっかりした女性に成るのを待ちつつ、自分も1年くらい全力で好きなことの修行をしてしまう。

ギターでもMBAでもボクシングでも弁護士でも整体師でも医者でも何でもいいです。

お金と時間をかければ「本当の先生」に

意外とらくに早くうまくなれるし、楽しいですし、

一回辞めて無職期間をつくるのも、生活費があって

熱中できるものがあるなら意外と怖くないです。

一年経ったら思い切って世のためヒトのため議員に立候補。

なんて華々しくていいですね。


議員というのはたとえの話でもありますが、

30歳になったら、自分がなにに向いているか、

わかってきて、ここをこう修正したかったなあってのも

あるのでは。それを生かせる余裕が生まれるチャンスです。

生かせる分野でモノになれば収入はあとからまたついてくるのでは。

id:enjaya

具体的でなかなか面白いですね。

「奥さんにフィナンシャルプランナーとか資格をとってもらって」というのは私も思いました。

2007/04/05 12:48:10
id:malonie No.3

malonie回答回数383ベストアンサー獲得回数72007/04/05 11:45:41

ポイント14pt

投資用のマンションを数軒買われてはいかがでしょうか?

借主さえいれば毎月の収入が現状+αになりますよ。

手持ちの1割(=1000万)程度は無くなっても良いという考えであれば

思い切って海外でカジノを楽しむのはどうですか?

運がよければ倍どころの話ではないと思います。

id:enjaya

投資用マンションって本当に儲かるのでしょうか?

貯金よりかは良い?

2007/04/05 12:48:36
id:TNIOP No.4

TNIOP回答回数2344ベストアンサー獲得回数582007/04/05 12:03:44

ポイント14pt

まだマイホームをもっていないのなら6000万ぐらいで庭付き一戸建てを買います。

1000万は副業的な事業に(将来的にはメインに)。

残り3000万は貯金。

id:enjaya

なるほど。マイホームですか。全然考えなかったです。

2007/04/05 12:48:53
id:markII No.5

markII回答回数744ベストアンサー獲得回数232007/04/05 12:49:10

ポイント14pt

月極駐車場で安定収入を確保したいですね。

残りは生活面でいろいろ贅沢したいです。

id:enjaya

なるほど。安定収入の確保ですね~。それは安心ですね。

2007/04/05 13:07:12
id:noni_juice No.6

noni_juice回答回数48ベストアンサー獲得回数32007/04/05 12:55:43

ポイント14pt

条件が自分に近いので考えやすいです(笑

とりあえず半額は保険商品などで60以降に備えます。

これで老後は安心。

残りの5000万は、年1-2回の旅行に出かけたり、外食とか

ちょっとした贅沢に使ってみたいですね。

ハワイ旅行にビジネスクラスで、とか

週末の温泉旅行を高級旅館にしてみたり。

家やクルマに使うと、1億くらいすぐなくなりそうですが

今の生活で別に不満ないんですよね。

時々贅沢な休息を取れることが、気持ちの余裕になりそうな気がします。

id:enjaya

なるほど。ちょっとした贅沢と安心を購入すると。堅いですね。

2007/04/05 13:07:44
id:yositune No.7

yositune回答回数113ベストアンサー獲得回数02007/04/05 12:58:01

ポイント14pt

趣味の分野に関して起業する。読書好きなら本屋、お洒落好きなら古着屋、といった具合に失敗してもリスクが低い業種がお勧めです。

id:enjaya

なるほど。趣味としての起業ですか。でも、飽きそう。。。

2007/04/05 13:08:06
id:pasosavi No.8

pasosavi回答回数761ベストアンサー獲得回数282007/04/05 15:02:05

ポイント14pt

9千990万円は仕事にプライベートに好きに使う

残りの10万円を握ってはてなで楽しむとか :-)


  • 「驚愕の1万ポイント質問」…3本
  • 「大盤振る舞い1000ポイント質問」…20本
  • 「ありがとう500ポイント質問」…100本


#物凄いことになると思うので絶対取材に来させていただきます…

 http://www.ohmynews.co.jp/omn/Search.aspx?query=%E7%9F%B3%E5%B7%...

id:enjaya

なるほど。10万円をはてなでつかったら取材がくるのですね~。それは面白いですね。

2007/04/05 15:08:46
id:dokatta No.9

dokatta回答回数47ベストアンサー獲得回数52007/04/05 15:05:32

ポイント14pt

南の島を買い取って、ホテル業を営む


何もなくて豊かな島―南海の小島カオハガンに暮らす (新潮文庫)

何もなくて豊かな島―南海の小島カオハガンに暮らす (新潮文庫)

  • 作者: 崎山 克彦
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • メディア: 文庫



この人の本に衝撃を受けました

島を買ったら、勝手に(笑 島民までついてきて 彼らの生活まで面倒を見ないと駄目っぽいのですが

仲良く、そして 未来を見ながら活動するこの崎山克彦さんの姿に感銘を受けました

リタイヤではなく、人としてのロマンです

ちなみに島のHP

http://www.caohagan.com/

id:enjaya

わーー。これ素敵ですね!!!

島民の方は・・いらないかな(笑)

2007/04/05 15:09:10
id:MAO1124 No.10

MAO1124回答回数11ベストアンサー獲得回数02007/04/05 22:22:20

ポイント14pt

3分割投資がいいのでは?

4000万を土地不動産購入

3000万を現金、貯蓄、株等購入資金

3000万は趣味系の投資、古物絵画等の動産購入

なんてのはいかがでしょうか?

3つともこけることはないと思いますのでw宝くじが当たるくらいならw

id:enjaya

うーん。本当にあたった場合、その分割ってないように思うのですよね。。もっとリアリティーのある夢の方が楽しいように思えます。

2007/04/05 23:29:56
id:ratonantena9-12 No.11

ratonantena9-12回答回数219ベストアンサー獲得回数52007/04/06 14:19:48

ポイント14pt

・景色のいい空気の澄んだところに別荘を建てる。

なるべく家からほどよく遠いところがいい。ちょっとした旅行気分が味わえる。

・外食を増やす。回らない高いすしなどを食べる。

・思い切ってどこかに寄付する。金は天下のまわりものといいますしね。

・カフェなどのお店を開いて経営する。食べ物屋でもいいと思う。

id:enjaya

どちらかというと気持ちのよい消費ですね。

でも、1億あったら、消費と生産が同時にできるようなことをしたいのですが、何かないですかね??

2007/04/06 16:48:27
id:yamats No.12

yamats回答回数247ベストアンサー獲得回数92007/04/08 02:12:21

ポイント14pt

設定が、30歳、1億円、仕事、プライベート、を考慮した消費と生産をあわせもつお金の上手な使い道ですね。



例えば、将来のキャッシュフローを考慮して、そのキャッシュフローをどのくらいの割引率で、どの地点での現在価値になおすのか?という点に着目すると、将来支出しなければならない出費を想定して、その出費計算の後に、現在投資してもいいお金の割合を計算するやり方なんていかがでしょう?



仮にここで、人間30歳から100歳まで生きると仮定すると、

30歳、40歳、50歳、60歳、70歳とそれぞれの年齢に応じて捻出しなければならない費用(コスト)を考える事ができます。



例えば、ここでは常に30歳から100歳に至るまで同じだけの基礎消費が行われる、また年金は一切国から出ないと仮定します。

この時、家賃、光熱費その他生きて行くために必要な固定費が10万、その他の基礎消費が10万の合計20万毎月まいつき出て行くと仮定した場合、これを100歳まで生きる歳月にかけあわせると、物価水準も一定の場合には、単純に20万×12月×(100歳-30歳)=1億とんで680万あればよいと考える事が出来ます。



この時、病気やインフレ、その他突発的なリスク(将来の不確実性)が生じる割合を20%と設定した場合、1680万×20%=3360万を16800万に上乗せすると元手が2億とび160万あれば将来の不確実性の割合である20%を差し引いても十分に理想的な暮らしが出来ると見積もれます。



あとは、現在ある1億をあと1億160万増やす為には何をすればいいのかを考えればいいので、あとはその増減割合にみあった投資先をどこに定めて、お金をどう動かしたらいいのかにイメージを膨らませると楽しそうです。



ここで、1億を3倍に増やす為の消費と生産を考える場合、同じような原理で、どれだけの消費を行えば、どれくらいの生産性があがるかもしくは、その逆のどれくらいの生産性があがれば、今消費できる金額はいくらかを考えて、投資先やお金の振り分け方を考えるとすぐにお金がふえそうな感じですね。



ただ、ここで20%の中に含まれていないのは、借入金をした際に生じる現在価値と、投資をする際に生じるリスクプレミアムと高級財を取得した際の基礎消費以外に振り向けられた消費等です。



消費と生産が同時につりあうというのは、ある意味常に均衡点が一意に定まるのと同値なので、不可能を無限大にとばしたくらい難しい問題です。



ということは、ある程度、手元資金が3倍程度増加するまでは、どこかで妥協をすることが必要になってくるのかもしれません。



ということで、50歳まで仕事を楽しんで、50歳すぎてからプライベートを楽しむとか。マネープランを一律に金額で分割せずに、年齢別に計画立てると一番充実したマネープランが出来そうです。



例えば、50歳までお仕事やるぞー!という感じで1億を元手に投資と貯蓄にはげみ。50歳すぎてから、どこかで隠居、バカンス、などなど。といった感じでしょうか。

id:enjaya

なるほど。。。。

もう一回最初から読んでみます。

いままでの中で一番頭を使わないと読めない回答です。でも、面白いです!!

2007/04/08 19:22:28

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません