【サンタクロース】の【衣装】の【変遷】が分かるようなサイト(信憑性があるもの)・書籍を教えて下さい。

コカコーラの宣伝で現在のスタイルになったそうですが…

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/04/05 21:26:10
  • 終了:2007/04/12 21:30:02

回答(5件)

id:markII No.1

markII回答回数744ベストアンサー獲得回数232007/04/05 21:37:09

ポイント27pt

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%82%AB%E3%83%BB%E3%82%B...

こちらに詳しい記述がされています。

サンタクロースが赤い服を着ているのはコカコーラのCMが元祖

この都市伝説によれば、サンタクロースはもともとの伝承では白い服を着ていたのにコカ・コーラ社がCM(看板)で赤い色(=コカコーラの色)の服を着たサンタクロースを登場させてからサンタクロースは赤服ばかりになった事になっている。(ちなみに、コカコーラのカレンダーにもホームページにもそうした記述がある。作者はニューヨーク出身の画家で故人)

しかし、現在のサンタクロースのイメージの元となったとされる、ニューヨークの画家、トーマス・ナストが19世紀に描いた聖ニコラウス像において、ニコラウスは赤いマントを羽織っており、このマントが変化してサンタクロースの赤い服になったのだという[1]。

コカコーラ自身がそう記述していたようですが、実際はそうではないという説が有力のようです。

id:TNIOP No.2

TNIOP回答回数2344ベストアンサー獲得回数582007/04/05 21:39:19

ポイント27pt

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%82%AB%E3%83%BB%E3%82%B...

サンタクロースが赤い服を着ているのはコカコーラのCMが元祖

この都市伝説によれば、サンタクロースはもともとの伝承では白い服を着ていたのにコカ・コーラ社がCM(看板)で赤い色(=コカコーラの色)の服を着たサンタクロースを登場させてからサンタクロースは赤服ばかりになった事になっている。(ちなみに、コカコーラのカレンダーにもホームページにもそうした記述がある。作者はニューヨーク出身の画家で故人)

しかし、現在のサンタクロースのイメージの元となったとされる、ニューヨークの画家、トーマス・ナストが19世紀に描いた聖ニコラウス像において、ニコラウスは赤いマントを羽織っており、このマントが変化してサンタクロースの赤い服になったのだという[1]。


また、1914年の日本の児童雑誌『子供之友』には、現代のサンタクロースと全く同じイメージの、大人の背丈で白髭に赤い服を着たサンタクロースが描かれている。さらに当時の輸出用クリスマス用品のサンタクロース人形もこの姿でもあった(当時の日本は、第一次世界大戦で疲弊した欧州に代わって、世界一のクリスマス用品生産国となっていた)。したがって、遠く日本にも伝わるほど定番となっていた赤い服のサンタクロースの姿を、1931年になってからコカコーラ社が広告に採用した、ということが事実である。[

質問者が未読の回答一覧

 回答者回答受取ベストアンサー回答時間
1 hamster001 474 393 14 2007-04-06 00:10:58
2 vb0531 17 12 0 2007-04-06 10:24:53

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません