会社で名刺をリニューアルすることになり、「予算だけ出してあとはメンバーがデザインも用紙も自由に作る。一応、オフィシャルのデザインもあり、それを使ってもいい」というのを提案したら、一発却下でした。予算だけ出してメンバーに自由に作らせると会社としてどういうデメリットが想定されるのか教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/04/06 13:59:20
  • 終了:2007/04/13 14:00:51

回答(8件)

id:markII No.1

markII回答回数744ベストアンサー獲得回数232007/04/06 14:05:09

ポイント17pt

1.金額面

オーダーメイドなら無駄に高い金額で作らせることが可能です。

もちろんこれは限度額をつければいい話ですが、それでも限度額ギリギリで領収書を取って、実際は安値で作らせる人が出てくるでしょうね。


2.会社のイメージ

社風に合わない社員が無茶苦茶なデザインをするかもしれません。どくろマークとか入れたり。

http://q.hatena.ne.jp/1175835558

id:Dragonfly

なるほど。

今の会社の場合、起ち上げたばかりで3人しかいないので、上のようなことは起こりにくいかもしれませんが、確かにそういうリスクはありますね。ありがとうございます。

2007/04/07 10:01:36
id:doriaso No.2

あしか祭り実行委員長回答回数770ベストアンサー獲得回数132007/04/06 14:07:16

ポイント17pt

たぶん、用紙を作るコストを考えたんでしょね。

 

大量に作るわけでもないし、膨大なコストがかかりそうでつね。

そんな提案に予算つけられないですよ。 

 

http://0gx.org/cat_cat48.html#a000037

id:FK506 No.3

FK506回答回数99ベストアンサー獲得回数102007/04/06 14:15:51

ポイント16pt

同じ会社なのに、デザインがバラバラだと、相手も覚えにくいのでは?私は名詞をもらったときに、このデザインはこの会社なので、この人はこの会社の人だなと関連づけて覚えています。そのほうが記憶しやすいからです。あとは、顔が思い出せるかどうかなのですが、顔の写真があればなお覚えやすいかなと。すくなくとも、名詞は個人を覚えるのではなく、どこの会社の何々さんと覚えることを目的にしているのですから、相手を混乱させないためにも統一したデザインは重要だと思いますが。フリーで仕事しているのならば、いろいろな名詞を使ってもいいと思いますがね。

http://q.hatena.ne.jp/answer ダミーです

id:taknt No.4

きゃづみぃ回答回数13539ベストアンサー獲得回数11982007/04/06 14:51:27

ポイント16pt

名刺の作成にかかる工数が無駄と判断された。

一括して作成したほうが すぐできるし。

http://q.hatena.ne.jp/1175835558

id:ishiyosh No.5

ishiyosh回答回数201ベストアンサー獲得回数12007/04/06 14:55:27

ポイント16pt

http://yahoo.co.jp/ URLはダミーです。

会社のイメージが統一されず、社会での認知度が落ちる。デザインによっては会社として意図するイメージをこわされるおそれもある。

id:hiko3karasu No.6

hiko3karasu回答回数1058ベストアンサー獲得回数252007/04/06 15:50:46

ポイント16pt

もらう側からすると、

その会社の何人かの人とミーティングがあったとして、

名刺交換をしたら、各人違うデザインの名刺を渡されたとします。

この会社、同じ名前だけど、グループに分かれているとか別の会社かな?と思います。

また、あとでxxx会社の人の名刺を探すときに違うデザインだと探しにくい。

http://dummy

id:Yui2 No.7

Yui2回答回数9ベストアンサー獲得回数02007/04/06 16:17:20

ポイント16pt

予算に上限が無ければ それも良いのかもしれませんが

名刺を作る際によく印刷屋さんでやっているのが

名前等の情報と会社ロゴや住所電話番号といった情報を分けてつくり

あらかじめ 名前等の個人的な情報以外は まとめて印刷しておいて

あとから 名前等の情報を刷り込むといった様な事をしています。

しかも データを作る際に大きな紙に何面も取れるように作るので

単純にその「版」(印刷する為のデータ)をなん通りか作るだけでも

結構なお金になると思います。

基本的には名刺の台紙の量が多ければ多い程割安になっていくので

コスト面ではかなり違ってしまうのではないでしょうか



予算の事以外で考えられるのは、会社としてのイメージがバラバラになるのを避けたいというのはあるのかもしれません。

例えば固い職種であるにもかかわらず 可愛いものが大好きな女子社員がサンリオのキャラみたいなイラストを入れたりしたら何やってる会社なのか解らなくなるとかetc

あとは それが本業ではないのなら それに時間を費やすのは無駄だとか

いろいろ問題はありそうです

http://q.hatena.ne.jp/Yui2/

id:yamats No.8

yamats回答回数247ベストアンサー獲得回数92007/04/07 02:35:14

ポイント16pt

名刺をリニューアルするということは、その時点で企業側としてはある一定のメニューコストが発生しているということになります。メニューコストというのは、レストラン等で料理のメニューを変更する際に、メニューを変更するのに際してパンフレットを新しくしたり、ポスターを新しくしたりすることにより発生する費用の事をいいますが、会社の名刺をリニューアルするというコストも、ここではこのコストに該当すると思われます。


この時、メンバーがデザインも用紙も自由に作るということのコストを、各メンバーが負担するということであれば、メニューコストは発生しないことになるものの、ここでは、あらかじめ決められた予算(企業が負担する予算)に応じて、各メンバーがそれぞれの費用配分を行い、各自バラバラにそれらの費用を消費することが前提なので、ここでは単純にメニューコストが人数分増えると仮定すれば、会社側で却下される理由も出来てしまいます。



すなわち、想定されるデメリットは、メニューコストが人数分増えるという見方が一つ。これは、各自それぞれに選択するデザインの範囲が広がっているので、その分、その名刺のデザインをみて、これはナンセンスだと思われる可能性が2分の1の確率で見込まれる[これはコインの裏表の確率と同等で非常に危険]=取引先に対しては常に個人単位ではなく企業単位で営業活動を行う=個人の選択したデザインが企業イメージそのものにつながる危険性がある=企業イメージが2分の1で崩れる危険性が伴う=メニューコストよりもはるかに大きなマイナス要因が2分の1の確率で見込まれる。という大きなデメリットが生じる可能性が見込まれます。



もし仮に逆の発想で、10人各々が各自自分の好きなデザイン選択をした事により、それが逆に10倍企業イメージを高めたということをメリットとして2分の1の確率で実証できればこの立案も採用される見込みはありそうですね。

http://www.amazon.co.jp

参考書なら、理数系なら、確率論の本をお勧めします。

経済学系でいえば、ゲーム理論系の本も面白いかもしれません。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません