プライマリ パーティション

拡張パーティション
論理ドライブ

HDのフォーマットには上記のものがありますが、
かみくだいて、わかりやすく違いを説明してもらえると助かります。私はいつもプライマリ パーティションで全部フォーマットしてしまいますが、OSが1つならべつのフォーマットの方がいいのかな?

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/04/10 23:59:03
  • 終了:2007/04/18 00:00:03

回答(4件)

id:JULY No.1

JULY回答回数966ベストアンサー獲得回数2472007/04/11 00:24:05

ポイント23pt

�u�[�g�ƃn�[�h�f�B�X�N�̂��ׂ�

上記ページに、非常に詳しくかかれています。

簡単に言ってしまうと、もともと PC の制限でパーティションを最大4つしか持てなかったのを、もっと細かく分けられるように、拡張パーティションなる物ができて、拡張パーティションの中に論理ドライブを作ることで、5つ以上のパーティションを作れるようにした、といったところです。

個人的には、私も1パーティションにしてしまう方が、結局、使い勝手が良い(パーティション毎の空き容量を気にしなくてよい)と思うのです。確かに、ディスクにトラブルがあったり、誤って OS に関わるファイルを削除した、なんて時に、パーティションを分けていた方が、助かる確率は高くなります。たとえば、削除されたファイルを救済するソフトが売られていますが、救済するファイルを別のパーティションに保存しなければならない、なんてことがあると、分けておいた方が、とは思いますが、逆に今だと安価な USB の外付け HDD もあるので、そういった「まさかの時に」という意味で、パーティションを分ける必然性は少なくなっていると思います。

id:studioes No.2

studioes回答回数522ベストアンサー獲得回数612007/04/11 00:28:14

ポイント23pt

 プライマリパーティションは、従来のOSが直接起動できる形式のパーティションタイプです(一部ブートローダなどは拡張パーティションからでも起動できるものがあります)

 拡張パーティションは、論理ドライブを持つことが出来るパーティションです。 管理の都合上、論理ドライブを細かく分割したい(Linuxにおけるパーティション分割のように)場合に拡張パーティション及び論理ドライブを使います(1台のディスク装置はプライマリパーティションと拡張パーティション合わせて4個までのパーティションしか持てません)

 1台のディスク装置を細かく分割したいわけでなければ、プライマリパーティションで問題ありません。

 もし、WindowsXPやVistaを利用しているのであれば、パーティションタイプを気にするよりも、ダイナミックディスクのボリュームの方がいろいろと面白いかと思います。

http://e-words.jp/w/E38380E382A4E3838AE3839FE38383E382AFE38387E3...

id:b-wind No.3

b-wind回答回数3344ベストアンサー獲得回数4402007/04/11 00:30:25

ポイント22pt

パーティションについて

プライマリパーティションと論理ドライブの大きな違いは起動ドライブに設定できるか否かです。

(特殊なソフトを使うことで論理ドライブから起動できる場合もありますが、そちらについての説明は省きます)


本来ならば起動ドライブに設定できるプライマリパーティションだけで構築できれば楽なのですが、仕様上1つのHDDに付きパーティションは4つまでしか作成できません。

この制限を回避するために拡張パーティションを使うことが出来ます。

拡張パーティションはそれ単独で使用することは無く、論理ドライブの入れ物として使います。

なので、名前からはややこしいですがOSから見えるドライブ構成としてはプライマリパーティションと論理ドライブが同じレベルで扱います。


パーティションの分け方は用途次第ではあるのですが、家庭用としては以下の2つをオススメします。(Windows 前提)

1.HDD全体を一つのパーティションで構成する。

利点としては管理が楽です。

欠点としてはOSの再インストール時等にどこかにデータを退避する等の対処が必要な事です

2.HDDを2つのパーティションに分け、1つ目をOSとアプリケーション用に、2つ目をデータ用に使用する。

利点としてはOSの再インストール時等にフォーマットするのが1つ目のパーティションだけで済むので楽をしやすいことです

欠点としては割り当て容量を間違えるとCドライブがいっぱいになってしまいやすいことです。


実際のところパーティションの数が3つまでであればプライマリパーティションでも、拡張パーティションでもどちらでも構いません。

ただし、起動用ディスクの最初のパーティションだけは必ずプライマリパーティションにしてください。

id:znz No.4

znz回答回数193ベストアンサー獲得回数252007/04/12 01:25:30

ポイント22pt

パーティションとその切り方 http://nobumasa-web.hp.infoseek.co.jp/partition/partition.htmlに詳しく書いてありますが、パーティションの切り方はフォーマットではありません。

フォーマットというのはパーティションで区切られた中をFAT32とかNTFSとかとして使えるようにすることです。

http://nobumasa-web.hp.infoseek.co.jp/partition/partition.html#m...

から引用すると以下のような話です

誤解と落とし穴

 「パーティションを切る」という言葉が象徴的に表現しているように、「パーティションを切る」という作業は基本的にファイルシステムが入る枠、箱、部屋であるところのパーティションを機械的に切ったり分断したりするものだ。

 たとえばある家が12畳相当のリビングと8畳相当の洋間と6畳の和室の各部屋に分かれていたとしよう。各部屋の床はその用途に応じてフローリングだったり、絨毯敷きだったり、畳だったりするだろう。更には各部屋にはそれぞれの大きさや用途に合わせ、ベッド、箪笥、机、テーブル、ソファー、家電製品などの家具が整然と配置されているはずだ。そして各部屋は「壁」というパーティションで区切られている訳だ。

 「パーティションを切る」という作業は通常、各部屋の床の作りや、中に配置された家具を完全に無視して壁の位置だけをある巨人が現れて、バシッバシッと乱暴に変えてしまうようなものだ。当然各部屋の床がおかしくなる。ベッドや机が乱暴な壁の配置のせいで分断され破壊されることもあるだろう。

 この床の種類にあたるのがファイルシステムであり、机や箪笥などの家具はそのファイルシステム上のデータ(通常はファイルという形をとる)だ。

 通常「パーティションを切る」という作業を行うツールは上記のようなことをする。従ってパーティションの中にあるファイルシステムもデータもその安全は全く保障されないのが普通だ。

 理想を言えば、一旦家具を全部出して、床も外し、新たに壁を配置した上で新しい各部屋の用途に応じて床を張りなおし、絨毯や畳を敷き、再び家具を置きなおすことができるのが望ましいだろう。いわゆるリハウスだね。(まあ普通リハウス業者は家具の再配置まではしないが、細かいことは言わないように)

 時折「パーティションを切るツール」がリハウスをしてくれると誤解して使う人がいる。そしてデータ破壊という落とし穴に落ちる。確かにリハウスをしてれるパーティション操作ツールもある。従って自分が使うパーティション操作ツールがパーティションを切るだけのツールなのか、リハウスもしてくれるツールなのかを理解しておく必要がある。どのツールがどちらなのかをこの後説明する。


さらに詳しく知りたければ

ブートとハードディスクのすべて http://nobumasa-web.hp.infoseek.co.jp/boot_hdd.html

のマルチブートについての説明などを読むとおもしろいと思います。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません