英語版ウィキペディアの内容を翻訳して、出展を明示した上で自分のウェブサイトに全文掲載することは、著作権法上問題はないでしょうか?(なお、その英語版記事の日本語版は、日本におけるその主題についての解説がすでに掲載されていますし、内容的にも英語版の翻訳を日本語版に掲載してもあまり意味がないように思います。)

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/04/12 11:40:01
  • 終了:2007/04/12 16:25:22

ベストアンサー

id:tmasao No.2

tmasao回答回数77ベストアンサー獲得回数202007/04/12 15:22:30

ポイント54pt

Wikipedia上の記事に適用されているGFDL上、翻訳した記事は改変物(派生著作物)とみなされます。

Wikipedia:Copyrights - Wikipedia, the free encyclopedia

にあるとおり、

  • 翻訳版も元のライセンスと同じくGFDLとする
  • 翻訳版には、現著作物の著者5名までの名前を付与する(4B)
  • 機械可読可能な形式を提供する(4J)

といった主な注意点が挙げられています。

4Bの条件は一般に、当該記事に直接リンクを張ることで満たされることになっています。4Jは普通にウェブページとして提供するのであれば、問題となりません。

ただ、上の注意にはなぜか入っていませんが、他にも改変版の著者情報を入れなければならないライセンスなので、その点も踏まえると良いと思います。

よって、「出展を明示した上で自分のウェブサイトに全文掲載すること」は問題無いと思いますが、出典表記だけでなく、「ライセンスの明記」、「ご自身の情報の追加」があると良いと思います。前述ページ中の「Example notice」のような但し書きを付けるのが良いと思います(文言は適当ですので、適宜ご自身の環境に合わせてお使いください)。

以下は(あなたのお名前)による翻訳記事で、[GNU Free Documentation License]にて提供します。

英語版ウィキペディアの記事[(英語版記事名)]に基づくものです。

※[]表記の箇所は元記事等へリンクを張ります。

なお本来は、GFDLを字義的に解釈すれば、あなたのサイト内にGFDLの元テキストを置いておくべき(4H)かもしれませんが、慣習的にはリンクでもよいと私は判断しています。

詳しくは、GFDL解説GFDL本文などをご覧ください。

id:crashtruck

おお。詳しいご解説ありがとうございます。

2007/04/12 16:04:43

その他の回答(1件)

id:KazuhisaNagata No.1

KazuhisaNagata回答回数87ベストアンサー獲得回数42007/04/12 15:15:07

ポイント16pt

英語版Wikipediaの下のほうに"All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License. (See Copyrights for details.) "となっているので、このライセンスに従って公開すれば問題はないと思います。

日本版Wikipediaでも基本的な考えは変わらないはずなのでhttp://ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:%E8%91%97%E4%BD%9C%E6%A8%...を参照してみては。

id:tmasao No.2

tmasao回答回数77ベストアンサー獲得回数202007/04/12 15:22:30ここでベストアンサー

ポイント54pt

Wikipedia上の記事に適用されているGFDL上、翻訳した記事は改変物(派生著作物)とみなされます。

Wikipedia:Copyrights - Wikipedia, the free encyclopedia

にあるとおり、

  • 翻訳版も元のライセンスと同じくGFDLとする
  • 翻訳版には、現著作物の著者5名までの名前を付与する(4B)
  • 機械可読可能な形式を提供する(4J)

といった主な注意点が挙げられています。

4Bの条件は一般に、当該記事に直接リンクを張ることで満たされることになっています。4Jは普通にウェブページとして提供するのであれば、問題となりません。

ただ、上の注意にはなぜか入っていませんが、他にも改変版の著者情報を入れなければならないライセンスなので、その点も踏まえると良いと思います。

よって、「出展を明示した上で自分のウェブサイトに全文掲載すること」は問題無いと思いますが、出典表記だけでなく、「ライセンスの明記」、「ご自身の情報の追加」があると良いと思います。前述ページ中の「Example notice」のような但し書きを付けるのが良いと思います(文言は適当ですので、適宜ご自身の環境に合わせてお使いください)。

以下は(あなたのお名前)による翻訳記事で、[GNU Free Documentation License]にて提供します。

英語版ウィキペディアの記事[(英語版記事名)]に基づくものです。

※[]表記の箇所は元記事等へリンクを張ります。

なお本来は、GFDLを字義的に解釈すれば、あなたのサイト内にGFDLの元テキストを置いておくべき(4H)かもしれませんが、慣習的にはリンクでもよいと私は判断しています。

詳しくは、GFDL解説GFDL本文などをご覧ください。

id:crashtruck

おお。詳しいご解説ありがとうございます。

2007/04/12 16:04:43
  • id:kitchensamurai
    最近のニューヨークタイムスの記事で(明確な出典がわからず申し訳ないのですが)、
    ウィキペディアが商業利用については規制している、というのを読みました。
    具体的には、企業から収入を受けて紹介記事を書く、既存の記事を修正する、という類の行為は
    遠慮してもらう、ということだったように記憶しています。

    あまり関係ないとは思いますが、ご参考までに。
  • id:crashtruck
    わざわざありがとうございます。よくわかりました。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません