いまWEBのサービスで利益を出すならどのようなものが良いでしょうか?

ドロップシッピング、アフィリエイトなどあると思いますが、いかがでしょうか??

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/04/14 22:32:35
  • 終了:2007/04/21 22:35:02

回答(6件)

id:ex-0808 No.1

ex-0808回答回数749ベストアンサー獲得回数222007/04/14 22:55:22

ポイント19pt

やっぱり事業主から直接広告収入を得られるタイプがいいでしょうね。

Googleアドセンスとかのように中継されるアフィリエイトのタイプだと利益は難しいです。

http://q.hatena.ne.jp/1176557551

id:tokyosmash No.2

tokyosmash回答回数100ベストアンサー獲得回数62007/04/15 01:36:15

ポイント19pt

あなたが持っている媒体によって話が変わってきます。


すでにアクセスがあるサイト(1日1000PV以上)を持っているのならGoogleAdsenseに加えて通常のアフィリエイとでそこそこの収益が出るでしょう。別にどちらかに絞る必要は無いと思います。


これからサイトを作るならGoogleAdsenseは厳しいです。


ドロップシッピングは一時期話題になりましたけど、本質的にはアフィリエイトと何ら変わらないので話題にならなくなりました。


一般論になりますが、アクセスの稼げるサイトを持っていればそれをお金に換える方法はいくらでもあります。それが一番難しいのでk「どのようにお金に換えるか」を考えるのは後回しにしないと一度も報酬がもらえずにやめていく大勢の「あふぃりえいたー」と同じになってしまいます。


「あふぃりえいたー」を差を付けたいなら自分の強みを持つべき。コンテンツでも技術でも。たとえば普通のブログ使うよりMovableType使ったほうがはるかに効率がいいです。質問履歴を拝見しましたが、PHPが使えるとの事なのでAmazonのWEBサービス使ってもいいと思います。

http://www.hogehoge.com

id:nethotel No.3

nethotel回答回数93ベストアンサー獲得回数52007/04/15 06:21:38

ポイント18pt

アフィリエイトでしょうね。アマゾン、楽天市場、Yahoo!ショッピング(バリューコマース経由)がAPIを公開しているので、これらを組み合わせれば膨大な商品データベースを作ることができます。

アフィリエイトの仕組みはリンクに報酬をつけるようなものですから、ウェブサービスをお金にする最も正統な方法だと思います。

http://webservice.rakuten.co.jp/api/itemsearch/

http://www.valuecommerce.ne.jp/support/ptn/feature/api/index.htm...

http://www.amazon.co.jp/gp/feature.html/ref=amb_link_35358006_5/...

id:safari55 No.4

safari55回答回数34ベストアンサー獲得回数12007/04/15 08:23:23

ポイント18pt

小遣いサイト「げん玉」みたいなのは?

https://www.gendama.jp/promotion/

id:kiikkoko No.5

kiikkoko回答回数222ベストアンサー獲得回数12007/04/15 11:08:29

ポイント18pt

http://adsense.jugem.cc/

アフィリエイト未来日記

id:onigirin No.6

onigirin回答回数327ベストアンサー獲得回数232007/04/17 01:10:56

ポイント18pt

とりあえず初心者でも手っ取り早く稼げるのは、

グーグルアドセンスです。

http://www.google.com/adsense/

ネット小遣い稼ぎ初心者にやり方を教えたところ、

2,3ヶ月で月額15万円ほどになりました。

ただ、アドセンスは扱いが非常にナイーブなので、

自己クリックは絶対しないこと等、

規約をしっかり読んでおくことをお勧めします。

慣れた後は、アフィリエイトを試すとスムーズに稼げるかもしれません。


これがしんどい場合は、

「ポイントがもらえる」系の、お小遣いサイトで、

1円単位で地味に時間をかけて貯めるのもいいですね。

  • id:adkjgha
    アフィリエイトについて・・・
    儲ける事ができると言ってもやはり一部の人たちだけで、そしてアフィリエイトにはご存知の通り大多数のアフィリエイターが居るのも事実です。
    アフィリエイトとはその名の通り、あくまでも商品などの紹介であり、販売者と紹介者と購入者あっての業界です。
    まだ始めようか悩んでいる方にオススメするのもどうかとは思いますが、アフィリエイトで勝負したいのならなるだけ速くその市場に参加するというものがあります。今後のアフィリエイト市場が有望なのは私も同感ですので、おもしろいと思いますし、アルバイトなどよりはよっぽど稼げると思います。

    でもちょっと不安・・・と思う傾向が強いのが日本人と言われています。何にでも慎重に行動し、そして、なるだけ周りの人と対立せずに穏やかに物事が進むのを望む人種とも言われているくらいですし強みでもあります。
    しかし、ここでのアフィリエイトを例にとって考えてみると、単なる需要と供給のバランスでしかないということが分かります。

    つまり
    買いたい人、売りたい人、紹介したい人。
    重要なのはこの3つなのです。
    ここにニッチが存在するからアフィリエイトなどが流行しているとも考えられます。

    そして、次に大事なのがアフィリエイトを「さぁやるぞ!」といった時、ただ単にブログなどを作って、毎日更新してキーワードを探す、それを毎日毎日ずっと繰り返す、単純作業を何ヶ月もやってようやく何千人かの内の1人がリンクを踏んで購入してくれて、やっとの思いで紹介料が得られる。
    果してこれは本当に賢いやり方なのでしょうか?

    確かにこれなら何の知識も要らずに時間を掛けただけの見返りは来るでしょう。あくまでも趣味でブログの更新が毎日したいという人達は可能でしょうが一般の人はどうでしょう?
    おそらくは当てはまらないでしょう。
    そしてアフィリエイトをする上で果してそれが情報時代と言われる現代の賢い生き方なのでしょうか?


    確かに産業化時代ならば、1日10(時間)x週5日x4(週間)=報酬(多くて30万円程度)
    が一般的で最も優れた考え方だったでしょうが、今は違います。
    現在の情報化時代ならば、1日1(時間)x週1日x4(週間)=報酬(100万円以上 上限無し)
    というのも夢ではありませんし、むしろ当たり前のように起っている事実なのです。
    そして作業時間を増やすことも減らすことも自分次第でコントロールできます。

    業界は違えど、みなさんも「あれなら確かに当てはまっていたな」というのがいくつかあるでしょう。
    まさにそれなのです、今も刻々と時間が過ぎているこの文を読んで下さっている瞬間にも
    成功者が続々と出現しているのです。

    最近は特に注目され、実際にアフィリエイトの書籍も多数出版されています。
    参考までに http://takaiu2000.up.seesaa.net/image/kinndann.html 始めるまでの時間の節約もでき、現在登録者が右肩上がりに増えている中で、 情報を知っているか知らないかは、この情報化時代の中を生きていく上でかなり重要な位置を占めているのではないでしょうか?

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません