仕事の都合で、ワインアドバイザーの資格を取ろうと思うのですが、ワインに関する知識がまったくありません。ワインに関して興味を持てるような本、入門書的なものがありましたら教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人1回まで
  • 登録:2007/04/15 21:41:42
  • 終了:2007/04/16 17:37:54

回答(6件)

id:KazyN No.1

KazyN回答回数352ベストアンサー獲得回数322007/04/15 21:49:26

ポイント10pt

マンガですが、こちらはいかがでしょう。

現在10巻まで発売されており、現在も週刊モーニングで連載中です。

神の雫 (1) (モーニングKC (1422))

神の雫 (1) (モーニングKC (1422))

  • 作者: 亜樹 直 オキモト シュウ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: コミック

id:yamatofuji

できれば、漫画ではないものが欲しいのですが

2007/04/15 22:14:30
id:daikanmama No.2

daikanmama回答回数2141ベストアンサー獲得回数822007/04/15 22:05:23

ポイント30pt

入門書としては、このあたりはいかがでしょうか。

初歩からわかる超ワイン入門―お気に入りの1本に出会える! (主婦の友ポケットBOOKS)

初歩からわかる超ワイン入門―お気に入りの1本に出会える! (主婦の友ポケットBOOKS)

  • 作者: 種本 祐子
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • メディア: 新書


ワインアドバイザーの資格に関しては、こちらの2点はいかがでしょうか。

夢を夢で終わらせないためのソムリエ・ワインアドバイザーの仕事 (DO BOOKS)

夢を夢で終わらせないためのソムリエ・ワインアドバイザーの仕事 (DO BOOKS)

  • 作者: 高島 徹治
  • 出版社/メーカー: 同文舘出版
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

基礎から学ぶ田辺由美のワインブック〈2007年版〉

基礎から学ぶ田辺由美のワインブック〈2007年版〉

  • 作者: ワインアンドワインカルチャー 田辺 由美
  • 出版社/メーカー: 飛鳥出版
  • メディア: 大型本

id:yamatofuji

たくさん、すすめていただきありがとうございます。参考になりました。

2007/04/15 22:15:30
id:kiikkoko No.3

kiikkoko回答回数222ベストアンサー獲得回数12007/04/15 22:23:38

id:yamatofuji

ありがとうございます。参考にさせていただきます。

2007/04/16 11:35:20
id:nyanyanyaojisan No.4

nyanyanyaojisan回答回数63ベストアンサー獲得回数32007/04/15 22:34:21

ポイント15pt

ワインの帝王ロバート・パーカー。この人を押えておけば何とか。

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%...

id:yamatofuji

参考になりました。

2007/04/16 11:35:39
id:TNIOP No.5

TNIOP回答回数2344ベストアンサー獲得回数582007/04/15 22:43:45

ポイント15pt

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%9C%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BC%E7%...

ワインの歴史を知りつつ学べるのでスムーズだと思います。

id:yamatofuji

参考にさせていただきます。

2007/04/16 11:36:25
id:quelle No.6

quelle回答回数82ベストアンサー獲得回数22007/04/16 15:12:27

ポイント20pt

以前資格を取ろうと思ったときに使った本をご紹介します。

(状況が変わって結局取らなかったんですが)

全く知識がないということですので、まずは初心者向けから。

世界の名酒事典〈2006年版〉

世界の名酒事典〈2006年版〉

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 大型本

この本はワインだけの内容ではありませんが、ワインについて、簡潔明瞭に地方の特色などもまとめられていてわかりやすいです。その地方の主要なワインが掲載されていますので、ワインを飲む際にはこの本を見ながら飲んだりすると自然にいろいろと覚えることができました。

試験はワイン以外のリキュールなどについても確か問題が出たりするので、その点においても役に立つと思います。

基礎から学ぶ田辺由美のワインブック〈2007年版〉

基礎から学ぶ田辺由美のワインブック〈2007年版〉

  • 作者: ワインアンドワインカルチャー 田辺 由美
  • 出版社/メーカー: 飛鳥出版
  • メディア: 大型本

ワインスクールに通ったとき、この方のテキストが紹介されました。覚えるべき事柄がまとまっているので、何度も見返すことになると思います。

ズバリソムリエ協会の教本です。やはり一冊は持っておいて過去問を解いたほうがいいようです。

エリゼ宮の食卓―その饗宴と美食外交 (新潮文庫)

エリゼ宮の食卓―その饗宴と美食外交 (新潮文庫)

  • 作者: 西川 恵
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • メディア: 文庫

直接試験とは関係ありませんが、ワインが深く外交とかかわるものであることが歴史的事実を踏まえてよくわかる面白い本です。ソムリエの試験って「パリの○×広場前にあるお店の名前は?」とかフランスの文化についても出題されたりするようなので(最近はどうなのかわかりませんが)ワインにまつわるいろいろな知識を持っておくのはいいことだと思います。

出題範囲広いし、ブルゴーニュの畑は小さいうえに多いのでものすごい量の名前を覚えなければいけないし、大変な試験だとは思いますが、どうぞ頑張ってくださいね。ご健闘をお祈りしております。

id:yamatofuji

ご回答ありがとう、ございます。おすすめしていただいたのを参考に勉強がんばってみます。

2007/04/16 17:34:59
  • id:KazyN
    出来ればマンガじゃない方が....ということで残念でした。
    ちなみにご紹介した漫画は、現在韓国の富裕層を中心に広まりつつあるワインブームと相まって、非常に売れているそうです。

    私自身、ワインにはあまり詳しくありませんし、むしろソムリエというのをなにやらアヤシイものだと思っていましたが、このマンガで見方が変わりました。

    マンガとはいっても、(素人の私からみれば)ワインの知識がちりばめられているので、興味を持つにはいいかな?と思いますよ。

    まぁ、無理にとは言いませんが....

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません