合同会社(LLC)の起業を準備中の者です。資金があまりないので、

「資本金1円」で、とりあえず形だけでも会社を作りたいと考えています。

合同会社においても、株式会社と同様に最低資本金というものは無いので、
いわゆる「1円会社」も設立可能かと思いますが、実際に資本金1円で起業した場合、
その1円だけでは実際の業務はまず不可能です。

そうした場合、後から必要な分のみ増資して、そこから経費を
計上しなければならないのでしょうか?
それとも資本金とは形だけのものでもよく、
経費はポケットマネーからでもいいのですか?

また、仮に増資が必要だとなる場合、増資の手続きは
煩雑で手数料などもかかるのでしょうか?
もしそうである場合、初めから必要なお金を用意してから
それを資本金にしたほうが良いような気がします。
アドバイスよろしくお願いいたします。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/04/17 11:43:56
  • 終了:2007/04/17 19:16:17

ベストアンサー

id:kappagold No.3

kappagold回答回数2710ベストアンサー獲得回数2482007/04/17 13:01:12

ポイント100pt

資本金とは、基本的には、会社の運営資金になるもので、最初の準備金というのが原則です。そのため、会社を設立するのに掛かるであろう1000万円や300万円という額が決められていました。pyaraさんの思っている資本金が本当は正しいのです。しかしSOHOなどいろんな形の会社が出来るようになって、そんな規制をしなくても大丈夫だろう、それよりも起業を促進したい、いう考え方に変わって資本金(準備金)がなくなりました。

現在は、資本金とは形だけのものでもよく、経費はポケットマネーからでもいいのです。

その分赤字でやっているという風に考えてください。

ポケットマネーを出したからといって増資する必要はありません。

信用をアップするために、増資をしたいのであれば、後から必要な分のみ増資するということも可能です。

http://oshiete.homes.jp/qa2766401.html?ans_count_asc=1

id:pyara

大変明快な回答、ありがとうございます!

ずっと疑問に思っていたことがすぱっと晴れました。

経理上の扱い(資本金と経費やポケットマネーの関係)がまだ不安ですが、経理についてはこれから勉強していきたいと思います。

2007/04/17 13:53:33

その他の回答(2件)

id:TNIOP No.1

TNIOP回答回数2344ベストアンサー獲得回数582007/04/17 12:29:25

ポイント50pt

資本金1円で活動しても問題ありません。

経費はポケットマネーで出して、収支が一時的にマイナスになるだけです。

というか、小さな企業で始める人は資本金が1年じゃなくてもそういう形がほとんどですよ。


資本金というのは活動資金とは別で、「会社の信用度」のために存在しているのです。

id:pyara

ありがとうございます。

そうなんですか・・知りませんでした。

必ずしも資本金=活動資金というわけではないんですね。簿記かなんかの教科書を斜め読みしたところ、資本金をそのまま利用していて、資本金外のお金は出てこなかったので、「資本金≧活動資金」と思い込んでいました。

資本金というものは、あくまで建前としてのニュアンスがあるのでしょうか?

2007/04/17 12:54:51
id:wm5775 No.2

wm5775回答回数351ベストアンサー獲得回数42007/04/17 13:02:48

ポイント20pt

その場合、

「役員短期貸し出し」という勘定科目でポケットマネーから現金を出したことを記録しておけば、収入を得てからポケットに戻すこともできますし、のちに「現物出資」という形にすれば資本に組み入れることもできます。

#それか、どこかから運転資金を借り入れるのが通常です。

#3か月分の資金計画がきちんと立てられれば、金融機関が融資してくれることもあるかもしれません。

id:pyara

ありがとうございます。

実は経理の細かいことには、まったく疎いのですが、(当初において)ポケットマネーでの活動が経理上でも可能だということは分かりました。

借り入れに関しては、はなから諦めてしまっている部分もあったのですが、(資金計画をきちんと立てられれば)当たってみるのも悪くないかもしれないですね。

2007/04/17 13:44:19
id:kappagold No.3

kappagold回答回数2710ベストアンサー獲得回数2482007/04/17 13:01:12ここでベストアンサー

ポイント100pt

資本金とは、基本的には、会社の運営資金になるもので、最初の準備金というのが原則です。そのため、会社を設立するのに掛かるであろう1000万円や300万円という額が決められていました。pyaraさんの思っている資本金が本当は正しいのです。しかしSOHOなどいろんな形の会社が出来るようになって、そんな規制をしなくても大丈夫だろう、それよりも起業を促進したい、いう考え方に変わって資本金(準備金)がなくなりました。

現在は、資本金とは形だけのものでもよく、経費はポケットマネーからでもいいのです。

その分赤字でやっているという風に考えてください。

ポケットマネーを出したからといって増資する必要はありません。

信用をアップするために、増資をしたいのであれば、後から必要な分のみ増資するということも可能です。

http://oshiete.homes.jp/qa2766401.html?ans_count_asc=1

id:pyara

大変明快な回答、ありがとうございます!

ずっと疑問に思っていたことがすぱっと晴れました。

経理上の扱い(資本金と経費やポケットマネーの関係)がまだ不安ですが、経理についてはこれから勉強していきたいと思います。

2007/04/17 13:53:33

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません