かつて読んだ本を探しています。

「職人の半纏」について述べた章のあるエッセイ、もしくはルポルタージュです。

著者は白洲正子さんか秋岡芳夫さんの様な気がしていて、手持ちの数冊を読み返したのですが見つかりません。

職人の半纏が、作業着として優れたつくりをしているだけでなく、印半纏はフォーマルウェアとしても機能していた…といった内容だったようにおもいます。

どなたか書名の心当たり、もしくはこうしたものの調べ方をおしえていただけないでしょうか。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/04/18 01:31:45
  • 終了:2007/04/25 01:35:03

回答(3件)

id:MEI-ZA-YU No.1

MEI-ZA-YU回答回数4741ベストアンサー獲得回数7552007/04/18 02:51:40

ポイント27pt

自信はないですが「日本のたくみ」でしょうか

http://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%...

id:dokasyaba

回答ありがとうございます。

私もそのような気がして読み返したのですが、そこには書かれていませんでした。とほほ。

どうしたものやら…。

2007/04/18 10:28:30
id:LsAmd No.2

LsAmd回答回数362ベストアンサー獲得回数12007/04/18 09:58:00

ポイント27pt

印半纏

印半纏

  • 作者: 岩田 アキラ
  • 出版社/メーカー: 青幻舎
  • メディア: 文庫

印半纏 (京都書院アーツコレクション―染織 (99))

印半纏 (京都書院アーツコレクション―染織 (99))

  • 作者: 岩田 アキラ
  • 出版社/メーカー: 京都書院
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

このあたりが近いような気がしますが

如何でしょうか

id:dokasyaba

情報ありがとうございます。

この本は網羅的に半纏の世界を描き出していて、とてもよいものなのですが、残念ながらこれではないのです。

とほほ。また探してみます。

2007/04/18 10:30:58
id:knockeye No.3

knockeye回答回数222ベストアンサー獲得回数112007/04/20 08:55:15

ポイント26pt

遠藤ケイではないですか?

暮らしの和道具 (ちくま新書)

暮らしの和道具 (ちくま新書)

  • 作者: 遠藤 ケイ
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • メディア: 新書

男の民俗学〈1〉職人編 (小学館文庫)

男の民俗学〈1〉職人編 (小学館文庫)

  • 作者: 遠藤 ケイ
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • メディア: 文庫

断言できなくて申し訳ありませんが。

id:dokasyaba

ありがとうございます。

イラストではなく写真があったかもしれない…もしかするとまったくなくて文章のみだったか。

という感じなので遠藤ケイさんの線は確かめていませんでした。早速あたってみます。

2007/04/20 09:23:26

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません