無停電電源装置omron BX35FをLinuxサーバに接続しようとしています。

サポート対象にRehat Enterprise Linux Ver.4はありますが、持っていないのでFedoraCore6につなげようとしています。
自動シャットダウンソフトPowerAct Proをインストールして、起動しようとするとのエラーメッセージが出ます。

drivers/usb/core/message.c: selecting invalid altsetting 1
usb3-1: usbfs: interface0 claimed by usbfs while 'USBCntroller' sets config #1

これを回避する方法はないでしょうか。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/04/20 08:52:49
  • 終了:2007/04/27 08:55:04

回答(2件)

id:felix2007 No.1

felix2007回答回数600ベストアンサー獲得回数42007/04/21 17:01:47

id:Yota

説明書は持っていますので、別にいりません。

2007/04/21 19:20:31
id:TNIOP No.2

TNIOP回答回数2344ベストアンサー獲得回数582007/04/23 00:07:07

ポイント35pt

https://www.omron.co.jp/ped-j/download/files/ups_service_driver_...

FedoraCore6は対応していないので無理だと思います。

id:Yota

無理どころか、実際に稼動しています。

ただこのメッセージを出ないようにする方法が知りたいだけです。

2007/04/23 09:04:24

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません