意味の分からない課題があり、困っております。

科学と工学で説明が食い違う事象というのは例えばどんなのがありますか?

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/04/23 19:20:20
  • 終了:2007/04/24 00:05:48

回答(2件)

id:sibazyun No.1

sibazyun回答回数1753ベストアンサー獲得回数2362007/04/23 20:04:13

ポイント51pt

ちょっと分からないですが、科学が真理追究に対し、工学は実用目的で十分、といったことはありますね。

  • 円周率は、3.1415926535...とどこまでも続く無理数(科学)なのに対し、工学的には、3.1416でよいとする。
  • 地動説で、地球は太陽のまわりをまわる(科学)に対し、工学的には、地球を固定させ、太陽がそのまわりをまわる、とすることで、昔なら日時計とか、今なら太陽に追随する省エネルギー装置がつくれる、とか。
id:mummy-a

なるほど。とてもさんこうになりました。

2007/04/23 23:35:19
id:dory No.2

dory回答回数29ベストアンサー獲得回数32007/04/23 21:11:34

ポイント35pt

生物学と土木工学の意見が違う「河川の改修工事」が

例に挙げられた論文を見つけましたが、いかがでしょうか。

「異分野摩擦と学際研究」藤垣裕子

http://www.natureinterface.com/j/ni05/P92-93/

id:mummy-a

どうもありがとうございます。

2007/04/23 23:38:50

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません