エキスポランドで金属疲労により事故がおこりました。そこで、金属疲労の検査方法に興味を持ちました。

金属疲労の検査方法について詳細に書いてあるページ探しています。特に金属疲労の検査方法や、装置について知りたいです。検査会社、製造業者、販売会社などの固有名詞があるようなページをとくに探しています。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/05/07 06:57:46
  • 終了:2007/05/09 00:12:01

ベストアンサー

id:ARAYOTTO No.1

ARAYOTTO回答回数1376ベストアンサー獲得回数132007/05/07 07:26:06

ポイント30pt

検査装置メーカー

http://www.t-ckk.co.jp/sin1_1.html

東海交通機械株式会社


http://www.shimadzu.co.jp/tec_news/srv55_1/report07.html

株式会社 島津製作所


http://www.emic-jp.com/pro/hihakai.html

電子磁気工業

その他の回答(3件)

id:ARAYOTTO No.1

ARAYOTTO回答回数1376ベストアンサー獲得回数132007/05/07 07:26:06ここでベストアンサー

ポイント30pt

検査装置メーカー

http://www.t-ckk.co.jp/sin1_1.html

東海交通機械株式会社


http://www.shimadzu.co.jp/tec_news/srv55_1/report07.html

株式会社 島津製作所


http://www.emic-jp.com/pro/hihakai.html

電子磁気工業

id:bangohan No.2

bangohan回答回数770ベストアンサー獲得回数72007/05/07 09:43:45

ポイント23pt

http://www.kek.jp/newskek/2002/sepoct/neutron.html

金属の疲労破壊や亀裂を探る

id:pigment No.3

pigment回答回数95ベストアンサー獲得回数22007/05/07 10:52:47

ポイント15pt

非破壊検査の解析手法としては、境界要素法、有限要素法などの手法があります。

応力を計るためのセンサーとしては、歪センサーが歴史的にも古く、大戦中の戦闘機の翼にも取り付けられていました。

センサーにより、疲労の蓄積を絶えず取得していなければ金属疲労の予知はできません。

センサーを使用する場合はその設置場所が重要です。

センサーを用いない場合(これも一種のセンサーなのかもしれませんが・・・)

対象物の部材よりも物理的に弱い材質を、対象物の最も応力のかかる部分に設置し、対象物より先に金属疲労により断裂することで、未然に金属疲労を予知するという方法もあります。

この方法は比較的わかりやすいと思います。

槌でコンコンと叩いて音が変わる状態では、かなり金属疲労が進んでいます。

(URLはダミーです)

http://q.hatena.ne.jp/answer

id:COFFEECUP3 No.4

COFFEECUP3回答回数684ベストアンサー獲得回数132007/05/07 15:50:35

ポイント22pt

http://www.cxr.co.jp/public/prkensa.html

非破壊検査の分類と内容

  • id:Yoshiya
    金属疲労をサンプルを取らずに調べる会社で有名なのが「非破壊検査株式会社」です。

    http://www.hihakaikensa.co.jp/

    超音波やX線などを使って、検体を壊さずに検査できるみたいです。

    http://www.hihakaikensa.co.jp/map/index.html
  • id:takashi05
    非破壊で金属内部を調べるには
    「偕成エンジニア株式会社」 のMDKセンサーだけです。

    詳しくは下記HPをご参照下さい。
    http//www1.odn.ne.jp/~kaisei/

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません