Subversionのリポジトリの設計をしていて、単一リポジトリにするか複数のリポジトリで管理するかで悩んでいます。


単一リポジトリ、複数のリポジトリにするメリット・デメリットを教えていただけませんか?
また、お勧めなんかがありましたらそれもお願いします。

単一リポジトリ、複数のリポジトリのどちらを選択するにしても単一サーバ内に配置する予定です。
また、プロジェクトの規模が大きく、管理するべき資産も非常に大きくなると想定します。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/05/09 20:11:38
  • 終了:2007/05/16 20:15:03

回答(2件)

id:wnagata No.1

wnagata回答回数170ベストアンサー獲得回数182007/05/09 21:35:27

ポイント10pt

単一レポジトリのメリットは、作成やバックアップの手間がかからないこと。デメリットはその中に含まれる資産が増えると、アクセス制御などで細かい管理が出来なくなってしまうこと。複数レポジトリの場合は、その逆で、作成やバックアップは大変ですが、アクセス制御やリビジョン番号で細かい管理が出来ます。

ある程度規模が大きいのであれば、適当な範囲に分けて、複数のレポジトリを使用することをお勧めします。

http://subversion.bluegate.org/doc/ch05s02.html

id:mlkc81 No.2

mlkc81回答回数27ベストアンサー獲得回数22007/05/10 07:01:54

ポイント10pt

自宅サーバー用設定ファイルの管理など小規模で使ったことしかなく、開発の現場もよく知らず想像の部分が多いですが、参考になれば幸いです。誤っている部分もあるかも知れません。


単一化のメリットとしては、

  • レポジトリアクセス層?(svnserver, WebDAV等)の管理がシンプル。
  • バックアップの実行・管理がシンプル。
  • 全体の整合性が確認しやすい(作業中以外の修正が行われた場合に見逃しにくい)。
  • フックスクリプトのファイル管理はシンプル(スクリプト内容は複雑になりがち)。

単一化のデメリットとしては、

  • データベースの負荷が高い(どちらかというと壊れる可能性が高まる)。
  • 変更履歴を追うのが大変である。

複数化の場合は、上記の反対です。


 レポジトリのツリーの一部だけでも、checkout、commitできますので、関連するモジュールなど関連のあるもの同士は、整合性の為に、極力一つのレポジトリ内に収める方が良いと思います。相互に関連の無いプロジェクトなどが大量にある場合は、単一化するか、複数化するかは難しいところかと思います。


 私が思いつくのはこのくらいです。プロジェクトの規模が大きいとのことですから、出来るだけ単一化する方が良いのではないか、と個人的には思います…。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません