Emacsのバッファにはscratchという概念があり、終了時になくなってしまうそうですが、これはどのようなときに役立つものなのでしょうか?使い捨てのメモくらいかなぁ、という印象なのですが。


私はvimを使っているのですが、(http://ttyshare.com/rec/kana/)でvimでもscratchが使えるというプラグインが公開されており気になっているのですが、scratchの使いどころがわからないのでイマイチ手を出しづらい状況にいます。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/05/14 15:12:16
  • 終了:2007/05/21 15:15:03

回答(1件)

id:Bookmarker No.1

しおり回答回数191ベストアンサー獲得回数342007/05/14 15:58:37

ポイント60pt

私は、次のような目的で使っています。

  • 電卓代わり(Lisp 式で)
  • 一時的なメモ(書き難い Web フォームの代わり等)
  • さまざまな Lisp 式の評価(カスタマイズ用等)

など。

ちなみに、マニュアルには次のように書かれています。

Emacsが動き始めると、`*scratch*'という名前のバッファを作ります。

ユーザーはこのバッファから始めます。

バッファ`*scratch*'は、Lisp対話(lisp-interaction)モードですから、

Lisp式を打ち込んでそれを評価できますし、あるいは、

この機能を無視して単なる落書用として使ってもかまいません。

id:takets

ありがとうございます。

確かEmacsだとLispが使えるのでしたね。

vimの場合はメモ帳として使うのが良さそうですね。

2007/05/14 17:48:27

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません