建物の登記を、1人ではなくて、2・3人の共有にすると、税金が安くなると、聞いたことがあるのですが、本当でしょうか?


例えば、建物を建てた時に、父親1人の名義で立てるよりも、父親・母親・子供の3人の共有名義にした方が、税金が割安になるという話です。

真偽を知りたいので、ご存知の方、ぜひ教えていただけないでしょうか?

回答の条件
  • 1人3回まで
  • 登録:2007/05/15 00:00:28
  • 終了:2007/05/22 00:05:03

回答(1件)

id:andalusia No.1

andalusia回答回数134ベストアンサー獲得回数122007/05/15 02:21:35

ポイント60pt

ケースバイケースではありますが、本当です。

もし登記名義人が全員課税所得があるのであれば、共有名義にすることにより、住宅ローン控除が各自それぞれで使えるので有利になります。あと相続税も有利になるケースが多いでしょう。


2世帯住宅で区分登記可能であれば、共有登記ではなく区分登記することによって、不動産取得税、固定資産税も安くすることができる場合があります。


なお、どのケースでも、贈与税には気をつけてください。

id:minomino13

おぉ。本当なのですか。

より具体的な事例も含めた参考サイトや参考書籍はありますでしょうか?

2007/05/15 03:07:37

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません