マイクロソフト帝國の将来は安泰でしょうか。グーグルの台頭でサーバー主義の時代がそこにきています。某スポーツ紙によると、グーグルオフィスというものを、グーグルが画策し、OSの改変化による世界のマイクロソフトの独占支配からグーグルのWEBXによるPCのハードディスクのワークからWEB上でのワークの時代になろうかとしています。MSは一見OS系、開発系言語で優位にみえますが、JAVAの開発ツールはもっておらず、NETを用意し、独占しようとしていますが、UNIXをはじめとしたOSは費用もあまりかからず、ほとんど改変がないのでMSによるPCの買い替えなどはありません。このままMSが優位にあるとは思えなくなってきました。近い将来はどうなるでしょうか。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 200 ptで終了
  • 登録:2007/05/18 13:47:34
  • 終了:2007/05/25 13:50:03

回答(26件)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>
私はMSにGoogleが狙われただけだとしか思っていません Baku77702007/05/19 05:37:16ポイント2pt

 例えばNTServerに潰されたNovel、ExcelとExchangeに潰されたLotus、SQLServerによって潰されようとされているOracle、dBaseはAccessに潰されて、IBMのOS/2というのもありましたね。

Novel、Lotusは確かに左前になりましたけれど rthuk2007/05/21 01:00:22

Oracleに関しては販売シェアは首位をキープしております。Accessは私もよくやりましたが、現実はオラクルが一番多いのです。

<前のツリー | すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません