マイクロソフト帝國の将来は安泰でしょうか。グーグルの台頭でサーバー主義の時代がそこにきています。某スポーツ紙によると、グーグルオフィスというものを、グーグルが画策し、OSの改変化による世界のマイクロソフトの独占支配からグーグルのWEBXによるPCのハードディスクのワークからWEB上でのワークの時代になろうかとしています。MSは一見OS系、開発系言語で優位にみえますが、JAVAの開発ツールはもっておらず、NETを用意し、独占しようとしていますが、UNIXをはじめとしたOSは費用もあまりかからず、ほとんど改変がないのでMSによるPCの買い替えなどはありません。このままMSが優位にあるとは思えなくなってきました。近い将来はどうなるでしょうか。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 200 ptで終了
  • 登録:2007/05/18 13:47:34
  • 終了:2007/05/25 13:50:03

回答(26件)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>
サーバ主義の時代が来ると仮定して ʕ •ᴥ•ʔ<だ 2007/05/19 18:00:53ポイント3pt

ではそこに接続するクライアントPCのOSは誰が作るのでしょう?

UNIX?Linux?本当ですか?


ちなみに、現在確かにアプリケーション関連は、サーバ・クライアント間通信が主流に成ってるかもしれません。ですが、サーバ幹線が落ちてしまうと一気に使い物にならなくなることをお忘れなく。

# 最近だとNTTの大規模通信障害がありましたよね?


もちろんそうならないようにミッションクリティカルなどの技術もあったりしますし、別の概念のような感じでP2Pなどの技術もあったりする訳ですが。

他の通信会社が台頭してくるのでは? rthuk2007/05/21 00:44:13

なにか悪いやつらが多い通信会社ですが、いい会社もでてきてます。サブサーバ幹線が標準で構築されるようになるでしょう。SFでようあるやつです。インターネットですからサーバが落ちるなんておかしいのですが。

サーバは落ちてはいけないもの ʕ •ᴥ•ʔ<だ 2007/05/21 12:24:19ポイント2pt

インターネットですからサーバが落ちるなんておかしいのですが。

その裏で日夜頑張ってる人が少なからずいることを忘れないであげてください。

もちろん忘れてははいませんよ rthuk2007/05/21 23:36:46

インターネットとは網のこと。つまり米軍が味方へデータを送信するために、ある一方の回線が攻撃されて断線したときに、他の網からデータを送信できることから、それがインターネットの特性として認識されてきたわけですが。

NTTの独占がこういう現象をおこしているのかもしれません。

<前のツリー | すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません