銅鏡などの表の写真を子供向けの教科書などに載せるべきと考えますか、それとも不要だと考えますか。

回答の条件
  • 途中経過を公開
  • 男性,女性
  • 20代未満,20代,30代,40代,50代,60代以上
  • 登録:2007/05/22 08:41:06
  • 終了:2007/05/22 21:08:53

回答(600 / 600件)

Q01表の写真は(択一)

載せるべき454
不要である(どちらでもよい、を含む)146
合計600

集計

×
  • id:fuk00346jp
    >銅鏡などの表の写真
    表なんて見せても無意味でしょ。と突っ込みを入れておきますか^^
  • id:imo758
    肝心なことを言い忘れてしまってました、すいません。

    銅鏡などの紹介写真でよく掲載されるのは、模様がある裏面です。しかし表面が掲載されるのはそれに比べればずっと少ないように思います。

    の一文を質問文に付け加えます。
  • id:yokikotokiku
    キレイに磨いてあるやつなら載せたほうがいいと思います。
    当時の技術力の高さがわかるでしょうしー。
  • id:taknt
    ほかに載せる必要があるものがなければいいかと思うが
    そのバランスについては わからない。
  • id:sibazyun
    どうして、鏡があんなに凸凹なのか、子供のころ不思議でした。
    裏と知らなかったためです。---載せるべき!
  • id:lovely-flower
    lovely-flower 2007/05/22 10:42:33
    何も知らないで言葉だけを詰め込むのは無意味
    知っていたからどうかなるものでもないけれど、
    こういうものなんだ、と写真があって少しでも興味を持つ子供が増えればいいと思う。。
    受験対策としても、写真があったほうが頭に入リやすい
  • id:NAPORIN
    カメラで正面から鏡をうつすとカメラレンズとカメラマンが撮影されてしまうわけですが、そこまで映るのかどうか。

    斜めからマネキンをうつして、鏡とマネキンを両方撮った写真があれば見たいなあと思う(理系的な反射率でもよい)

    ただ、鏡は神様の力で予言などを写すものとすると、
    所有する神社が嫌がるだろう

  • id:wen000
    逆に載せない理由は(スペースの都合とかはともかく)
    ないと思います。
    鏡っていうけど銅で鏡ってちゃんと見えるの?って気になる人もいるでしょうし。
  • id:I11
    どちらでもいいんじゃない?
    どうして載せる“べき”なのかいまいちわからない。
    古代日本の文化的特長を示しているのは銅鏡の裏側なのだから、文化的特徴について教える教科書で表を載せるのは意味が無いですよね。
  • id:myuon
    写真があったほうがいいと思いますが、載せないならせめて表面についての説明を加えるべきと思います。
    教科書や資料集ではよく裏面の写真だけをのせて『写真のような銅鏡が作られた』等と書かれていたのですが、これだけでは裏面のことだけしか印象に残らず、実際に使用できる鏡としてのイメージがきないと思います。
  • id:chinjuh
     銅鏡に顔を写すのはけっこう難しいです。ガラス窓に自分の顔を写すのと同じ要領なので、きれいに磨いてあっても条件がそろわないと写らないんです。実際に写してみると板ガラスの鏡が伝わる前はこういうものを使ってたのかって驚きます。ただし教科書の写真+説明のみで実感がわくかどうかは疑問です。

     でも、載せた方がいいと思う。きれいに磨いたレプリカでいいから。教科書か副読本にそういう写真が掲載されていたら授業で話題にできますし。どう説明するかは先生の腕のみせどころ。面白くもつまらなくもできるでしょう。
  • id:imo758
    ポイントが尽きてしまった…

    http://q.hatena.ne.jp/1179796363
    こちらも宜しくお願いします
  • id:miharaseihyou
    歪みのある鏡は写真だけでもインパクトがあると思う。不完全な製品が当たり前だという事に気付いて欲しい。それ以外でも、不揃いな実用品や不良品を選りながら使用する不便を実感して欲しい。実際、学会の言いなりの指導要領を暗記させるよりも雑巾のひとつでも縫わせてみれば(出来るまで帰らせない。先生の方が疲れるとは思う。)無限大に有益だと思う。
  • id:fuk00346jp
    アマルガム処理+研磨されたものが腐食して緑青噴いてしまったものが現在出土しているもののようです。実際に当時のようにアマルガム処理して再研磨したとしても「魔鏡」、「祭祀鏡」の復元は難しいかと思います。
     
    アマルガム処理…水銀によるメッキ(代表的な物は金メッキですが銅鏡でも使われていたようです。)
    魔鏡…当時平面研磨技術がよくなかった為鏡像が歪んで見えたり反射が歪んで見えるもの
    祭祀鏡…お飾り

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません