日本のC型肝炎の歴史等についての英語文献について、教えてください。

「分子時計から見たC型肝炎ウイルスの蔓延」というhttp://medical.radionikkei.jp/igakushoten/final/pdf/s170905.pdfで、名古屋私立大学の溝上先生のWEBがありますが、中に、現在、日本は停止期で、進入、初期拡散、後期拡散があり1920年代の緩やかな拡散拡大は1922年から導入された日本住血吸虫に対する駆虫剤の一斉投与での同一の注射器、注射針を使用した静脈注射によると思われる と記載があります。これらのこと、特に日本は停止期に入っていることを紹介した、英語文献を教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/06/05 14:32:28
  • 終了:2007/06/12 14:35:03

回答(1件)

id:kappagold No.1

kappagold回答回数2710ベストアンサー獲得回数2482007/06/06 10:23:12

ポイント60pt

溝上先生は、遺伝子変異(分子時計)からHCV研究を主とした大家です。引用元は、総説のようなものですので、先生の研究及びこれまでの知見が色々と入っています。

通常、総説はその分野の大先生が頼まれて執筆するものなので日本人の先生であれば、日本語の場合が多く、英語の総説はあまり無いというのが実情だと思います。

(ぴったりした文献が見つからなかった、いい訳ですが・・・・。)


お探しの記載が載っている可能性が高いものとして、以下の溝上先生の論文をいくつかピックアップしました。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/sites/entrez?Db=pubmed&Cmd=ShowD...

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/sites/entrez?Db=pubmed&Cmd=ShowD...

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/sites/entrez?Db=pubmed&Cmd=ShowD...

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/sites/entrez?Db=pubmed&Cmd=ShowD...


これぞというものが無かったら、ごめんなさい。

id:kojiro_i619

よくぞ、探してくださいました。三番目が、求める文献のようです。私も、Mizogami Mで探したのですが、Mizokami Mが正しいようですね。ありがとうございました。感謝です。

2007/06/06 16:53:15

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません