【シャッフルド・ホラー】「究極の医療費抑制策」


「困った・・・」――。K省のトップWは、頭を悩ませていた。
国の財布を預かるZ省から、「これ以上、医療費に予算を回せない」と釘を刺されたからだ。

名案が浮かばないまま、「極秘会議」の日を迎えた。

【1】ある日、○△県に新型ホームが完成した。
【2】超格安で入所できるので、申込者が殺到している。
【3】W:「ホーム・・・」
【4】Wは、34、5年前に観たアメリカ映画を思い出していた。
【5】「完璧だ」――。Wは不敵な笑みを浮かべた。
【6】W:「何か名案はないかね」
【7】O:「70歳以上の死亡1カ月前医療費は生涯医療費の約50%を占めています」
【8】W:「なるほど」
【9】S:「高齢者の延命医療が問題ではないでしょうか?」
【10】O:「死亡退所率も高いです」
【11】Wが好きなベートーヴェンの交響曲第6番「田園」が静かに流れていた。
【12】N:「延命医療をやめるか」
【13】O:「病院を“ホーム”に転換させるというのはどうでしょうか?」
【14】W:「そう簡単な話しではないだろう」
【15】N:「・・・」

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/06/13 15:50:54
  • 終了:2007/06/18 17:52:22

回答(11件)

id:taknt No.1

きゃづみぃ回答回数13539ベストアンサー獲得回数11982007/06/13 16:06:42

ポイント51pt

【6】W:「何か名案はないかね」

【9】S:「高齢者の延命医療が問題ではないでしょうか?」

【7】O:「70歳以上の死亡1カ月前医療費は生涯医療費の約50%を占めています」

【15】N:「・・・」

【10】O:「死亡退所率も高いです」

【12】N:「延命医療をやめるか」

【14】W:「そう簡単な話しではないだろう」

【13】O:「病院を“ホーム”に転換させるというのはどうでしょうか?」

【3】W:「ホーム・・・」

【4】Wは、34、5年前に観たアメリカ映画を思い出していた。

【8】W:「なるほど」

【1】ある日、○△県に新型ホームが完成した。

【11】Wが好きなベートーヴェンの交響曲第6番「田園」が静かに流れていた。

【2】超格安で入所できるので、申込者が殺到している。

【5】「完璧だ」――。Wは不敵な笑みを浮かべた。


なかなか難しいですねぇ。

これ ホラー?!なのかなぁ・・・という感じですが。

病院ではなく、老人ホームにすれば医療費削減で、いいのかもしれませんね。

今後の高齢化社会で、必要なことだと思います。

入院ではなく、入居。

これで長生きできるってもん?!

id:nicedayhiro

takntさん、ご回答ありがとうございます。

【10】O:「死亡退所率も高いです」を最後のほうに入れ替えていただければ、34、5年前に上映された映画に似たホラーになります。



2007/06/18 17:08:06
id:SALINGER No.2

SALINGER回答回数3454ベストアンサー獲得回数9692007/06/13 16:08:41

ポイント51pt

【7】O:「70歳以上の死亡1カ月前医療費は生涯医療費の約50%を占めています」

【9】S:「高齢者の延命医療が問題ではないでしょうか?」

【6】W:「何か名案はないかね」

【12】N:「延命医療をやめるか」

【14】W:「そう簡単な話しではないだろう」

【15】N:「・・・」

【13】O:「病院を“ホーム”に転換させるというのはどうでしょうか?」

【3】W:「ホーム・・・」

【10】O:「死亡退所率も高いです」

【8】W:「なるほど」

【5】「完璧だ」――。Wは不敵な笑みを浮かべた。

【1】ある日、○△県に新型ホームが完成した。

【2】超格安で入所できるので、申込者が殺到している。

【4】Wは、34、5年前に観たアメリカ映画を思い出していた。

【11】Wが好きなベートーヴェンの交響曲第6番「田園」が静かに流れていた。


議論の結果病院がホームになるという感じですかね。

id:nicedayhiro

SALINGERさん、ご回答ありがとうございます。

いま、厚生労働省では病院をホームではありませんが、介護保険の老人保健施設に転換させようと誘導しています。

結末は、もっとホラーです。

2007/06/18 17:11:06
id:rikuzai No.3

りくっち回答回数1366ベストアンサー獲得回数1412007/06/13 16:21:17

ポイント71pt

【7】O:「70歳以上の死亡1カ月前医療費は生涯医療費の約50%を占めています」

【9】S:「高齢者の延命医療が問題ではないでしょうか?」

【8】W:「なるほど」

【12】N:「延命医療をやめるか」

【14】W:「そう簡単な話しではないだろう」

【15】N:「・・・」

【6】W:「何か名案はないかね」

【10】O:「死亡退所率も高いです」

【13】O:「病院を“ホーム”に転換させるというのはどうでしょうか?」

【3】W:「ホーム・・・」

【4】Wは、34、5年前に観たアメリカ映画を思い出していた。

【11】Wが好きなベートーヴェンの交響曲第6番「田園」が静かに流れていた。

【5】「完璧だ」――。Wは不敵な笑みを浮かべた。


【1】ある日、○△県に新型ホームが完成した。

【2】超格安で入所できるので、申込者が殺到している。


------------------------------------------------------------

並び方ははずしているかもしれませんが、意図はバッチリの自信。


SFヲタ的には馴染みのある作品「ソイレント・グリーン」ですね。

ソイレント・グリーン [DVD]

ソイレント・グリーン [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日: 2003-08-08
  • メディア: DVD

ソイレント・グリーン - Wikipedia

「ホーム」とは「公営安楽死施設」のこと。

延命治療の必要な患者を「田園」をバックに安楽死させることで医療費を抑制。

そしてその死体は「ソイレント・グリーン」と言う名の、人類の食糧に精製されるという…。


…明日は我が身…?

(ある意味三部作中一番この作品がホラーかも)

id:nicedayhiro

rikuzaiさん、ご回答ありがとうございます。

確かにシャッフルはイマイチでしたが、映画「ソイレント・グリーン」にたどり着いたのはさすがSFヲタですね。ご立派!

2007/06/18 17:14:16
id:kumaimizuki No.4

くまいみずき回答回数614ベストアンサー獲得回数312007/06/13 16:37:30

ポイント51pt

【06】W:「何か名案はないかね」

【09】S:「高齢者の延命医療が問題ではないでしょうか?」

【12】N:「延命医療をやめるか」

【14】W:「そう簡単な話しではないだろう」

【15】N:「・・・」

【11】Wが好きなベートーヴェンの交響曲第6番「田園」が静かに流れていた。

【13】O:「病院を“ホーム”に転換させるというのはどうでしょうか?」

【03】W:「ホーム・・・」

【07】O:「70歳以上の死亡1カ月前医療費は生涯医療費の約50%を占めています」

【08】W:「なるほど」

【10】O:「死亡退所率も高いです」

【04】Wは、34、5年前に観たアメリカ映画を思い出していた。

【05】「完璧だ」――。Wは不敵な笑みを浮かべた。

【01】ある日、○△県に新型ホームが完成した。

【02】超格安で入所できるので、申込者が殺到している。





過去に見た映画まではさすがに分からないのですが……。

医療費抑制策は


ホームは、病院とは違い、医療機関ではない

そのため、延命治療(というか治療そのもの)を行う必要はない

延命治療を行わなければ、死亡直前に掛かると言われる50%相当額の医療費が削減される

死亡してしまった場合、新たな入所者を募集できる

その結果、ホームに人が流れやすくなる


といった感じでしょうか。

id:nicedayhiro

kumaimizukiさん、ご回答ありがとうございます。

お説のとおり、いま「延命医療のあり方」が厚生労働省の検討会でさかんに議論されています。

でも、病院でも患者さんの意思で「延命医療」をやめて「緩和医療」に切り替えることもできますよね。

2007/06/18 17:18:13
id:hiyacco3435 No.5

hiyacco3435回答回数16ベストアンサー獲得回数02007/06/13 17:39:48

ポイント51pt

【6】W:「何か名案はないかね」

【7】O:「70歳以上の死亡1カ月前医療費は生涯医療費の約50%を占めています」

【8】W:「なるほど」

【9】S:「高齢者の延命医療が問題ではないでしょうか?」

【12】N:「延命医療をやめるか」

【14】W:「そう簡単な話しではないだろう」

【15】N:「・・・」


【13】O:「病院を“ホーム”に転換させるというのはどうでしょうか?」

【3】W:「ホーム・・・」


【1】ある日、○△県に新型ホームが完成した。

【2】超格安で入所できるので、申込者が殺到している。

【10】O:「死亡退所率も高いです」

【5】「完璧だ」――。Wは不敵な笑みを浮かべた。


【4】Wは、34、5年前に観たアメリカ映画を思い出していた。

【11】Wが好きなベートーヴェンの交響曲第6番「田園」が静かに流れていた。



延命治療をしないかわり、入所費用も安く、医療費も少なく抑えられる「ホーム」を作って財政難を切り抜けたっていうお話しでしょうか?

背筋がぞぞっとなるようなお話しではないですが、実際に起こりうるかんじが怖いですね・・・

オチにある『アメリカ映画』と『田園』の関係がわからなかったのですが、何かを暗示しているのでしょうか??

id:nicedayhiro

hiyacco3435さん、ご回答ありがとうございます。

並び替えは「いい線」いっていたのですが・・・

そのとおりです。このホラーを解くカギは、「アメリカ映画」&「交響曲田園」です。

2007/06/18 17:21:04
id:nyanyanyaojisan No.6

nyanyanyaojisan回答回数63ベストアンサー獲得回数32007/06/13 21:42:42

ポイント71pt

そういえばソイレント・グリーン(チャルトン・ヘストン主演)という映画がありました。

【7】O:「70歳以上の死亡1カ月前医療費は生涯医療費の約50%を占めています」

【8】W:「なるほど」

【9】S:「高齢者の延命医療が問題ではないでしょうか?」

【10】O:「死亡退所率も高いです」

【6】W:「何か名案はないかね」

【13】O:「病院を“ホーム”に転換させるというのはどうでしょうか?」

【3】W:「ホーム・・・」

【12】N:「延命医療をやめるか」

【14】W:「そう簡単な話しではないだろう」

【15】N:「・・・」

【1】ある日、○△県に新型ホームが完成した。

【2】超格安で入所できるので、申込者が殺到している。

【11】Wが好きなベートーヴェンの交響曲第6番「田園」が静かに流れていた。

【5】「完璧だ」――。Wは不敵な笑みを浮かべた。

【4】Wは、34、5年前に観たアメリカ映画を思い出していた。

id:nicedayhiro

nyanyanyaojisanさん、ご回答ありがとうございます。

ピンポーン!「ソイレントグリーン」のストーリーに沿って並び替えていただければパーフエクトでしたのに・・・・

2007/06/18 17:23:31
id:EMYL No.7

EMY回答回数85ベストアンサー獲得回数112007/06/14 20:07:15

ポイント70pt

【6】W:「何か名案はないかね」

【9】S:「高齢者の延命医療が問題ではないでしょうか?」

【7】O:「70歳以上の死亡1カ月前医療費は生涯医療費の約50%を占めています」

【12】N:「延命医療をやめるか」

【14】W:「そう簡単な話しではないだろう」

【15】N:「・・・」

【13】O:「病院を“ホーム”に転換させるというのはどうでしょうか?」

【3】W:「ホーム・・・」

【10】O:「死亡退所率も高いです」

【8】W:「なるほど」

【1】ある日、○△県に新型ホームが完成した。

【2】超格安で入所できるので、申込者が殺到している。

【11】Wが好きなベートーヴェンの交響曲第6番「田園」が静かに流れていた。

【5】「完璧だ」――。Wは不敵な笑みを浮かべた。

【4】Wは、34、5年前に観たアメリカ映画を思い出していた。



Wが過去に見た映画は「ソイレント・グリーン」。

この物語の中では、人口過剰を解決するために、人々はホームと呼ばれる公共安楽死施設に送られ、ベートーヴェンの「田園」に包まれて幸福に死んでいく。死体は「ソイレント・グリーン」と呼ばれる合成食料の原料に回されていた。


この新型のホームの目指すところも同じだった。人肉を食料にまではしないものの、医療費のかかる高齢者に幸福な安楽死を選んでもらうというものだったのである。

id:nicedayhiro

EMYLさん、ご回答ありがとうございます。

推理はハナマルの大正解です。

ただ、【10】O:「死亡退所率も高いです」の位置が超惜しいです。

2007/06/18 17:26:47
id:kuro-yo No.8

くろょ回答回数169ベストアンサー獲得回数292007/06/14 22:19:41

ポイント70pt

【6】W:「何か名案はないかね」

【9】S:「高齢者の延命医療が問題ではないでしょうか?」

【7】O:「70歳以上の死亡1カ月前医療費は生涯医療費の約50%を占めています」

【12】N:「延命医療をやめるか」

【14】W:「そう簡単な話しではないだろう」

【15】N:「・・・」

【13】O:「病院を“ホーム”に転換させるというのはどうでしょうか?」

【3】W:「ホーム・・・」

【10】O:「死亡退所率も高いです」

【8】W:「なるほど」

【1】ある日、○△県に新型ホームが完成した。

【11】Wが好きなベートーヴェンの交響曲第6番「田園」が静かに流れていた。

【4】Wは、34、5年前に観たアメリカ映画を思い出していた。

【5】「完璧だ」――。Wは不敵な笑みを浮かべた。

【2】超格安で入所できるので、申込者が殺到している。

「34、5年前の映画」で連想したのは「ソイレント・グリーン」です。

id:nicedayhiro

kuro-yoさん、ご回答ありがとうございます。

連想された映画は正解です。

【10】O:「死亡退所率も高いです」の位置が惜しいですね。

2007/06/18 17:30:17
id:dungeon-master No.9

dungeon-master回答回数571ベストアンサー獲得回数402007/06/14 23:16:43

ポイント65pt

【7】O:「70歳以上の死亡1カ月前医療費は生涯医療費の約50%を占めています」

【9】S:「高齢者の延命医療が問題ではないでしょうか?」

【8】W:「なるほど」

【12】N:「延命医療をやめるか」

【14】W:「そう簡単な話しではないだろう」

【15】N:「・・・」

【6】W:「何か名案はないかね」

【13】O:「病院を“ホーム”に転換させるというのはどうでしょうか?」

【3】W:「ホーム・・・」

【4】Wは、34、5年前に観たアメリカ映画を思い出していた。

【1】ある日、○△県に新型ホームが完成した。

【2】超格安で入所できるので、申込者が殺到している。

【10】O:「死亡退所率も高いです」

【5】「完璧だ」――。Wは不敵な笑みを浮かべた。

【11】Wが好きなベートーヴェンの交響曲第6番「田園」が静かに流れていた。


ホームって姥捨て山なのでは?

邦題「2300年未来への旅」という映画がありました。

id:nicedayhiro

dungeon-masterさん、ご回答ありがとうございます。

【10】O:「死亡退所率も高いです」の位置がピッタシです。

「2300年未来への旅」という映画も、未来の姥捨て山のお話でしょうか?

2007/06/18 17:39:35
id:chourou No.10

chourou回答回数2ベストアンサー獲得回数02007/06/18 01:35:26

ポイント65pt

【6】W:「何か名案はないかね」

【7】O:「70歳以上の死亡1カ月前医療費は生涯医療費の約50%を占めています」

【9】S:「高齢者の延命医療が問題ではないでしょうか?」

【12】N:「延命医療をやめるか」

【14】W:「そう簡単な話しではないだろう」

【13】O:「病院を“ホーム”に転換させるというのはどうでしょうか?」

【8】W:「なるほど」

【5】「完璧だ」――。Wは不敵な笑みを浮かべた。


【1】ある日、○△県に新型ホームが完成した。

【2】超格安で入所できるので、申込者が殺到している。

【11】Wが好きなベートーヴェンの交響曲第6番「田園」が静かに流れていた。

【10】O:「死亡退所率も高いです」

【15】N:「・・・」


【4】Wは、34、5年前に観たアメリカ映画を思い出していた。

【3】W:「ホーム・・・」



「ホーム」は建前は、老人ホームだが、入所するとしばらくして治療を行わなくなる終末施設です。入所してから、病気にかかるとそのまま死をむかえることになります。

K省トップのWは医療費抑制のため、政策を決定しますが、やがて時が経ち歳をとったWもホームに入所しています。

そのホームの視察にK省高官になったOとNが訪れます。

Wは、昔見た「時計じかけのオレンジ」を思い出して自分が決めた政策で、自分自身がホームに入り治療を受けられないで死んでいく皮肉を思い巡らせています。


こんな感じでしょうか?

id:nicedayhiro

chourouさん、ご回答ありがとうございます。

因果応報・・・かなりホラーですね。

このような推理は超面白いです。深読み、ありがとうございました。

2007/06/18 17:41:38
id:hosigaokakirari No.11

hosigaokakirari回答回数29ベストアンサー獲得回数72007/06/18 15:51:46

ポイント95pt

【9】S:「高齢者の延命医療が問題ではないでしょうか?」

【7】O:「70歳以上の死亡1カ月前医療費は生涯医療費の約50%を占めています」

【8】W:「なるほど」

【12】N:「延命医療をやめるか」

【14】W:「そう簡単な話しではないだろう」

【15】N:「・・・」

【6】W:「何か名案はないかね」

【13】O:「病院を“ホーム”に転換させるというのはどうでしょうか?」

【3】W:「ホーム・・・」

【4】Wは、34、5年前に観たアメリカ映画を思い出していた。

【1】ある日、○△県に新型ホームが完成した。

【2】超格安で入所できるので、申込者が殺到している。

【10】O:「死亡退所率も高いです」

【5】「完璧だ」――。Wは不敵な笑みを浮かべた。

【11】Wが好きなベートーヴェンの交響曲第6番「田園」が静かに流れていた。

シャッフルは割とすぐに見当がついたのですが、

映画のタイトルがさっぱり分からなくてギリギリ回答になってしまいました。

Wが過去に見た映画のタイトルは「ソイレント・グリーン」です。

(洋画に疎いもので、検索しまくりました・・・が、

“アメリカ 映画 ホーム 殺人 老人 1974年公開”で一発目で出てきた時にとても感動しました!と、これは個人的な感想です。見つからなかったら、あきらめるか、「悪魔のいけにえ」で回答するところでした)

医療費を抑制する方法は元ネタが「ホーム=公営安楽死施設」なので、ホームに入所したお年寄りを・・・ということだと思います。

id:nicedayhiro

hosigaokakirariさん、ご回答ありがとうございます。

それで、「滑り込みセーフ」状態だったわけですね。

並べ替えは微妙に違うだけで、映画のタイトルも推理もバッチシです。おめでとうございます。

今回の最優秀回等賞です。

2007/06/18 17:47:27
  • id:nicedayhiro
    3部作の最後「現在」をテーマにしたシャッフルド・ホラーをリリースさせていただきました。前作でtakntさんからアドバイスをいただきましたので、シャッフルするセンテンスには番号をふしました。

    今回のキーワードは、「ホーム」です。

    できれば、キャリア組のWが過去に観た映画のタイトルや医療費を抑制する具体策をお書き添えいただければ幸いです。

    なお、ご回答は6月18日(月)午後5時までオープンにいたしません。ふるってご回答をお寄せください。
  • id:nicedayhiro
    lionfanさん

    いつも「のっかり」ありがとうございます。
    このシャッフルド・ホラーへのご回答お待ちしております。
  • id:taknt
    ああ、なるほど 死亡退所率というのは、ホームのことだったんですね。

    そこまでは、考えが及びませんでした。
  • id:nicedayhiro
    「究極の医療費抑制策」<勝手な解答>

    1973年のアメリカ映画「ソイレント・グリーン」にたどり着けば、回答が導き出せるはずです。そうです。延命医療を行う病院を老人ホームに転換させて、医療費を抑制するような生やさしい対策ではなく、「ホーム」=「安楽死施設」で、強制的に死へといざなうことを思いついたのです。

    【6】W:「何か名案はないかね」
    【15】N:「・・・」
    【9】S:「高齢者の延命医療が問題ではないでしょうか?」
    【7】O:「70歳以上の死亡1カ月前医療費は生涯医療費の約50%を占めています」
    【12】N:「延命医療をやめるか」
    【14】W:「そう簡単な話しではないだろう」
    【13】O:「病院を“ホーム”に転換させるというのはどうでしょうか?」
    【3】W:「ホーム・・・」
    【4】Wは、34、5年前に観たアメリカ映画を思い出していた。
    【8】W:「なるほど」
    【1】ある日、○△県に新型ホームが完成した。
    【11】Wが好きなベートーヴェンの交響曲第6番「田園」が静かに流れていた。
    【2】超格安で入所できるので、申込者が殺到している。
    【10】O:「死亡退所率も高いです」
    【5】「完璧だ」――。Wは不敵な笑みを浮かべた。

  • id:nicedayhiro

    「究極の医療費抑制策」<勝手なあらすじ>

    2004年度の国民医療費は32兆円強、うち老人医療費が10.5兆円に達しています。今や保険財政は瀕死の状態にあり、その延命策として2000年度の介護保険制度に加え、2008年度には後期高齢者医療制度が創設されます。厚生労働省の試算では、団塊の世代が後期高齢者(75歳以上)の仲間入りをする2025年の国民医療費は65兆円で、税収50兆円をはるかに越えてしまいます。

    そのため、社会的入院の温床とみなされている療養病床の再編計画(病床削減)が進行中ですし、終末期医療についても、そのあり方が検討されているのも事実です。

    終末期医療に関する意識調査によると、自分が痛みを伴う末期状態になった場合、一般74%、医師82%、看護師87%が延命医療を行わないほうがよいとしています。ただ、「緩和医療」を選択する人が多い(一般59%、医師84%)反面、「積極的安楽死」を選択する人は少なく(一般14%、医師3%)否定的です。

    映画「ソイレント・グリーン」では、ホーム(公営安楽死施設)で、草原や大海原などの映像とベートーヴェンの「田園」に包まれて安楽死した後、ソイレント・グリーンという名の食品原料にされてしまいます。

    2025年の日本は3人1人が65歳以上の高齢者になるそうですから、オシャレで住みやすい老人ホームは必要ですが、きっと日常生活に不便を感じない元気さと老後の生き方にスタイルを持った高齢者であふれていることでしょう。そんなわけで、「公営安楽死施設」などありえないはずです。

    追伸:答えるより、質問を作る方が向いているみたいです。
    変形ですが「順序小説」書き上げました。近々、リリースさせていただきます。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません