いまでもよく使われる、「残酷物語」という言葉なんですが、平凡社のシリーズ「日本残酷物語」が一応、元祖、と言っていいのでしょうか?


宮本常一編集の平凡社の叢書「日本残酷物語」は1959年から刊行開始。(それと無関係な映画、「日本残酷物語」は63年公開。これはヤコペッティの亜流)
大島渚の「青春残酷物語」は1960年公開。
永島慎二のマンガ「漫画家残酷物語」が1961年刊行。
ヤコペッティの「世界残酷物語」は日本で1962年公開。
南條範夫の「被虐の系譜-武士道残酷物語」は1963年刊行で、同年に「武士道残酷物語」として映画化。

なぜこう質問させてもらうかといいますと、呉智英「マンガ狂につける薬 下学上達編」で、「残酷物語という言葉は、「南條範夫が元祖で、映画やドキュメントの題名にも使われて流行語となった」とあったからです。

でも、こうして並べてみると、南條範夫が、一番遅いように、見えますが。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/06/20 14:37:46
  • 終了:2007/06/22 04:13:05

ベストアンサー

id:kappagold No.1

kappagold回答回数2710ベストアンサー獲得回数2482007/06/20 15:58:08

ポイント60pt

最初は、『残酷物語』ヴィリエ・ド・リイラダン 斎藤磯雄 訳 三笠書房 昭和十ニ年六月十八日発行、かも知れません。(元のヴェリエ・ド・リイラダン『残酷物語』は一八八三年です。)

元祖という言葉の意味が、一番古いものということであれば、もっと古いものも見つかるかもしれないですね。

流行語のきっかけになったものが、元祖ということであれば、南條範夫ということもありえます。(南條範夫が他の作品からヒントを得ていたとしてもですね。)


今では、残酷物語というのは、青春物語と同じようにつかわれているような気がしますので、元祖ということ自体意味が無いかもしれません。

id:kokada_jnet

なるほど、リイラダンにありましたねえ。

60年代以降の日本の流行は、大島渚映画の影響が、一番大きいような気がしますが・・。

ありがとうございます。

2007/06/20 16:30:03
  • id:kokada_jnet
    もう一度調べてみると、南条範夫が「残酷物語」という本を1959に刊行していますね。
    ただ、上記リラダンの「残酷物語」が1954年に新潮文庫に入っています。南條さんが、これを影響を受けていたのかもしれません。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません