日本の古墳時代に古代人は方角をどのようにして

調べたのですか 方位磁石のようなものがあったのですか

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/06/24 14:31:21
  • 終了:2007/06/30 20:56:05

回答(2件)

id:TNIOP No.1

TNIOP回答回数2344ベストアンサー獲得回数582007/06/24 14:50:01

ポイント35pt

太陽が昇る方角、沈む方角(影の出来る方向)です。

夜は星の位置で確認することも出来たそうです。

http://q.hatena.ne.jp/1182663079

id:tunajiro

ありがとうございました

2007/06/24 15:51:58
id:MEI-ZA-YU No.2

MEI-ZA-YU回答回数4729ベストアンサー獲得回数7482007/06/24 15:11:51

ポイント35pt

一言でいえば星や太陽を観測して調べたようです。

>昔の日本では、方角を表現するとき、東西南北以外に

干支(えと)で方角を表す習慣がありました。

http://business4.plala.or.jp/kodomo/kodai2.html


>じゃあ、どちらの方向に記念碑を向けようか。

ものの影を見ていれば、いつもほぼ同じ方向で太陽がもっとも高くなることがわかるだろう(南中)。

夜、星を見ていると、その真逆の方角の星だけがほとんど動かないことを知るだろう(北極星)。

こうして東西南北の特殊性を知る。

北半球では、夏至というのは太陽が昇るとき、もっとも北側から顔を出す日だし、

冬至は逆にもっとも南側から顔を出す日だ。

同時に、夏至はもっとも影が短くなる日だし、冬至とはもっとも影が長くなる日だ。

http://allabout.co.jp/contents/secondlife_tag_c/worldheritage/CU...

id:tunajiro

ありがとうございました

2007/06/24 15:52:35

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません