縄文や弥生時代に古代人は手や足の爪を

切るときどのようにしていたのですか

回答の条件
  • URL必須
  • 1人1回まで
  • 登録:2007/06/24 15:58:57
  • 終了:2007/06/25 21:32:10

回答(2件)

id:MEI-ZA-YU No.1

MEI-ZA-YU回答回数4733ベストアンサー獲得回数7502007/06/24 17:09:34

ポイント35pt

おそらく爪切りはもちろんハサミもなかった時代は、

切るというより砂で磨いたり、やすり状の物にこすりつけて

手入れをしていたのではないでしょうか。

(下の記事は古代人のものではありませんが参考まで)

http://w3.bs-i.co.jp/dna/4_29/urawaza.html

>ヨーロッパでは、顔と同様に爪にもおしゃれをするのが貴婦人のたしなみ。

その当時は砂で爪を磨き、その後にレモンやアーモンドの油を塗って磨くのが

爪のために良いとされていました。

(中略)

砂は今で言うやすりの代わり、・・・・

id:miharaseihyou No.2

miharaseihyou回答回数4505ベストアンサー獲得回数5602007/06/24 20:45:38

ポイント35pt

鉄器の前は青銅器(と言うよりも殆どが石器で特権階級や貴重品として金属器)、その前は石器時代です。

http://www3.ctktv.ne.jp/~s-mode/

このような刃物のような形ですが意外に切れ味は良い。しかし爪切りには向いていないでしょう。

http://www3.ctktv.ne.jp/~s-mode/seisakujikkennmemo.htm

しかし切るのではなくて「削る」のであれば充分です。

http://www.gijyutu.com/ooki/kenngaku98-99/yasuri/yasuri.htm

ここに出てくるような「鑢」の原型があったのではないでしょうか。

石器の表面の付着物の成分分析といっても不可能に近く、証明できないのではありますが。

「軽石」などの多孔質の石材を割って岩の表面などで研磨して整形すれば「爪やすり」の機能を持つツールを自作できます。

実際に石器の整形用に繰り返し削る場所として使われた岩の一部が遺跡として残っています。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません