http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20070623/sp_ssd.html

この結果に納得がいかないのですが・・・i-RAMの書き込みがHDDより遅いってどういうことでしょうか。HDDのキャッシュがSRAMとかいうことでしょうか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/06/26 19:22:20
  • 終了:2007/06/27 09:33:27

回答(2件)

id:GEN111 No.1

GEN111回答回数472ベストアンサー獲得回数582007/06/26 19:31:19

ポイント35pt

すべて i-RAM が勝っていると思いますが……

単位が MB/s で 1秒間の読み書きの量ですから数値が大きいほど速いということです。

i-RAM

id:zaxx

ごめんなさい。本文ばかり見ていて表を見てませんでした。

2007/06/27 09:32:41
id:seble No.2

seble回答回数4675ベストアンサー獲得回数6162007/06/26 22:11:26

ポイント35pt

うわ、、、

単位を読み違えてるぜぃ

MB/sだから数字が大きいほど早いって事やね。

I-RAMの方がWD74ADFDより数割早いですね。

特にランダムが素晴らしいな。

倍から10倍近く早いじゃん。

http://end

id:zaxx

ごめんなさい。本文ばかり見ていて表を見てませんでした。

2007/06/27 09:33:05
  • id:studioes
    どこにもiRAMの方が低速という結果が見あたらないのですが・・・
  • id:miharaseihyou
    私は以前にメモリーブートについて調べたことがあります。意外かもしれませんが、順当な実験結果でしょう。問題はOSや言語、つまりソフトの大本そのものにあります。現在のパソコンの基本的な構成はHDDとメモリーを挟んでCPUが単純な回数勝負の作動を行って入力から出力を計算します。このHDDとメモリーの速度差を中和するために各種のキャッシュがあり、メインメモリーで纏めてアプリや呼び出したファイルなどを保存して随時読み込んでは結果を計算します。溢れた分はもう一度HDDに戻して保存し直します。これがページングファイルです。当然二度手間三度手間で速度も遅くなるし、電力も喰います。つまりHDDが非常に遅くて大容量であることを計算に入れて全てのシステムが構築されています。システムを最適化するには言語の構造からブリッジの構造、マザーボードの構造そのものまで調整する必要があります。そお言う意味ではVistaやMacも既に時代遅れのOSなのです。安価でエラーの少ない高速で大容量のメモリーが供給可能な時代なのに、遅くて故障の多いHDDをシステムの根幹に据えている。ハードの進化にソフトが付いて行っていないのです。残念ですが最短でももう数年は待たされるものと覚悟されることをお勧めします。
  • id:zaxx
    やっちまった・・・・
  • id:b-wind
    すでにもう分かってると思うけど記事中で触れられているのは、
    「SSDはHDDより書き込みが遅い」と言う事。
    SSD と iRAM は別物です。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません