httpdのソフトの全機能の説明をお願いします。

中学生レベルで。300pでどうでしょう?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/07/04 12:37:52
  • 終了:2007/07/11 12:40:04

回答(2件)

id:kn1967 No.1

kn1967回答回数2915ベストアンサー獲得回数3012007/07/05 01:46:08

ポイント60pt

■前説

(1)Text

文字が入っているだけのデータ

(文字の色や形、サイズなどの情報は一切無い)

  ↓

(2)HyperText

文字の色や形、大きさ、中央揃えや表組、図の挿入などといった文書の体裁(見た目)を整える事ができ、他の文書への関連付け(クリックするだけで他のページに切り替わったりする仕組み)なども備えるデータ

InternetではHTMLにて体裁を整えたものが主に用いられています。

※HTMLとはHyperText Markup Language(TextをHyperText化するために記述する言語)

他にもSGMLやXMLなどがあり、体裁を整えるためのCSSなども存在しますが現時点では話がややこしくなるので単語の紹介だけとします。

  ↓

(3)http(HyperText Transfer Protocol)

Transfer Protocol:通信規約

コンピュータ同士でHyperTextをやり取りするための手順などが決められてます。


■本題--httpdの役割

(4)httpd(HyperText Transfer Protocol deamon)

HyperText Transfer Protocol規約に則ってWebサーバー上に保管されているHyperText等を提供するためのプログラムを指します。

※deamon(翻訳するとすれば悪魔ではなく守護神)とは相手からの要求(httpdの場合はホームページを見せろという要求)にいつでも応えられるように常に動いているプログラムの事を指します。

  ↓

(5)CGI/ASP

httpdはCGI/ASPという仕組みで「データをPerlやphp、VBScriptといったスクリプト言語と呼ばれるものなどに渡して、出来上がったものを受け取って送りだす(単純に言うと『HTML文書をその場その場に合わせてプログラムで自動的に作ってしまう』)」という事を行えるような仕組みも備えています。

※その場その場で作ったページを『動的ページ』、あらかじめ造っておいたページを『静的ページ』と呼んだりします。

ページ単位ではなく全体として『動的WEB』と『静的WEB』と呼んだりもします。


■まとめ

httpdはhttpという通信規約に則って、要求されたページや画像などを返すという仕事をメインとしている。

CGI/ASPなどといった仕組みでダイナミック(動的)なページ作成もサポートしている。


■補足(おまけ)

※PostgreSQL、MySQLといったようなデータベース等との連携はCGI/ASPの仕組みを用いた間接的なものであり、httpdが直接関与するものではない。

(実際の利用にはPerlやphpといったものを用いる必要がある)

※動画は動画用の通信規約やサーバープログラムが別途存在する。


http://ja.wikipedia.org/wiki/Web%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%90

この程度の説明なら30ポイントってところかな・・・

後は他の方からの回答も加えて適宜補間していただければと思う。

id:minkpa No.2

minkpa回答回数4178ベストアンサー獲得回数552007/07/07 02:45:44

ポイント10pt

http://www.raidenhttpd.com/jp/features.html

こちらのサイトがわかりやすいと思います。

  • id:karasimiso
    >>kn1967
    スペル修正:"deamon" → "daemon"

    ところで、もしこれが「Apacheの全機能教えて」とかだったら、大変なことになってただろうなあ。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません