一時間という接触時間を決め、Aの男性は、1時間をまるまる使って一人の女性に会い、Bの男性は1時間という接触時間を4回に分けて会うという実験が行われたようで、


結果的に好印象を与えられたのは、Bの男性だったそうです。このことから、人は、接触時間よりも接触回数の多さによって、慣れや親しみを感じるという結論が出されたといわれているのですが、この実験を行った団体や媒体、もしくは、この実験結果がわかる情報ソースなどありましたら教えてください。こ

※ザイオンスが行った実験とはどうやら少し違うようです。。。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/07/09 22:29:02
  • 終了:2007/07/16 22:30:04

回答(2件)

id:kappagold No.2

kappagold回答回数2710ベストアンサー獲得回数2482007/07/10 09:33:45

ポイント35pt

ミシガン大学心理学科のスーザン・セガート博士の実験だとは思うのですが、元まではたどれませんでした。

http://ameblo.jp/t-u-chan/day-20050507.html

http://piggypiggy.humony.co.jp/d2006-12.html

http://goukonchimax.seesaa.net/article/5932715.html

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません