株に関して


------------------------
米国預託証券(ADR)の対原株比率変更に関するお知らせ

当社は、平成19年6月23日開催の第48期定時株主総会において20株を1株とする株式の併合を決議いたしましたが、それに伴い、本日開催の取締役会において、当社の米国預託証券(ADR: American Depositary Receipt)の対原株比率を下記のとおり変更することといたしましたので、お知らせいたします。



・ADR対原株比率変更の概要
  (1)従来の比率: 1ADR = 10原株
  (2)新比率: 2ADR = 1原株
  (3)変更実施日: 平成19年8月31日(米国東部時間)
------------------------

これは何を意味しますか?わかりやすく解説お願いします。
また、現在の株価にどのような影響を与えるでしょうか?極端に言うとあがりますか?さがりますか?どちらの可能性のほうが高いでしょうか?

お願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/07/19 14:55:40
  • 終了:2007/07/26 15:00:05

回答(2件)

id:ch3cook No.1

ch3cook回答回数112ベストアンサー獲得回数52007/07/19 16:24:52

ポイント35pt

もしかしてわかってるかもれませんが株式併合についてです。

http://www.nomura.co.jp/terms/japan/ka/kabu_heigo.html


まず株式の併合にあたって今までは

1ADR = 10原株で取引されていましたが

今回株式の併合にともない

20原株は1原株の価値になるわけです。

併合前 1ADR = 10原株 が20分の1の価値

よって 1ADR = 0・5原株

だから 2ADR = 1原株 となります


さて株価のほうですが

株式併合する場合は一般的に株の流動性が悪くなることを嫌って株価が下がることが多い気もしますが、ひとくくりには出来ません。というか株式併合するような状態の会社(はおそらく何らかの理由で株価が下って来ている為)に一般論は通じないでしょう。

何らかの理由というところは結構ミソです。


また今回の場合すでに6月23日に株式併合することが決まっていたとあるので別に株式併合自体は最新のニュースと言う訳ではないですね。これは株式併合にあたってアメリカのADRをどうするかという話なので一般的に株価に対する影響はほぼないはずです。

id:rrr3

ありがとうございます。

2007/07/20 14:55:24
id:gkkj No.2

gkkj回答回数115ベストアンサー獲得回数102007/07/19 15:48:24

ポイント35pt

ADRについては、とりあえずここ参照。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B1%B3%E5%9B%BD%E9%A0%90%E8%A8%9...

その会社はADRを使って米国の株式市場のどこかに上場しているわけですね。ADRは、アメリカから見ての外国株の、入れ物またはミニ株みたいなものと考えて下さい。

「1ADR = 10原株」は、その入れ物1個(ADR 1単位)にもともとの日本の株が何株入っているか、ということを示しています。

ここで、日本では「20株を1株とする株式の併合」があったので、日本では旧株20株が新株1株になります。

それにあわせて、入れ物に入っている原株も当然併合されます。すると、「2ADRに入っているのは旧原株20株」だったのが、「2ADRに入っているのは新原株1株」になります。

そこで、そのことをきちんと表示しているだけのことです。

ADRの比率の変更は、株価には中立です。ただし、日本で行われている株式併合のせいで、株価の変動があるかもしれません。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません