postfixにおいてバーチャルドメインのメールアカウントを作成したく下記の要領で作業をしたのですがうまくいきません。エラーログは

"fatal: unsupported dictionary type: hash"です。

/etc/postfix/virtual
に以下の記述を追加します。
---- ここから ----------------------------
yyy.net sub-domain
bbb@yyy.net bbb
bbb2@yyy.net bbb

zzz.biz sub-domain
ccc@zzz.biz ccc
---- ここまで ----------------------------
ファイルの編集が終わったら次のコマンドを実行します。
# postmap /etc/postfix/virtual
次にPostfixの設定ファイルmain.cfを開き、
以下の記述を追加します。
virtual_maps = hash:/etc/postfix/virtual
最後にPostfixを再起動します。
# /usr/sbin/postfix reload

回答の条件
  • URL必須
  • 1人10回まで
  • 登録:2007/07/21 01:25:05
  • 終了:2007/07/28 01:30:03

回答(7件)

id:onigirin No.1

onigirin回答回数327ベストアンサー獲得回数232007/07/21 07:35:29

ポイント19pt

ケースバイケースなことが多いので

ズバリこれで直るかはわかりませんが・・・。

http://blog.livedoor.jp/namazux/archives/50760610.html

id:kaji0245

エラーは出なくなったのですが送受信は未だダメです。

↓以下メーラーからのエラー

The original message was received at Sat, 21 Jul 2007 15:52:39 +0900 (JST)

from p1204-ipad08miyazaki.miyazaki.ocn.ne.jp [***.***.***.*]

----- The following addresses had permanent fatal errors -----

<info@******.com>

(reason: 554 5.7.1 <info@*****.com>: Relay access denied)

----- Transcript of session follows -----

... while talking to pc119.tv.:

>>> DATA

<<< 554 5.7.1 <info@*****.com>: Relay access denied

554 5.0.0 Service unavailable

<<< 554 5.5.1 Error: no valid recipients

2007/07/21 15:59:47
id:pyopyopyo No.2

pyopyopyo回答回数348ベストアンサー獲得回数862007/07/21 12:54:38

ポイント19pt
virtual_maps = hash:/etc/postfix/virtual

の部分を

virtual_maps = /etc/postfix/virtual

と書き換えれば動くと思います.

http://www.postfix-jp.info/trans-2.0/jhtml/postmap.1.html

id:kaji0245

エラーは出なくなったのですが送受信は未だダメです。

↓以下メーラーからのエラー

The original message was received at Sat, 21 Jul 2007 15:52:39 +0900 (JST)

from p1204-ipad08miyazaki.miyazaki.ocn.ne.jp [***.***.***.*]

----- The following addresses had permanent fatal errors -----

<info@******.com>

(reason: 554 5.7.1 <info@*****.com>: Relay access denied)

----- Transcript of session follows -----

... while talking to *****.com.:

>>> DATA

<<< 554 5.7.1 <info@*****.com>: Relay access denied

554 5.0.0 Service unavailable

<<< 554 5.5.1 Error: no valid recipients

2007/07/21 16:00:53
id:onigirin No.3

onigirin回答回数327ベストアンサー獲得回数232007/07/22 13:12:36

ポイント18pt

そのエラーから見ると、

不正メール中継をブロックしてるから、

送信できない、ということじゃないかと思います。

SMTP_AUTH使ってますか?

その場合は、メールソフト側でも設定しないと

うまく送受信できないです。

http://www.postfix-jp.info/ML/arc-2.1/msg00907.html


あとは、main.cfの設定を見直すといいと思います。

mydestination辺りなど。


設定ファイルを一から設置しなおすのもいいですよ。

ネットに書いてあること順に試しても

うまく動かないのが普通なので、

あちこち見て混乱するくらいなら、まずリセットしたほうがいいです。

そして、どこか自分の環境に近いところを見つけて、

その通りにします。

それで動かなければ、

「この環境で、このページの通りにしたが、こういうエラーが出た」と書くと、

問題点が他の人にもわかりやすいかもしれないですね。

回答が2回までなので、もう回答できませんが、頑張ってください。

id:kaji0245

http://www.papa-net.info/server/linux/fedora6/smtp.htm

上記サイトを見ながら設定したら下記のエラーメッセージです。

postfix: fatal: myorigin parameter setting must not contain multiple values: *****.ddo.jp inet_interfaces = all

2007/07/22 15:43:02
id:onigirin No.4

onigirin回答回数327ベストアンサー獲得回数232007/07/24 12:16:14

ポイント18pt

回答数が増えてますね。

myorigin と mydestination のところ、

変な記号とか入っていないかチェックしてみてください。

あと、メールの送信、とメールの受信、はわけて考えてみてください。

送信か受信、どちらかは可能かもしれません。


上記サイトで設定変更する箇所がいくつか載っていますが、

ドメイン名を適当に変更して、

変更した箇所の内容も載せて頂けると

なにかわかるかもしれません。

エラーが出たら、毎回それをつぶしていけば、

いつか全てなくなりますので、がんばってください。

http://hatena.ne.jp/

id:kaji0245

おかげさまでエラーは出なくなったのですが、メーラーがサーバーのメールボックスを拾いに行ってくれません。(ToT)

2007/07/24 13:08:37
id:onigirin No.5

onigirin回答回数327ベストアンサー獲得回数232007/07/24 14:41:04

ポイント18pt

どのようなエラーになりますか?

SMTP_AUTHを設定しているなら、

「セキュリティ」設定をしていないと「送信」はできないです。

アウトルックエクスプレスなら、

メールアカウントの設定で

「サーバー」タブにある「このサーバーは認証が必要」にチェックします。

そして「設定」で、

SMTP_AUTHで設定したパスとアカウントを書きます。

これで、送信準備ができます。


ちなみに、受信は、postfixじゃなく、受信用のソフトを入れないといけないと思います。

POPサーバ、というやつです。

先ほどのサイトの中でいうと、

http://www.papa-net.info/server/linux/fedora6/pop.htm

こちらですね。

これは「受信」するためのソフトです。

これで受信はできると思います。


「受信」と「送信」をわけて、

順に設定するといいかもしれませんね。

受信の方のソフトは、たぶんすぐ動くと思います。


しかしこのサイト、結構わかりやすくていいですねー。

id:kaji0245

アドバイスありがとうございます。

現状は受信もしない状態です。

下記サイトにてqpopperを設定しました。

http://www.gabacho-net.jp/tech-note/qpopper.html

以下main.cf(抜粋)↓

# The command_directory parameter specifies the location of all

# postXXX commands.

#

command_directory = /usr/sbin

# The daemon_directory parameter specifies the location of all Postfix

# daemon programs (i.e. programs listed in the master.cf file). This

# directory must be owned by root.

#

daemon_directory = /usr/libexec/postfix

# QUEUE AND PROCESS OWNERSHIP

#

# The mail_owner parameter specifies the owner of the Postfix queue

# and of most Postfix daemon processes. Specify the name of a user

# account THAT DOES NOT SHARE ITS USER OR GROUP ID WITH OTHER ACCOUNTS

# AND THAT OWNS NO OTHER FILES OR PROCESSES ON THE SYSTEM. In

# particular, don't specify nobody or daemon. PLEASE USE A DEDICATED

# USER.

# The default setting is 550 (reject mail) but it is safer to start

# with 450 (try again later) until you are certain that your

# local_recipient_maps settings are OK.

#

unknown_local_recipient_reject_code = 550

# TRUST AND RELAY CONTROL


# Specify "mynetworks_style = host" when Postfix should "trust"

# only the local machine.

#

#mynetworks_style = class

mynetworks_style = subnet

#mynetworks_style = host


# You can also specify the absolute pathname of a pattern file instead

# of listing the patterns here. Specify type:table for table-based lookups

# (the value on the table right-hand side is not used).

#

mynetworks = 202.171.148.49, 127.0.0.0/8

#mynetworks = $config_directory/mynetworks

#mynetworks = hash:/etc/postfix/network_table


# NOTE: Postfix will not automatically forward mail for domains that

# list this system as their primary or backup MX host. See the

# permit_mx_backup restriction description in postconf(5).

#

relay_domains = $mydestination

# INTERNET OR INTRANET


#

# If you change the alias database, run "postalias /etc/aliases" (or

# wherever your system stores the mail alias file), or simply run

# "newaliases" to build the necessary DBM or DB file.

#

# It will take a minute or so before changes become visible. Use

# "postfix reload" to eliminate the delay.

#

alias_maps = dbm:/etc/aliases

#alias_maps = hash:/etc/aliases

#alias_maps = hash:/etc/aliases, nis:mail.aliases

#alias_maps = netinfo:/aliases

# The alias_database parameter specifies the alias database(s) that

# are built with "newaliases" or "sendmail -bi". This is a separate

# configuration parameter, because alias_maps (see above) may specify

# tables that are not necessarily all under control by Postfix.

#

alias_database = dbm:/etc/aliases

#alias_database = dbm:/etc/mail/aliases

#alias_database = hash:/etc/aliases

#alias_database = hash:/etc/aliases, hash:/opt/majordomo/aliases

# ADDRESS EXTENSIONS (e.g., user+foo)

#

# The recipient_delimiter parameter specifies the separator between

# user names and address extensions (user+foo). See canonical(5),

# local(8), relocated(5) and virtual(5) for the effects this has on

# aliases, canonical, virtual, relocated and .forward file lookups.

# Basically, the software tries user+foo and .forward+foo before

# trying user and .forward.

#

#recipient_delimiter = +

# DELIVERY TO MAILBOX

#

# The home_mailbox parameter specifies the optional pathname of a

# mailbox file relative to a user's home directory. The default

# mailbox file is /var/spool/mail/user or /var/mail/user. Specify

# "Maildir/" for qmail-style delivery (the / is required).

#

home_mailbox = Mailbox

#home_mailbox = Maildir/

# The mail_spool_directory parameter specifies the directory where

# UNIX-style mailboxes are kept. The default setting depends on the

# system type.

#

mail_spool_directory = /var/mail

#mail_spool_directory = /var/spool/mail

# The mailbox_command parameter specifies the optional external

# command to use instead of mailbox delivery. The command is run as

# the recipient with proper HOME, SHELL and LOGNAME environment settings.

# Exception: delivery for root is done as $default_user.

#

#

# Specify a string of the form transport:nexthop, where transport is

# the name of a mail delivery transport defined in master.cf. The

# :nexthop part is optional. For more details see the sample transport

# configuration file.

#

# NOTE: if you use this feature for accounts not in the UNIX password

# file, then you must update the "local_recipient_maps" setting in

# the main.cf file, otherwise the SMTP server will reject mail for

# non-UNIX accounts with "User unknown in local recipient table".

#

#mailbox_transport = lmtp:unix:/file/name

#mailbox_transport = cyrus

# The fallback_transport specifies the optional transport in master.cf

# to use for recipients that are not found in the UNIX passwd database.

# This parameter has precedence over the luser_relay parameter.

#

# Specify a string of the form transport:nexthop, where transport is

# the name of a mail delivery transport defined in master.cf. The

# :nexthop part is optional. For more details see the sample transport

# configuration file.

#

# NOTE: if you use this feature for accounts not in the UNIX password

# file, then you must update the "local_recipient_maps" setting in

# the main.cf file, otherwise the SMTP server will reject mail for

# non-UNIX accounts with "User unknown in local recipient table".

#

#fallback_transport = lmtp:unix:/file/name

#fallback_transport = cyrus

#fallback_transport =

# The luser_relay parameter specifies an optional destination address

# for unknown recipients. By default, mail for unknown@$mydestination,

# unknown@[$inet_interfaces] or unknown@[$proxy_interfaces] is returned

# as undeliverable.

#

# The following expansions are done on luser_relay: $user (recipient

# username), $shell (recipient shell), $home (recipient home directory),

# $recipient (full recipient address), $extension (recipient address

# extension), $domain (recipient domain), $local (entire recipient

# localpart), $recipient_delimiter. Specify ${name?value} or

# ${name:value} to expand value only when $name does (does not) exist.

#

# luser_relay works only for the default Postfix local delivery agent.

#

# NOTE: if you use this feature for accounts not in the UNIX password

# file, then you must specify "local_recipient_maps =" (i.e. empty) in

# the main.cf file, otherwise the SMTP server will reject mail for

# non-UNIX accounts with "User unknown in local recipient table".

#

#luser_relay = $user@other.host

#luser_relay = $local@other.host

#luser_relay = admin+$local

# JUNK MAIL CONTROLS

#

# The controls listed here are only a very small subset. The file

# SMTPD_ACCESS_README provides an overview.

# The header_checks parameter specifies an optional table with patterns

# that each logical message header is matched against, including

# headers that span multiple physical lines.

#

# By default, these patterns also apply to MIME headers and to the

# headers of attached messages. With older Postfix versions, MIME and

# attached message headers were treated as body text.

#

# For details, see "man header_checks".

#

#header_checks = regexp:/etc/postfix/header_checks

# FAST ETRN SERVICE

#

# Postfix maintains per-destination logfiles with information about

# deferred mail, so that mail can be flushed quickly with the SMTP

# "ETRN domain.tld" command, or by executing "sendmail -qRdomain.tld".

# See the ETRN_README document for a detailed description.

#

# The fast_flush_domains parameter controls what destinations are

# eligible for this service. By default, they are all domains that

# this server is willing to relay mail to.

#

#fast_flush_domains = $relay_domains

# SHOW SOFTWARE VERSION OR NOT

#

# The smtpd_banner parameter specifies the text that follows the 220

# code in the SMTP server's greeting banner. Some people like to see

# the mail version advertised. By default, Postfix shows no version.

#

# You MUST specify $myhostname at the start of the text. That is an

# RFC requirement. Postfix itself does not care.

#

#smtpd_banner = $myhostname ESMTP $mail_name

#smtpd_banner = $myhostname ESMTP $mail_name ($mail_version)

# PARALLEL DELIVERY TO THE SAME DESTINATION

#

# How many parallel deliveries to the same user or domain? With local

# delivery, it does not make sense to do massively parallel delivery

# to the same user, because mailbox updates must happen sequentially,

# and expensive pipelines in .forward files can cause disasters when

# too many are run at the same time. With SMTP deliveries, 10

# simultaneous connections to the same domain could be sufficient to

# raise eyebrows.

#

# Each message delivery transport has its XXX_destination_concurrency_limit

# parameter. The default is $default_destination_concurrency_limit for

# most delivery transports. For the local delivery agent the default is 2.

#local_destination_concurrency_limit = 2

#default_destination_concurrency_limit = 20

# DEBUGGING CONTROL

#

# The debug_peer_level parameter specifies the increment in verbose

# logging level when an SMTP client or server host name or address

# matches a pattern in the debug_peer_list parameter.

#

debug_peer_level = 2

# The debug_peer_list parameter specifies an optional list of domain

# or network patterns, /file/name patterns or type:name tables. When

# an SMTP client or server host name or address matches a pattern,

# increase the verbose logging level by the amount specified in the

# debug_peer_level parameter.

#

#debug_peer_list = 127.0.0.1

#debug_peer_list = some.domain

# The debugger_command specifies the external command that is executed

# when a Postfix daemon program is run with the -D option.

#

# Use "command .. & sleep 5" so that the debugger can attach before

# the process marches on. If you use an X-based debugger, be sure to

# set up your XAUTHORITY environment variable before starting Postfix.

#

debugger_command =

PATH=/bin:/usr/bin:/usr/local/bin:/usr/X11R6/bin

xxgdb $daemon_directory/$process_name $process_id & sleep 5

# If you can't use X, use this to capture the call stack when a

# daemon crashes. The result is in a file in the configuration

# directory, and is named after the process name and the process ID.

#

# debugger_command =

# PATH=/bin:/usr/bin:/usr/local/bin; export PATH; (echo cont;

# echo where) | gdb $daemon_directory/$process_name $process_id 2>&1

# >$config_directory/$process_name.$process_id.log & sleep 5

#

# Another possibility is to run gdb under a detached screen session.

# To attach to the screen sesssion, su root and run "screen -r

# <id_string>" where <id_string> uniquely matches one of the detached

# sessions (from "screen -list").

#

# debugger_command =

# PATH=/bin:/usr/bin:/sbin:/usr/sbin; export PATH; screen

# -dmS $process_name gdb $daemon_directory/$process_name

# $process_id & sleep 1

# sendmail_path: The full pathname of the Postfix sendmail command.

# This is the Sendmail-compatible mail posting interface.

#

sendmail_path = /usr/lib/sendmail

# newaliases_path: The full pathname of the Postfix newaliases command.

# This is the Sendmail-compatible command to build alias databases.

#

newaliases_path = /usr/bin/newaliases

# mailq_path: The full pathname of the Postfix mailq command. This

# is the Sendmail-compatible mail queue listing command.

#

mailq_path = /usr/bin/mailq

# setgid_group: The group for mail submission and queue management

# commands. This must be a group name with a numerical group ID that

# is not shared with other accounts, not even with the Postfix account.

#

setgid_group = postdrop

# html_directory: The location of the Postfix HTML documentation.

#

html_directory = no

# manpage_directory: The location of the Postfix on-line manual pages.

#

manpage_directory = /usr/local/man

# sample_directory: The location of the Postfix sample configuration files.

# This parameter is obsolete as of Postfix 2.1.

#

sample_directory = /etc/postfix

# readme_directory: The location of the Postfix README files.

#

readme_directory = no

myhostname = solaris.hoge.ddo.jp

mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain, localhost, $mydomain

mydomain = hoge.ddo.jp

virtual_maps = dbm:/etc/postfix/virtual

virtual_alias_maps = dbm:/etc/postfix/virtual

#smtpd_sasl_auth_enable = yes

#broken_sasl_auth_clients = yes

#smtpd_recipient_restrictions = permit_sasl_authenticated,

# reject_unauth_destination

myorigin = $mydomain

inet_interfaces = all

2007/07/24 14:59:14
id:onigirin No.6

onigirin回答回数327ベストアンサー獲得回数232007/07/24 17:50:49

ポイント18pt

受信ができないというのは、

qpopperが正しく動作していないのかもしれないですね。

qpopperは使ったことがないのでわかりませんが、

まずは「受信」だけに絞ってみるといいかもしれません。

ドメインのメール用DNS設定などもみなしてみてください。


postfixのmain.cfは、

先ほどの設定を書いてあるサイトとは

少し違う設定にされていますね。

例えば

mynetworks_style = subnet

mynetworks = 202.171.148.49, 127.0.0.0/

辺りが違ったりしています。

これらの全ての設定を、

参考サイトと全く同じにしては動かないのでしょうか?

差し支えなければ、

初めから全く同じ設定で行なうとスッキリしますよ。


受信ができない、というのは

何か別の理由がある気もしますね。

起動し忘れていることもよくあります。


mail アカウント


で、メール作成できます。

http://www.k4.dion.ne.jp/~mms/unix/linux_com/mail.html

これで、そのサーバ内でメールの送信や受信のテストができます。

これが出来て、ソフトからできないなら、

不正リレー設定のミスなどが考えられます。


専用レンタルサーバーなら、

そのサーバー会社独特の仕様もあるので、

マニュアルやヘルプを見ることも解決につながります。

うちの場合は、

マニュアル通りに行い、

うまくいかなかったところを具体的に書いて送ると

サポートが教えてくれたりしました。


あとは、SMTP_AUTHの設定無しで設定してみるのもお勧めです。

この設定が無いとうまく設定できることもあります。

これが出来てから、SMTP_AUTHにチャレンジしてもいいと思いますよ。


他にも、 newaliase や postmap のコマンドを忘れていたり、

コマンドの場所を、main.cfに記載した場所と違ったりすることもあります。

また、main.cfも、2箇所にあることもあり、

違う方を編集しても反映されないことがあります。


一つ一つ、順にチェックしていってみてください。

環境がそれぞれなので、具体的になにとはわからないのですが、

まずは「受信」だけから始めると

解決の糸口が見つかるかもしれませんね。

id:kaji0245

下記のテストを行ったらroot@hoge.ddo.jpからメールがきました。ということはリレー関係のミスでしょうか?

mynetworks_style = subnet

mynetworks = 202.171.148.49, 127.0.0.0/

↑このあたりも変えて試してみます。

=====以下、引用文=====

http://www.k4.dion.ne.jp/~mms/unix/linux_com/mail.html

これで、そのサーバ内でメールの送信や受信のテストができます。

これが出来て、ソフトからできないなら、

不正リレー設定のミスなどが考えられます。

2007/07/25 00:51:37
id:onigirin No.7

onigirin回答回数327ベストアンサー獲得回数232007/07/25 12:59:52

ポイント10pt

mail tarou

でtarou@hoge.ddo.jp にメールが送れます。

これで、tarouのメールボックスに受信できていれば、

メール自体は動いていると思います。

だけど、メールソフトで送信できない、というときは、

不正リレー中継の設定ミスが考えられます。

あとは、メールソフト側の設定ミスです。

SMTP_AUTHという不正リレーを防ぐ仕組みを入れると

ややこしくなるのですが、

これを設定しないでpostfixの設定をすると、

とりあえず動くことが確かめられると思います。


不正リレーについての説明をいろいろ見ると、

設定ミスしていそうな項目が発見できるかもしれません。

「postfix smtp_auth」で検索すると、いろいろでてきます。

例えば、こちらのようなサイトです。

http://www.gside.org/Gentoo/postfix/smtp_auth.html

http://vine-linux.ddo.jp/linux/mail/smtpauth.php


環境によって微妙に設定値が違うのですが、

複数のサイトを見比べていると、

なんとなく「postfix」の設定項目の意味がつかめてきます。

先ほどのpostfixの設定サイトは現在何故かつながらないのですが、

一度別サイトの設定方法を見て比べてみるといいかもしれませんね。

だいたいのミスは、

mynetworksやmyorigin、mydestinationや、main.cfの最後に追記する部分などじゃないかと思います。

この辺りは「このドメインのメールをリレーする」というような設定のような感じなので、

ここがミスっていると、正常にリレーしてくれなくて、

全てカットされる、ということです。


postfixとsmtp_authでは自分も非常に悩まされましたが、

複数のサイトを何度も見比べて

設定を少しずつ修正していくと、動くようになりました。

それからは、postfixのエラーが出ても、

比較的スムーズに解決できるようになりました。

大変だと思いますが、がんばってください。

諦めなければ、必ず動きます。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません