女性の社会進出について貴方の考えを教えてください。

女性の社会進出は別に悪いとはおもわないのですが、職種により、男性と身体が別なのですから違えるべきだとおもいます。何でも男と同じではおかしいとおもうのですが。
表現により規定に抵触するかもしれませんが、よろしくお願いします。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 200 ptで終了
  • 登録:2007/07/22 21:01:42
  • 終了:2007/07/29 21:05:03

回答(38件)

ただいまのポイント : ポイント53 pt / 200 pt ツリー表示 | 新着順

女性相手のビジネスは女性がかんがえるべき。 rthuk2007/07/23 12:02:15

生理用品とか、女性向け雑誌、子育てに関するもの・・・

なるほど、消費情報というのはほとんど女性中心ですね。

本当は女性のほうが根性あるし、我慢強い。 rthuk2007/07/23 11:59:35

だって子供を出産するという大イベントが待ってるんですから。

これは男がケツの穴をひん剥いて首まで持ってくるような、途方ない痛さ、だそうです。

こんな痛さを乗り越えるのだから、女性のほうがよっぽど我慢強いですよ。

月に一回血を出さなきゃならないという試練もあるし。

たとえばプログラマー rthuk2007/07/23 11:54:35

女性は夜勤が昔できなかったはずですが、請負などになると関係なくなる。

工場などで夜勤をやらせるところはまだ少ないですね。

外資系とかやらせるところはあります。

生理などを考えた勤務体系になると自然そうなってしまう。

消費の大半は女性。 LABO2007/07/23 10:28:04

世の中に流通している商品の大半のユーザーは女性です。という事は、感覚的に女性思考のビジネスが多い中、職業の地位的に男性が多いのは、統計や遺伝子的なものもありますが,基本的に男性のほうが、熱意(仕事に対して)や思考、また責任感などをもっているように感じます。女性が世の中でリーダーシップを取るということは、意見や思想だけでなく、行動する。そしてその行動の結果の評価を男性と同じ目線で自分自身がみつめ直すことで、男性より、といったニュアンスではなく、平等という”感覚”をもてるのではないでしょうか?

能力の違いも考えるべきだと思ってます。 chocolon2007/07/23 09:32:18

女性の苦手分野って間違いなくあると思うし(当方女性)、逆に男性の苦手分野もあると思うのですよね。だから、女性と男性が同じようにすればいい、というのではなく、女性が現在多く活躍している職業の、商業的価値を上げる方向で考えればいいのに、と思っています。


たとえばの話なので、気にされる方があったら申し訳ないですが、事務のお仕事なんかは、派遣社員でまかなっていたり、社会的には「誰でも出来る仕事」みたいな感じがあると思うのですが、事務だって、適当にやるのとてきぱきこなすのとでは全く他の作業のスピードが変わってきますし、どの仕事内容も、きちんとこなして完璧に仕上げることが出来る人は評価する、ということにすればいいのに、と思います。


業種や職種によって、価値がある・なしではなく、どの業種・職種でも、その仕事を極められる人を評価する、という風にすれば、性別や個人の得手不得手で社会に認められづらい、ということが少なくなるのではないかなあ、とか。


社会で組織だって仕事をする以上、どのパートも欠けては成り立たないわけで、それぞれのパートの中で有能な人を評価する、という風になれば、結果として男女の差があっても、女性は女性の得意な分野で社会に進出できる、と思うのですが。現在、女性が得意な分野の仕事があまりその価値を認められていない、ということが女性の社会進出の妨げじゃないかと個人的に思います。

私も基本は個人判断と思います なぽりん2007/07/23 08:18:53

どんな仕事も収入と労力を交換しているので、「この職業に自分が就けばいい成績(収入)になる」と思えば人気の職業になるだろうし、「この職業だと自分には無理なので、いつか体や心をこわす」と思ったら回避するしかないでしょう。

ただ、女性(男性と読み替えてもいいですが)の大部分が「現在の状況では完遂することができない」と思うような仕事が仮にあるとして、社会(制度)の工夫で「やりたくない人が多い状況」が「やれると思う人も十分いる状況」に変えられるのであれば、変えたほうがいいと思います。

男性社員の大部分が育児をしたくないとすればそれはなぜか。

女性社員の大部分が残業をしたくないとすればそれはなぜか。

ほかに肉体労働でも金融窓口でも営業でも接待でも研究職でもいいのですが、世間を教育したり待遇を改善することで、候補者の人数は変えられるわけです。

結局は基本的には人それぞれの判断でしょう(その背景に教育とか文化による偏りなどもあり得るでしょう)。しかしその求人にとって都合のいい方向に偏ってる人もいる(そういうのは偏ってると呼ばないことが多いですが)のですから、周りがおまえは女だから(男だから)こう偏っててこういう仕事をしたいはずだとか決めつけなくてもよい。

人材が必要なのに、人気のない職業では、個々人が性別によってドウコウではなく、人として制度そのものに改善の余地があるのではないか?と思います。

例えば、力仕事とかね Yumiko2007/07/23 01:12:59

自分は♀です。 仕事を始めて20年以上が経ちました。

 

私の思いとしては、職種により違うと思いますね。 でもそれは

他の人がどうこう言う事ではなく本人が判断する事だと思います。

本人が納得していれば、どうでもいいのではないでしょうか?

男とか女とか、そんな事だけで単純に分けては欲しくないと思います。

向き不向きって言うのかな、そう言うのはあると思います。

それだって、性別は関係なく本人次第だと思いますけれども。

 

ただ例えば力仕事とかは、基本的に女は男に負けますよね。

工夫すれば、そこそこはできますけれども。

でもそれだって、やりたい女性は居る訳ですよ。

だったらさせればいいじゃないと思いますけれどもね。

  

言いたいのは、回りが決めなくてもいいのではないかと。

どうでしょうか?

 

では

難しい問題ですよね……。 filinion2007/07/23 01:08:10

私も、どうあるべきなのか、色々悩んでいるところなんですが……。(ちなみに男性、未婚です)

知的な能力に関して言えば、男女で大きな差があるとは思えない(あるとしても、個人間の差に比べれば誤差範囲)ので、採用・昇進は男女で機会均等で問題ないと思います。

 

育児支援については、むしろ男女が共同で関わるべき問題と思います。

ですから、育児施設の充実は男性にとっても重要なもので、女性の社会進出とは無関係でしょう(トイレの赤ちゃんホルダー、男性トイレにもありますよね?)。

 

女子更衣室、女子トイレ等の整備はむしろ当然でしょう。

トイレが片方しかないって、それはどんな発展途上国ですか(差別発言)。

自衛隊にすら女子更衣室があるのに。(差別発言)

 

一番問題なのは、体力とか、生理休暇・妊娠出産の面でしょうね……。

 

男性は産休をとらないし、産休が組織にとってマイナスになるのは否めない。

国庫から補助金を出すとしても、大きな目で見れば国の経済にとってマイナスになります。

 

だから、純粋に経済効率だけ考えると、そういう女性特有の休暇はマイナス要素として査定して、普段それを補って余りある働きを見せない限り、男性と同等とは見なさない、という話になります。

 

ただ、それも理不尽な話だよなー、という気もします。

 

結局、私たちの社会は新しい世代が生まれてくること前提で成立しているわけで。

女性が勝手に産んでるわけじゃなくて、それは社会全体のためになっていると思います。

 

ですから、受益者負担の原則からすると、妊娠出産休暇に伴う経済的損失、というのは、みんなが共同で負うべきコストなんじゃないか、と思います。

 

平たく言えば、産休も認めろと。

 

筋力は……、明らかにないですよねえ……。

個人差を超えて性差がありますね。

 

知的能力と違って、同じ条件でテストしたら、女性の方が不利になるのは否めない。

かと言って、「女性も半数雇用すること」とか法律で決めたら、効率が悪くて仕方ない。

 

でも、難しいところなんですが……。

私は、ある程度は、女性に配慮した条件で採用・昇進を決めてもいいんではないかな、と考えています。

 

抽象的な話で恐縮ですが、経済って、結局人間を幸福にしなきゃ意味のないものですし。

経済効率優先で、高齢者福祉打ち切り(姥捨て山!)とか、あり得ないですよね?

だから、経済を多少犠牲にしても、女性(人類の半数)の福祉を考えることには意義がある、と、私は思います。

 

あと、思うんですけど、男性の不利な点を補うような制度も導入されるべきだと思います。

現状だと、確かに「女にばかり甘い」って言われるのもうなずけるし。

具体的に何が、って言われると難しいんですけど……。

男性は年金の支払いを軽減するとか? (寿命短いから)

具体的には? threecloudjp2007/07/23 01:03:42

>職種により、男性と身体が別なのですから違えるべきだとおもいます。何でも男と同じではおかしいとおもうのですが。

具体的に、どのような場面で「これは果たして男女同じにするべきものなの?」と感じられたのでしょうか。

わたしも「性差」という側面での男女の能力の差異を見る話には興味がありますので、よければお聞かせください。

平等にというのなら powdersnow2007/07/22 23:39:03

「男のくせに」「自分は女だから」等の言葉は絶対に使わないようにするべきだし、セクハラと同じレベルで取り締まるべき。

いや実際の所 TomCat2007/07/22 22:57:14

たしかに最近は、へえー、こんな所にまで女性が、と思うことはよくありますが、たとえば女性が建設現場でユンボを動かしていてもそれは農家のお母ちゃんがトラクターに乗っているのと大差はありませんし、女性がバスや電車の運転士をしていることも、特に驚くには値しません。

 

実際問題として、いくらなんでもこんな職業に女性が就くなんて常識的に考えられない、なのにそんな領域にまで女性の進出が目立つ、これはゆゆしき問題だ、といった現象が起きているのでしょうか。

 

そのへんも含めて、私は、ご質問の趣旨には多分に誤解が含まれているのではないかと思うのですが・・・・。どんなもんでしょう。

たとえば、「甘い顔」とは ただたらい2007/07/22 22:40:45

どのようなことを考えておられますか?

たとえば、当方が最初に出したような配慮もその中に含まれているのでしょうか。

出生率減少の問題を含めて考えるべきだとおもいますが。 rthuk2007/07/22 22:25:37

女性にばかり甘い顔をしていいものかという問題があります。

少し違うとおもいますが。 rthuk2007/07/22 22:23:54

能力が無くても挑戦する機会は与えましょう、という意味だとおもいますが。(そのうち能力が上がってくるということで。)

私のいっていることは rthuk2007/07/22 22:19:23

<雇用機会均等の本義じゃないでしょうか。

雇用機会均等法だけの狭義だけではありません。もっと広く、扱ってください。

いつも投稿ありがとうございます。

女性であるがゆえの「障害」を取り除くということ TomCat2007/07/22 21:52:11

女性の社会進出とは、男の仕事を女がやる、というのとはちょっと違いますよ。

 

女性であるがゆえに賃金が低く抑えられるとか、昇進に不利な扱いを受けるとか、家事に縛られて仕事に打ち込めないとか、出産育児の際に退職を余儀なくされるとか再就職が困難であるとかといった障害を取り除く結果もたらされるのが「女性の社会進出」ということであって、職種については、当然それぞれの個性によって向き不向きがあるわけですから、それを一義的に性別で突っぱねないで、各自の個性による選択に任せるということが雇用機会均等の本義じゃないでしょうか。

あくまでも機会の平等ね NY5052007/07/22 21:42:46

なんでも同じではなく機会を平等にすべきですね。女性が皆、男性と同じということではなく、女性の中でも男性と同じように仕事がしたく、それだけの能力がある人にはきちんと機会を与えましょうということです。

最低限の配慮は必要&地域や会社ぐるみでバックアップを ただたらい2007/07/22 21:22:11

必要に応じて、トイレや更衣室を性別ごとにしたり、休憩室(授乳室)を作ったり、保育園をつくったり、という配慮は必要だと思います。

とはいえ、「子どもが熱を…」と早退、遅刻、休暇、欠勤が続いたり、いざ!という時に産休・育休に入って、ピンチヒッターがきて(くればよいがこないときもある)、また最初から教えないといけなかったり、おはちが回ってきたりするのものも、ショージキ、考えてしまうことはあります。

そういうときに、会社や地域ぐるみでバックアップできる組織であればよいのですが、今のところ、個人の責任におっかぶされているように思います。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません