東京大学工学部広報室の内田です。皆さんの「工学」に対するイメージをぜひ教えてください。その際、男女、年代、文系理系出身、職業など併記を可能であればお願いできれば幸いです。日本全国の「工学離れ」に対する参考にさせていただきたいと思っております。

例えば
・泥臭い
・理学との違いがわからない
・夢がある
・工学といえばロボット
などなど、気軽なご意見お待ちしております。
http://d.hatena.ne.jp/ut-tlounge/

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/07/27 12:58:42
  • 終了:2007/08/03 13:00:06

回答(18件)

id:triton2007 No.1

triton2007回答回数45ベストアンサー獲得回数12007/07/27 13:45:35

ポイント13pt

そうですね。工学のイメージと言うと、

・”工”という字が”工場”を連想させ、泥臭い、油まみれ、

  地道、そして単調な組立てやラインのイメージ。

・文系=口八丁手八丁で、濡れ手で粟、これに対して、

 理系=手堅い、地道、暗い、儲からない

・工学の中には、機械、電気、化学とあるが、

 機械は工場そのままのイメージ、電気はエレクトロニクス=最先端、化学は石油コンビナート、油まみれなどのイメージで、

辛うじて電気(電子、通信含む)がいいイメージかな?

・理系の人間=暗い、文系の人間=明るい、面白い

・理系は給料安い、文系は給料高い

って感じでしょうか。

理系には是非、頑張ってもらいたいものです。

その対策として、理系と文系の相対的な収入の差を縮小することが求められるでしょう。

 商社、銀行、その他の文系の会社の給料は高すぎです。

税金の優遇、住宅ローンの理系優遇、賃貸住宅の理系補助等色々新味のある策を考えてほしいものです。

文部科学省はなず科学文部省でないのか?和魂洋才の流れでしょうか。

技術立国である日本人の意識をそういうところから変えないとね。

東大も自ら科学文部省と変えるよう働きかけて欲しいものです。

まずは理Ⅰ、文Ⅰとかやめて、例えば理文ⅠからⅥまでにして

理Ⅰから理文Ⅰに割り当てていったら如何ですか。

性別=男

年代=40歳代

理系出身

職業=弁理士

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%90%86%E7%B3%BB

id:ut-tlounge

>trion2007さん

ご丁寧な回答ありがとうございます!

弁理士とはまさに文理の間の仕事をされているわけですね。

おっしゃるとおり、工学に限らず文理の収入の差は歴然たるものがあります。これだと将来に対する夢がなくなりますよね……。しかも「工」だと油まみれ。ううううう。

>例えば理文ⅠからⅥまでにして

それは面白いですよね。

今度から、各科類から文理を超えた学部に進学できるように枠を広げるようになったようです。

このような試みがうまく働くといいな、と一職員としては願っております。

2007/07/27 13:55:40
id:takejin No.2

たけじん回答回数1480ベストアンサー獲得回数1922007/07/27 14:14:45

ポイント13pt

http://www.kagakukyozaisha.co.jp/profile.html

模型飛行機を飛ばすのが好きな人→工学系

模型飛行機を飛ばしている脇でぶつぶつ言っている人→理学系

飛んでいる模型飛行機を子供と追いかけている人→文系

と、思ってたけど最近は少々違ってきているかな。

最近、自分で工夫して物作ってる人少ないでしょ。近頃の模型飛行機は、組み立てるとすぐ飛んでしまうから、工学系の人が育たない。

工学は、工夫する学問ですから。

工夫すると飛ぶ、回る、操れるという感覚が磨かれると、工学が輝きだすと思います。そんな場に小さいときから接しているとよいのですが。

40代、男性、理系(工学関係出身)

id:ut-tlounge

>takejinさん

わ、まさに工学系出身の方ですか。

ご回答ありがとうございます!

模型飛行機の例えは思わず画面の前でにやりとしてしいまいました。

ついでに言うと「模型飛行機を作るのが好きな人」も私の中の工学のイメージかもしれません。

>最近、自分で工夫して物作ってる人少ないでしょ。

おっしゃるとおりで……。

昔、ラジオなど分解して遊んでいた子が工学系に行ったと思うのですが、今は何か分解してもブラックボックス化している。

「工夫する学問」ってフレーズも良いですね。

工学を輝かせるのはtakejinさんおっしゃるとおり、小さいときからが大事なのでしょうね。

2007/07/27 14:22:25
id:felix2007 No.3

felix2007回答回数600ベストアンサー獲得回数42007/07/27 14:13:08

id:ut-tlounge

felix2007さん

リンク先のwikipediaの記事、

工学部にいるものとしては好意的に読めて嬉しい限りです(楽天的過ぎじゃダメですが)。私のイメージとしても「社会と接点」がある、というのがひとつにあります。

2007/07/27 14:26:17
id:james323 No.4

james323回答回数48ベストアンサー獲得回数02007/07/27 15:21:49

ポイント13pt

イメージとしては

・物は技術的にすごいと思う

・作るの大変そう

・専門的(工業高校とかに入らないと無理そう)

・NHKで夜中なんかに放送しているロボットの大会

・派手じゃない、控えめ

・単調

・CMが目立てない(メディアに大々的に出ない)

・既に出来上がっている

すでに技術が出来上がっていそうなので、それを習得するのが目的になっている気がします。

だから黙々と作業をしているイメージがあります。

工学の技術を売るにしても、既に決まった流通経路があって他の分野との関わりが少なそう。

女、21歳、文系、大学生

id:ut-tlounge

>james323さん

文系女子大生の方からのご回答!

確かに単調で派手じゃない、しかも地味~なイメージあるんでしょうね。

高校からずーっと理系できた私には新鮮なイメージでした。ありがとうございます。

でも実は、工学って文系との関わりが大きい分野なんですよ~(と思うのは、身内だから?)。

2007/07/27 15:36:10
id:a0003119 No.5

a0003119回答回数245ベストアンサー獲得回数12007/07/27 17:11:20

ポイント13pt

「工学」に対するイメージ

人間的生活を投げ捨てて、明け方まで研究室に篭って研究と「格闘」している体育会系の汗臭い学問

男、20代、文系(京都大出身)

 大学時代に垣間見た工学系の人々の生態が、強く印象に残っているのて、こういうイメージになってしまいます。

id:ut-tlounge

>a0003119さん

>人間的生活を投げ捨てて

うわああああ、イタイところを(笑)。

確かに、卒論前、学会前などは明け方まで必死になっていました。とはいえ、それも良い思い出になっているのは「のど元過ぎ去った」せいでしょうか(たぶんそう)?

>大学時代に垣間見た

「イカキョウ」と呼ばれるのは基本的に理系の人がほとんど、なんて話を耳にしたことがあります。

2007/07/27 22:31:26
id:HARU_in_sheep No.6

HARU_in_sheep回答回数202ベストアンサー獲得回数32007/07/27 17:22:30

ポイント13pt

実名と職業を公表されてのご質問は珍しいですね。その思い切ったなさり方が理系の人って感じです。

工学といえば「物を作ること」に関する学問全てを指しますよね。それこそ、ごみ処理からエネルギー工学、果ては宇宙工学まで。「遺伝子工学」「生体工学」の分野は「工学」なのか「医学」「生物学」なのか、私には判別が難しいです。

工学、と聞いて始めに思い浮かぶのは「機械工学」でしょうか。旋盤で鉄を削っているイメージです。もしくはその旋盤を作っているとか。

次は「建築」ですね。かの東大出身のアイドル、何ていいましたっけ? まあ、その人の卒論がコンクリートに関することで、確か工学部出身だったように思います。

その次は「情報工学」でしょう。よく耳にする言葉です。しかし、ソフトウエアを作ることに関する学問なのかな? と想像するだけで、具体的に何をしているのか、さっぱり分かりません。

私に関していえば、小さい頃はバリバリの理系でした。小学生の頃に、苦労して小さなモートルを手作りしたこともあります。勉強も数学と理科だけは好きでした。でも、教師に恵まれず、教師を嫌うあまり理科も数学も嫌いになってしまいました。今ではかなり後悔しています。ですから、理系・工学と聞くと、何やら楽しそうな、それでいて苦い昔を思い出すような感覚になります。

40歳、法学部出身、職業は秘密。

id:ut-tlounge

>HARU_in_sheepさん

仰るとおり、「物を作ること」全般に関わっています。だから歴史的には「学問」とみなされないときもありました。

理学と工学は連携している、切り離せない、と思っていて、お互いが両輪となって発展していくのが良い形、なのでしょう。だから「判別が難しい」のもごもっともで、「あれ、これって理学に近い?」って工学部の研究もあるし、逆もあるし。

>「機械工学」でしょうか。旋盤で鉄を削っているイメージです

おー、そんな重厚なイメージですか! 私はかつて「機械工学」=「(昔の)秋葉原の電気街」というイメージがありました。工学部にいたくせに貧困ですが……。

>教師に恵まれず、教師を嫌うあまり理科も数学も嫌いになってしまいました

残念ですね……モートル手作りまでしたお子さんだったのに〜。以前、ほぼ日刊イトイ新聞のほうで「なぜ理系が苦手になったのですか」という連載をしたことがあるのですが、先生がきっかけで嫌いになった、という方が多かったのにびっくりしました。

2007/07/27 23:43:21
id:unknownmelodies No.7

unknownmelodies回答回数227ベストアンサー獲得回数42007/07/27 19:29:00

ポイント13pt

男、30代、文系出身、職業は秘密です。

工学というと、学生がいいアイデアを考えても、指導教官から「それは産業化できないから駄目」とか「それは今やっていることと直接関係あるの?(脇にそれるな)」とかと言われてしまいそうな印象を持っています。

勿論、世の中(特に産業の世界)に役立てる立派な学問だと思うのですが、何か「範囲を狭めようとする」学問という印象を持っています。以上、勝手な憶測です。

id:ut-tlounge

>unknownmelodiesさん

なるほどー、そんな指導教官がいるイメージですか(笑)。むしろ、直接産業に結びつくことをやろうとするというよりも、産業の土台となることを目指している……って感じでしょうか。産業界と大学の役割は違うものなんですが、お互いを意識しつつ、協力しつつ……ってのが良いのかなあというのが私の勝手な意見です。

>それは今やっていることと直接関係あるの?(脇にそれるな)

これ、どんな分野でも、どんな大学でもあるかもしれないような話ですね……。

2007/07/27 23:49:25
id:fuku33 No.8

fuku33回答回数1ベストアンサー獲得回数02007/07/27 20:41:48

ポイント13pt

男、三十代前半、文系、大学教員(経営学)です。

私自身の工学に対するイメージは、「社会に役立つものをいろんな分野で知識を獲得しながら地道に作り上げていらっしゃる、手堅く泥臭い専門家の方々の知識体系」という印象があります。何人か東大工学部のOBのエンジニアの方を存じ上げていますが、みなさん自分の手がけられているお仕事に対して誠実で、真摯に問題解決に向き合っていらっしゃるので、こと能力や知識だけではなく、工学者の人格識見・人柄に対しても、いくらか良いイメージを持っています。この点は、貴学部でなにか人格教育も重視されていらっしゃるのでしょうか。感心させられています。

しかし自分が教えている文系の大学学部生(経営学、社会学系)の学生たちの「工学」へのイメージは、あまりにも自分たちから縁遠い、遥かに仰ぎ見るような優秀な理系の専門家たちの魔術的な営みであって、とても理解できるようなものではなさそうだ、という恐怖感のようなものがあるように思います。これは実際に彼らと話していて切実に感じますが、どうも近年のこの傾向は、一時期の「プロジェクトX」や「ガイアの夜明け」などのマスメディアによる「製造業礼賛」のあまりの迫力の反動ではないか、と思います。確かに高度な専門知識を駆使されていらっしゃることは事実と思いますが、それが強調されるあまりに工学プロパーでない異分野の、特に文系の分野から見て工学があまりに縁遠く見えて、興味が湧きにくくなっているとしたら、残念なことですし、将来に工学が社会から理解を得るための障害になるのではないか、と少し怖れます。

id:ut-tlounge

>fuku33さん

現役の経営学の先生ですか! 工学部も経営学の手法を取り入れた学際的なことをたくさんできると楽しいでしょうね。

>人格識見・人柄

わわわ、それはfukuさんがたまたまご存じの方がそうだっただけだったりして。でも嬉しいです。ただ、真面目であることは確かかも。あと、理学部を選ぶ人と工学部を選ぶ人では確かに多少キャラが違う印象はあります。理学部の方は学究肌の方が多い、というイメージがあります。あと、産業界と接点を持つ教員が多いので、そんな先生方の背中が世間との接点になっている可能性もあるかも(単なる私の想像ですが)。

現役の経営学・社会学系の学生さんたちのイメージ、非常に参考になります。そして

>マスメディアによる「製造業礼賛」のあまりの迫力の反動

これは思いもつきませんでした。確かにそう感じる方がいてもおかしくない。

魔術的な営みとなってしまうのは、やはり「内容」がわからないからなんでしょうね。しかも何かよくわからないのに褒め称えている……となると、余計そっぽを向いてしまうのかも。

2007/07/27 23:58:38
id:chlorite No.9

chlorite回答回数185ベストアンサー獲得回数42007/07/27 21:59:42

ポイント13pt

三十代女性、理系研究者(地球科学)です。私自身は理学系出身なのですが、工学系の方と一緒に仕事をしています。

工学系の方はおしなべて頭の回転が速く、動きに無駄がなくて、自分にとっての最適解をよく知っている気がします。

やや特殊な環境なのでご参考となるかわかりませんが、「工学」についてのイメージを思いつくままに述べると、

・社会に貢献する技術を生み出すことが第一目標

・人類の未来に対してものすごく夢がある

・成果がわかりやすい形で出てくるので社会的な評価が得やすい

・業界全体が理学に比べてお金持ち(企業との共同研究が一般的)

・なぜかおっさんばっかり(とある工学系の学会に出たら本当におっさんばっかりでびっくりしました。若手と女性がぜんぜんいなかった)

というかんじです。

また思いついたら書きます。

id:ut-tlounge

>chloriteさん

私が憧れていてもなれなかった理系研究者……どうかこれからも応援しております! 

chioriteさんの工学への「良い印象」を伺えてちょっと嬉しかったり。私たちの世代までは確かに

>人類の未来に対してものすごく夢がある

これがあったのですが、ここ10年の大学進学者の割合を見ていると、寂しくなります。理学は横ばい、工学は半減! 

>なぜかおっさんばっかり

ううっ。やはり女性は少ないですねえ。少なくとも、私がいた当時の理学部と工学部の女子の割合は、後者の方が少なかったです。これも寂しい状況です。

2007/07/28 00:04:53
id:sokyo No.10

sokyo回答回数1371ベストアンサー獲得回数942007/07/27 22:49:02

ポイント13pt

こんばんは☆

 

ぱっと思いついたのはロボコンでした。合ってます??

全体的に、マシンを扱うエンジニア系のイメージが浮かびますね。

それから、

すべてがFになる (バーズコミックススペシャル)

すべてがFになる (バーズコミックススペシャル)

  • 作者: 森 博嗣
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • メディア: コミック

これにでてくる犀川助教授の印象がぴったりします。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%e7%8a%80%e5%b7%9d%e5%89%b5%e5%b9%b...

ヘビースモーカで、コーラとコーヒーを好む。ビリヤードを除き人並みにできるスポーツはない。嫌いなものはあんこときな粉、西瓜。テレビを見ず、新聞を読まない。

普段から研究室のドアは開けっ放し、サンダル履き、パソコンもログインしっ放しというズボラな性格である。車を買う際にも最初に薦められた一台に決めてしまうなど、物事にあまり頓着しないが、物を数えるのが癖だったり、時間に正確という面もある。

私の工学に持つイメージ全体もこんな感じです。

 

私は20代♂文系?の大学生です。

id:ut-tlounge

>sokyoさん

森博嗣さん、確か工学出身じゃなかったかしら? 犀川助教授、の設定だと「理学部出身」とかでもおかしくないような(笑)。実際の工学部の先生はこの犀川助教授のような方もいれば、一見文系の先生のような方もいます。分野にもよるのかしら?

パソコンログインしっぱなし、ずぼら……というのは私もそうなので「あいたたた」です。

2007/07/28 00:11:16
id:miharaseihyou No.11

miharaseihyou回答回数4523ベストアンサー獲得回数5662007/07/28 00:14:24

ポイント13pt

私自身は現場の何でも屋で、マニュアルの器具や手持ちの電動工具で作れるものは鉄工、木工、塩ビのアイテムなど何でも作ってきました。

工学のイメージはスケールが比較的小さな機械です。それも精密機器ではなくて、冗長系を併せ持った人間大ぐらいの機器を中心に考えています。産業用ロボットのイメージですね。あまり大きくなりすぎたり小さくなりすぎたりするとイメージから外れます。カラクリ細工の現代版といったところでしょうか。メンテや修理が大変で、もろに3K。その割には値切り倒される分野が多いというイメージもあります。

id:ut-tlounge

まさに「ばりばり現場」のご意見、ありがとうございます!

工学系出身なのですが、呆れるほど手先が不器用な私でして……学生実験のガラス細工でも苦心した覚えがあります(←ここでも適正がわかるってものです)

なるほど、スケールが「ほどほど」のイメージなんですね。私が中学高校の頃想像していたのは宇宙コロニーとか巨大なものでした。

>メンテや修理が大変で、もろに3K。その割には値切り倒される分野が多い

必須の方々が3Kの現場で、値切りされるという現状はなんとかしたい、そうしなければ工学(というか社会全体)の未来もどうにもならないでしょうね。

2007/07/29 07:16:02
id:pure21 No.12

春日回答回数1ベストアンサー獲得回数02007/07/28 00:16:04

ポイント13pt

何かものを作るというイメージです。

技術でやるようなことをするのかなという感じです。

工学部で思いつく学科は建築くらいでしょうか。

ふだん工学部の人と関わることがないので、人のイメージというのは分かりません。

工学といえば、高専ですかね。

どちらかと言うと実用的で、便利にするために試行錯誤を重ねるのが工学なのかなと思います。

まったく知らないのですが・・・

学生 女 文系(社会学系)

id:ut-tlounge

工学部のイメージは建築が強いんですね。

本学部のルーツも実は建築から始まっていますし、出身の菊川怜さんも建築出身ですし(あれ、これは関係ないか)。

工学部の人と普段接点のないpure21さんから「実用」というイメージが生まれてくるのは少し嬉しい私です。

2007/07/29 07:22:35
id:simply No.13

simply回答回数123ベストアンサー獲得回数52007/07/28 20:47:40

ポイント13pt

工学のイメージというと、地道、小さなことの積み重ね、という感じです。私は文系(文学関係)出身、30代、女です。


以前の職場で工学部出身の方が2人いました。ひとりは機械工学でだいたい同じ年齢、もうひとりは、なに工学だったのかわかりませんが15~20歳くらい年上です。私とは課が違っていたので実はあまりよく存じ上げないのですが、イメージとして強く覚えているのは:

・他人に説明するときに図(概念図、フローチャートのようなもの)を書いてくれるので話がわかりやすい

・図を書けないときは話がわかりにくい(「全体の仕組み」の説明から入り、個別の点も話が具体的で細かい)

・手先がとても器用(コピー機などのややこしい紙詰まりが瞬時に解決)

・趣味はそれぞれ手品(忘年会で見せていただきました)、写真(「F値」などの用語を教わりました)

・なぜかマグカップを、給湯室の棚ではなく、自分の机の上に伏せて置いたまま帰る

・共用スペースのちょっとした備品(筆記用具、はさみなど)の管理に気を使うわりに、通りすがりに私の机からペンを持っていったまま返してくれないことが何度か


あと、大学生のときに1対1の塾で講師のバイトをしていたのですが、工学部に進んだ学生さんは、英語の「構文」を教えると並べ替え英作文はすぐにできるようになって、法則性を見るのが得意でした。一方で「何で三人称単数にsがつくんだ」など、自分に納得できない点を持ち出しては「英語の成績がイマイチ」なことを正当化する傾向もありました。ただこれは工学だから、ということではないのかもしれません(それほど数を知らないのでなんともいえません)。


以上が、たまたま接したことのある人の印象です。ちょっとステレオタイプのようになってしまいましたがご容赦ください。

id:ut-tlounge

いえ、このようなステレオタイプのようなご回答も大歓迎です。「○○のイメージ」というのは、身近な人の存在から形成されるものですから。

図を描いた方が理解しやすい、法則性を知ると納得しやすい、というのは理系全般に多い傾向かもしれませんね。あとはコピー機などの紙詰まりを解決してくれるような手先の器用さは羨ましい……(笑)。

にしても、マグカップのエピソードは笑えます。なぜだ? しかも人のペンには無頓着なのもなんなのだ??

2007/07/29 07:19:53
id:blu-sky No.14

blu-sky回答回数9ベストアンサー獲得回数02007/07/30 00:55:40

ポイント13pt

文系出身、ITエンジニア、30代、男です。

正直、理系は理学・工学などすべていっしょくたにした

イメージしか持っていませんが、そのイメージでいうと、

・まじめ

・基本的に頭が良く、すごく頭の良い人も多い

・理路整然としている(文系のような曖昧さが無い、これをいいと感じるかどうかが理文の分かれ目?)

・人間的に??な人が多そう

・「最終的には人間が大事だ」と考える文系に対し、「理論・理屈が大事だ」と考えてる人が多そう

・日本の発展を支えてきた真の原動力だが、その割りに冷遇されてきた

私自身ITの世界にいて理系の人たちの頭の良さに舌を巻いているクチです。

そして理系はより報われるべきであり、文系的な“ワザ”を身につければ

(能力的には問題なく可能だと思います)もっと活躍できるとも考えています。

id:ut-tlounge

>blu-skyさん

確かに、工学にかかわらず、理系の人は理屈っぽくて理路整然としていますね。まさに

>「最終的には人間が大事だ」と考える文系に対し、「理論・理屈が大事だ」と考えてる人が多そう

そういう人が少なくないことは否めません(と、あいまいな答え方をしてみる!)。

ただ「頭の良さ」という点では、理系分野のような学問は「わかりやすく頭が良く見える」のに対し、文系のほうは判断が難しいですよね。私は学生時代、文系の人との付き合いが多く、彼らの能力の高さに圧倒されていたので(単に、私自身の能力の低さの問題もあるでしょうが。うう)、そんなことも思います。

確かに、理系(工学に限らず)の人たちは、自分のやっていることをうまくアピールするワザを身につけて、コストパフォーマンスの低い状態から脱しないと!

2007/07/30 09:09:40
id:tomatosoup123 No.15

tomatosoup123回答回数21ベストアンサー獲得回数42007/07/30 17:47:48

ポイント12pt

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2822858.html

私自身は

http://q.hatena.ne.jp/1183734530

の質問をしております。

文系30代2人の子供を持つ母です

母親としては、技術屋で地方工場勤務ってのは、

ストレス溜まらなくて良さそうだなとは思いますけどね。

都内で、暑い中、営業職として、外回りさせられるより。

id:ut-tlounge

tomatosoup123さん

ご回答ありがとうございます。私も二人の男の子がいます。

>母親としては、技術屋で地方工場勤務ってのは、

>ストレス溜まらなくて良さそうだなとは思いますけどね。

「母親として」となるとまた難しいですね(笑)。っていうかやっぱり本人が好きなことをやってくれれば~と思います。

技術屋さんの現場っておそらく過酷だと思います。そして、暑い中営業職で外回りも過酷だと思います。どっちも大変だけどどちらが自分に向いているかな、って考えてくれたらとは思います。

ストレスたまらなそうで……という印象は新鮮でした。私の中では「技術屋さん=夜遅くまで働きづめで、しかも同年代の銀行勤務や士(サムライ)業に比べると薄給」という、これまた勝手な理系側からのイメージがあります(笑)。でも、中には「好きな科学技術に朝から晩まで浸かっていて幸せ~」という人も少なくないかもしれませんね。

2007/07/30 18:04:16
id:rikuzai No.16

りくっち回答回数1366ベストアンサー獲得回数1412007/07/31 15:30:45

ポイント12pt

30代女性 どっちかと言うと文系の事務職です。


工学にも色々あるけどぱっと言われて何人かの知人の顔が浮かぶので、

その人たちの共通イメージを。


  • 技術屋なのに案外手先が不器用。
  • 比較的意思決定が早い。
  • でも描いたルートからはずれると悩む・へこむ。
  • よくわからないけどカップラーメン大好き(なぜなんだ)。というか食べるための時間を惜しむ。
  • 集中力がある。
  • 何かに例えて話をするのが好き。
  • 男性は女性にシャイ。女性は男前。


と、こんな感じです。

かなり母集団が偏ってるような…。

id:ut-tlounge

rikuzaiさん

確かに母集団偏っているかもしれないけど、母集団大きくしてもあてはまりそうなものもちらほら……(なんて書いたら当事者に怒られてしまうかしら! あくまでイメージの話ですから、ね)

描いたルートからはずれると悩む、ってのはわかる気がしますね。理系全般って言ったら失礼かな。「なんで理屈どおりにことがすすまないんだ~」って。まあ、年をとればとるほど現実を知ることになるのですが。

カップラーメン好き……(笑)。研究室で不健康な生活をしていたからかしら?

男性が女性にシャイなのは、接する人数が少ないから仕方ないのかもしれませんね。

2007/08/01 16:35:28
id:judas_pain No.17

judas_pain回答回数8ベストアンサー獲得回数12007/07/31 18:00:23

ポイント12pt

男性/30代/工科大学卒/電気機器エンジニア(ハード)

それぞれの違いを実務レベルで考えると、

文系

 → 主に 交渉事/文書作成/企画/提案/管理

   いわゆる間接業務 というものが主になる。

 間接業務:実際に製品を作るわけではなく、

      その商品に対し間接的に関わる

理系

 → 先端技術の研究

   物理系ならば   理論の数式化・明文化

   自然科学系ならば 観察・観測

   化学系ならば   実験♪

  これらを論文に纏め基礎理論とする。

工学

 →基礎理論を元に 実用可能なブツを造る。

  この時、理学と大きく異なるのは

  実際に作成するに当たり、 金銭が絡んでくるために

  これを踏まえた上で 実現可能なブツを実際に造ること。

  また、現物は誤差が生じるので、これを踏まえた上で

  ブツを造る。

といったところでしょうか。

工学系の人は

技術だけではなく、お金の交渉をすることもありますし、

ただひたすらモノいじりをしているわけでもありませんので

ネクラというわけではありません。(それではやっていけません。

でも、デスクワークだけでもないので、多少の体力も必要。

時には危険な場所への立ち入りもアリ♪(これが、結構楽しいときもアリ

特徴といえば

 お疲れ気味? な感じを醸し出している人が多い♪

 話すとき、 話の組立と結論を求める。

   +関西人の場合 オチを求めますw

 ある程度の成果が出ないのにグダグダで終わるのが嫌

 人間性 より 理論(+定量的な成果 を重視 

・・・自分で書いていて嫌な人に思えてきました。

追記:前の回答に対してのちょっとした 一言。

理系は給料安い

 →学校で学んだだけではモノにならないのである程度の経験が必要

  ”一発当てる”事が難しい分 安いと言えるかも知れません。

明け方まで~

 →納期が迫ってどうしようもなくなるとそんなこともありますが

  夜中まで、ということで勘弁してください♪


へビースモーカ、コーラ、コーヒー → 多いけど、最近減少中

                    メタボが心配みたい

人並みにできるスポーツはない。  → 意外とスポーツ馬鹿が多い

嫌いなものはあんこときな粉、西瓜 → 甘党と超酒好きがいる

テレビを見ず、新聞を読まない   → 日にち感覚がない割には

                   ニュースに敏感

普段から研究室のドアは開けっ放し → むしろ閉めっぱなし

サンダル履き           → 多い

パソコンもログインしっ放し    → 常使うから仕方ない

ズボラな性格           → 割と几帳面 

                     でも 机はきちゃない。

車を買う際~           → 分野によるがかなりのコダワリ

時間に正確            → 2極化してます。

地方の工場委勤務~

 →緑の中に立っていますが 窓閉めっぱな+ブラインドカーテンなので

  全然和みません。(苦笑

  通常車通勤になりますが 退社時間は夜ですので

  自然を感じません。(周辺に民家がない場合だと、ただ暗いだけ)

  外に出る機会があればいいのですが 工場内を右往左往するので

  ストレスは・・・どちらが大きいんでしょうかね?

id:ut-tlounge

>judas_painさん

私は企業づとめをしたことがないのでわからないのですが、メーカーさんの「役割分担」からイメージを抽出する、ってのは面白いですね。なるほど~です。

>工学系の人は

>技術だけではなく、お金の交渉をすることもあります

ですね。おっしゃるとおり、お金の交渉とかお金持ってくるためのプレゼントとかうまい人を回りに多く見かけた気がします。

>話すとき、 話の組立と結論を求める。

>+関西人の場合 オチを求めますw

オチまで求められたら厳しいわあ。

話の組み立てだけでも苦手なのに~。

これまでの皆さんに対するお答えもありがとうございます。

理系と文系の生涯賃金の違い、なんてよく話題になりますが~~あれもさびしい話ですねえ。

>地方の中の工場勤務

先日、別の仕事で某メーカーさんに取材に行きましたが、田んぼの中にあるところでした。話していたエンジニアさんたちはすごく大変かつ楽しそうでしたが、ひょっとしたら普段は「窓閉めっぱなし、昼夜の感覚なくなる」だったりして。

割と几帳面、でも机は~って、なんだかわかります。私の知り合いでは「凝るけれどもマメじゃない」って人、多かったような。自分も含めて。

2007/08/01 16:45:48
id:nsoto No.18

soto回答回数1ベストアンサー獲得回数02007/08/02 20:54:27

ポイント12pt

女、30代、文系(行動科学)、主婦です。

総合大学にいたので、工学部在籍の友人がおり、また工学部出身のキョウダイがいます。

そのわずかな経験からのイメージ(偏見?)ですので、その点、ご容赦ください。「気軽に回答」してみます、笑。

「工学」に対するイメージ

  • 実用第一

肯定的側面:すぐに使える技術、応用性が高い研究を重んじる。

社会的な貢献度が高い。

否定的側面:実用性が低いものは、あまり評価されない。

技術が社会に与えるインパクト、特にネガティブな影響を与える可能性もある技術であっても、価値判断はせずに、とりあえず推進。

  • 職人

特定の個人の技能にささえられる技術も多い。かっこいい。しかし、それがネジだったり、板金加工だったりするものだから、言われるまで気づかない。いったんわかれば、すごいと感動することばかり(山根一眞氏の「メタルカラーの時代」とか、ああなつかしい)。ただこれは、工学とは別の「技」かもしれない。

  • 企業との連携が密(過ぎる?)

論文の催促が教授からではなく、共同研究している企業担当者から入る!と焦っていた友人も。それだけ実社会での「工業」の活性度を如実に反映しやすい学部なのかも。

  • 研究にお金がかかる(相対的に)

実験などもなにかしらの設備、機器を必要とするものが多く、文系などに比べ、相対的にお金がかかる。

「工学部」に対するイメージ

  • やたら人が多い

少なくとも私が学生の頃は「絶対数」においては工学部の学生は多かったです。あれだけ定員が多いのだから、定員割れもむべなるかな、という気がしないでもないです。校舎が増築に増築を重ねて、棟と棟とのつながりが複雑になり、ラビリンスと呼ばれていました、笑。

  • やたら男性が多い

というか女性が少ない。しかたない。いかんともしがたい。サークルにでも入ってがんばっていただきたい(何を、笑?)。

  • やたら研究室が多い

研究内容によって、かなり細分化されていて、しかもたらたらと長い講座名だけではなにを研究しているのか、さっぱりわからない(これはどこの学部も似たりよったりかもしれません)。入学してから、ああそういうことだったの、ってモチベーションを落とす人も。

  • やたら就職活動が楽

積極的に就職活動をしなくても、日系企業で、えり好みをしなければ、リクルーター(別名人買い、笑)がやってきて、なんとなく就職できる(これはその時期によってかなり違うと思いますが、文系においては、そんなことはどの時期にも起きない……)。それが当人にとって幸せだったかは、また別問題ですが。

  • やたら研究室に住む

多かったですね。このテの友人。自宅でできる実験ではないから、理解できるんですけど。

id:ut-tlounge

>nsotoさん

お気軽な回答、大歓迎です!

っていうか「イメージ」って少ない身の回りの人から作られるものですものね。

行動科学は理系だと思っておりました……(と、バカさぶりを晒してるし)。

確かに、工学は企業との連携が密ですね。

>論文の催促が教授からではなく、共同研究している企業担当者から入る!と焦っていた友人

わわわ、それは大変だ! あとでおっしゃっている通り、オカネもかかるので、スポンサーには頭が上がらないのかもしれません。

あと、技術は生活を便利にもしますが、一方で悪影響を及ぼすことも事実ですね。このあたりは大事な話です。

「人が多い」「男性が多い」には笑ってしまいました。本学も一番人数が多いのは工学部です。そしておそらく女子率が低いのもそうなのかな?(ちょっとデータがわからないのですが)私よりもずいぶん前に卒業された先輩によると、かつては女子トイレがなくて男子トイレの一角に設けられていたとか……ひい。

>日系企業で、えり好みをしなければ

あ、これもありましたね。私のときは第2次ベビーブームで同年代が一番多くて、バブルはじけたあとの不景気だったのにもかかわらず、だったのに。確かに文系の友人は頑張っていました。

「研究室に住む」も(笑)。ほんとは条例(?)で禁じられているらしいと最近知りました。今の学生さんたちはどうしているんでしょう。

2007/08/03 08:38:59
  • id:takejin
    工学の人って、「社会に貢献する」とか、「みんなの役に立ちたい」とかって、さらっと言ってのけるんですよ。
    それから、共通の目標に共感できるというか・・・
    「アトムを作りたい。」「ガンダムを実用化したい。」
    とかって、工学系特有かも知れません。
    海外なら、「エンタープライズ号を絶対飛ばす。」かな。
    手塚漫画の中に入れる人って工学系。
  • id:ut-tlounge
    >takejinさん

    >「社会に貢献する」とか、「みんなの役に立ちたい」とかって、
    >さらっと言ってのけるんですよ

    やっている人たちは「そのつもり」なんですよね。
    実際、実用にはほど遠くても、いつか、いつか、と(笑)。
    ちなみに私は中高時代にガンダムやナイトライダーにあこがれて、理系(そして工学)に進んだクチです。
  • id:seble
    遺伝子工学だってありますからね。
    全然油まみれじゃないですね。
    コンピューターだって工学ですよね?
    (ソフトウェアは別?)
    例の青色レーザーの4千億(でしたっけ?)特許だって
    工学でしょ?
    プラスイメージなんて探せばいくらでも~
  • id:takejin
    いつか、いつかって言って、HONDAの人たち、走るアシモを作っちゃいましたよ。これって、すごいことなんだけど、なんか分かりにくい。
    ・・・・工学の成果って、どうすごいかが分かりにくいところに問題あるのかも。原理の発見じゃないから。それに、あまり個人を特定できないのも、派手さが小さい原因かも。基本的にチームで取り組むから。

  • id:ut-tlounge
    >sebleさん

    おっしゃるとおり遺伝子工学は油っぽくない!
    一応、コンピュータあたりも「情報工学」という分野で扱っています。バーチャルリアリティに取り組んでいるところも。

    >青色レーザー
    sebleさんのように「いいところ探し」をしてくださる方が広報担当としては涙が出ます~ありがとうございます!←自分で考えろ、と。

    >takejinさん
    走るアシモ……確かに、最初聞いたときは「まさか」でしたね。
    立つロボットが誕生したときもびっくりでしたが。

    >どうすごいか分かりにくい
    ほんとにほんとに。その専門の方でしたら「なるほどねー」でしょうが、私も化学出身のため、他の分野は「?」だらけで日々勉強中です。

    >個人を特定できない
    特に、企業とかになるとチームプレーのイメージがあります。
    (企業のことはそれこそ私がよくわからないのですが)
  • id:takejin
    私も化け屋です。光学関係の企業にいますが、
    いまだにガラスを作る原理が分かっていない。
    でも、工学的には必要なスペックのガラスが作れる。
    工学って、ここんとこだと思ってます。
    また、服のデザイナーっているでしょ。でも、パタンナーって人たちがいないと、実際の服にならない。同じように、理学の人たち、文系の大枠を作る人たちの考えを「具体化する」のが、工学の人たちでしょう。
    工学がいないと、絵に描いた餅なんですよね。
  • id:kyokusen
    34歳、男、三流私立理工学部卒の理学士で現在調理師見習いです。
    工学は実学であり、直接人の役に立つ学問だと考えます。もちろん理学にしても工学にしても、理論追求型の所と実務追求型の所があるとは思いますが、工学はむしろ『理屈はともかく、やってみて、できるようにしてしまおう』という所が多いのかなぁ、とも。その反面、高等数学を駆使しての解析やシミュレーションを繰り返す緻密な面もありますよね。

     工学は、数学と根性、でしょうか?
  • id:ut-tlounge
    >takejinさん

    同じく化学の方でしたか!(私の場合は化学に従事しているとはとてもとても言えませんが〜)。

    >工学的には必要なスペックのガラスが作れる

    分野によってはマニュアル化できない「職人技」のような側面もありますよね。モノ作りですし。私が学生時代経験したのは「分析化学」なのですが、あの分野も最先端の機器を扱うとなるとその人の「上手さ」が如実に出てしまう!

    >工学がいないと、絵に描いた餅
    理学、文系、……すべてがあって、それぞれ成りたつものなのでしょう、きっと。
    工学の楽しさはのひとつは「具体化」できること、でしょうね。
  • id:fuku33
    書き添え忘れました。この質問への回答に関しては、どうかはてなポイントはご無用に願います。自分がお世話になっている貴学部出身のエンジニアの方々へのご恩返しに少しでもなれば、と回答したつもりですので。今後とも皆様のご活躍を祈っております。
  • id:ut-tlounge
    >kyokusenさん
    お返事遅くなってしまってすみません。理系出身の調理師!
    実は私はもともと「家庭科学総合研究所(カソウケン)」という活動をしておりまして、家事を科学の視点で解読する、なんてことを目指しております。
    ぜひkyokusenさんのような方からアドバイスが頂けたら嬉しい限りです。
    ……なんて本筋から逸れてしまってすみません!

    >できるようにしてしまおう
    この「できるようにしてしまおう」「便利に改良してみよう」と子どもの頃から思っていたような子が工学に行く、ということもありますね。
    そして、仰るとおり、シミュレーションを繰り返しているような分野もあります。
    今の職場に来て思うのは「幅が広くて、懐が深い分野だ」ということ、でした。学生時代にはわからなかった意外なことです。

    >fuku33さん
    お気持ちは非常に、非常に有り難いのですが、どうかそんな水くさいことは仰らないで下さいませ〜。fuku33さんのご活躍もこちらから祈っております!
  • id:miharaseihyou
    ut-tlougeさんへ
    例の310tの破損したクレーンは良く考えれば機械工学の産物ですね。ジョイントの破損だから、フレームまでいってればちょっとしたことになるなあ。値切り倒されはしないでしょうけど厳しい作業になるでしょうねえ。調査も平行して行いながら善後策の策定と、場合によっては全体の作り変えどころか廃炉まであり得ると分かっている人がどのくらいいるか・・・。工学ってやっぱり一般には理解されていませんね。
  • id:ut-tlounge
    >miharaseihyouさん

    >機械工学の産物
    おっしゃるとおりです。なんといっても「想定の二倍」の震度ですから。現場の人は手を抜いて作ったわけではないでしょうから(たぶん)胃が痛い話でしょう。
    それに、原子力工学、しいてはご指摘の通り廃炉となってしまうとエネルギー問題にもかかわるし、風評被害などの二次災害も考えると……ただ「機械」だけの問題にとどまらず、幅広い分野で考えなくてはならないものになるでしょうね。
  • id:takejin
    できるようにしてしまおう。っていうのは、わかります。
    というより、できるはずだ、やってみよう。が多いですね。
    だって、誰かが作ったんでしょ、何とかなりますよ。(といって時計を修理しようとして壊す。)
    >ガラス細工
    をを、懐かしい。職人のような学生がいましたよ、先輩で。ガラスで、バネなんで作ってました。私は怪しげな人形を・・・ははは。
  • id:tomatosoup123
    tomatosoup123 2007/07/30 20:40:21
    質問の真意がよく分からないのですが、
    文面通りの受け取り方だと、
    日本全国の「工学離れ」に対する参考にさせていただきたいと思っております。
    と言うことなら、素人にもわかり易く、MITまで、わざわざ行かなくても、日本で充分研究できますよという宣伝を、大学側が広く(オヤジ向けビジネス雑誌、父親向けお受験教育雑誌)などに根気強く広告打つべきでしょうね。大学全入時代、週刊朝日7月月27日号(全国649高校の進学調査でわかった!トップ高校の現役生徒が海外名門大に続々進学!?)なんて、下世話な記事を読んでる親は、その手も有りだと気が付くでしょう。苦学生なんて言葉は皆無、子供の教育にお金を掛けなければならない時に、大学の費用を払うのは親ですから、この業界、学問分野は、先が無いってのは、その時々の情報で、結構左右されると思いますし、何らかの誘導があるのは、否めないですね。
    ストレスたまらなそうで……という印象は新鮮でした。私の中では「技術屋さん=夜遅くまで働きづめで、しかも同年代の銀行勤務や士(サムライ)業に比べると薄給」という、これまた勝手な理系側からのイメージがあります(笑)。と、書かれているように、所詮、親なんてのは、自分が所属テリトリーの職業しか、アドバイスできないんですから。(大学の就職課にも派遣で勤めてたことがあるんです)
  • id:ut-tlounge
    >takejinさん

    >だって、誰かが作ったんでしょ、何とかなりますよ
    そこで時計を分解するところに「工学魂」みたいのを感じます。
    私は叩いてなおそうとするタイプです(理系出身とは思えない!)。

    ガラス細工でバネって、恐ろしいまでの技術ですね。
    怪しげな人形も同じくすごすぎです。
    私は、ガラス管にキズをつけてぱきっと割るだけでも「ひー」と怖がっていたくらいなのに!

    >tomatosoup123さん
    >質問の真意がよく分からない
    まず何よりも先に、いろいろな分野の方の意識を伺いたかったんです。
    何かの対策を立てる前には必須だと個人的には思うので……。

    >トップ高校の現役生徒が海外名門大に続々進学
    これはあくまで私自身の意見であり、大学を代表するモノではないと予めお断りしておきますが、海外名門大に魅力を感じてそちらに進学したい、と思うのは悪いことではなのではないでしょうか。オヤジ雑誌に掲載して「日本でも研究できますよ」なんてことをアピールするのではなく、大学自体が魅力的な授業・演習・研究の場を提供する、研究者自身が魅力的な研究をする、そして広報室としてはそれらをできる限りわかりやすく伝える、というのが付け焼き刃ではない大学のすべきことのような気がします。

    >所詮、親なんてのは、自分が所属テリトリーの職業しか、アドバイスできない
    仰るとおりです。
    そして私の場合、無責任な親なので「勝手に好きな道を選んでね、知っている範囲でしかアドバイスできないし」というのが基本になりそうです。
  • id:miharaseihyou
    ut-tloungeさんへ
    「好きな科学技術に朝から晩まで浸かっていて幸せ~」という人はいません。現場はそんなに甘くはありません。上から下から締め付けられて、頑張ってノルマをこなすのが精一杯・・・というのが普通です。そうでないのはお役所や学校ぐらいでしょう。だからこそ基準監督署に頑張って欲しいような現場が多いのです。お役所仕事の週休二日が冷笑の対象となるのも十分な理由があるということを理解して欲しいと思います。
  • id:ut-tlounge
    >miharaseihyouさん

    「現場はそんなに甘くない」は仰るとおりなんでしょうね。私は特に理系のメーカーの現実を知らなすぎるのでしょう。ご指摘ありがとうございます。

    ただ「そうでないのはお役所や学校ぐらい」というのも違うと思うんですよね(今回の質問の意図とはずれますが、私が伺いたかった「イメージ」の一つでもあります)。文系の先生は違うようですが、理系の大学の先生は激務です。いくら仕事してもしたりない、という様子が見受けられます。そして、先日某教育組合に呼ばれて講演をしてきましたが、そこの小学校の先生との雑談で「夏休みなんて2〜3日とれれば御の字」みたいなことを仰っていました(これは、熱心でない先生とそうでない「安定志向」の方とは違うとは思いますが)
    また、お役所も私の知っている官僚になった友人たちは、これまた恐ろしいほどの激務でした。「時給換算したら高校生のときやっていたマ○クのバイト代の方が高かった……」と。地方の公務員の方とかの現実はわからないのですが。

    また、まったくmiharaseihyouさんとは関係ないことで申し訳ないのですが、私の知っている人でこんな理系の人がいました。父親が教授で、その反発でおそらくメーカー就職したのでしょう(大企業です)。でも、ことあるごとに「大学の先生は好きなことをやってれば良いけど、企業はそうはいかない」とルサンチマン的発言をしていました……端で聞いていて格好の良いモノではなかったです。確かに、産業界は目標があって、結果を出すことを求められているから厳しい、というのはわかります。でも、そんなこと毎度毎度言ってるくらいだったら自分も大学とか公的機関で研究する道を選べば良かったのに、って思っちゃいます。それに大学の先生だって「好きなことばかり」しているわけじゃありませんしね。それはほとんどの仕事に言えることですが。
  • id:tomatosoup123
    tomatosoup123 2007/08/01 14:53:27
    この質問で、何か、大学側へ提出する、レポートなり、プレゼンの材料は見つかりましたか?
    >>また、お役所も私の知っている官僚になった友人たちは、これまた恐ろしいほどの激務でした。「時給換算したら高校生のときやっていたマ○クのバイト代の方が高かった……」と。地方の公務員の方とかの現実はわからないのですがとは、その、お知り合いの官僚の方は、超過勤務手当て出ていないのですか?官僚なのに。
  • id:ut-tlounge
    >tomatosoup123さん

    いやー、この頂いた質問に対するご回答の数々は、貴重な最初の一歩ですから! これを丸投げするだけで受け入れられるなんてことはどこでもありえないのでは~。

    >超過勤務手当て
    私が学部出たばかりの頃の話ですからね……。あの当時は「官僚だからこそもらえない」って感じだったのかも、なんて勝手に予想します。今でこそ、超過勤務に対する手当てなどあるかもしれませんが(転職してしまった友人が多いので、現在のことはわからないです、すみません)。

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません