CPUの性能の差は現実的にはどの程度なのでしょうか?


主にノートパソコンに使われているCPUの性能の具体的な数値での差を知りたいと思います。

新品のノートPCでも未だにセレロンだったりします。これは5年くらい前からそれほど変わっていないような気がしています。

実はほとんどの人はそれで足りるってことだと思うんですが、どのくらいの差があるものなのか気になります。

セレロンとcore duo2で2倍以上の差があるのでしょうか?

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/08/03 01:33:59
  • 終了:2007/08/04 20:07:06

回答(6件)

id:KUROX No.1

KUROX回答回数3542ベストアンサー獲得回数1402007/08/03 02:09:32

ポイント19pt

http://okwave.jp/qa2550063.html

いろいろ探したのですが、昔みたいに

CPUのベンチマークがありませんでした。

大体の感覚で、上記URLの数値は妥当です。

--------------------------------------------------

http://home.att.ne.jp/red/sr20dett/Works/cpu01.html

このあたりとか読んでも良いかと思いますが、疲れるだけかも

しれません。実際私は途中で読むのやめました。

--------------------------------------------------

>セレロンとcore duo2で2倍以上の差があるのでしょうか?

5年前だとセレロンのクロック数は、300~500Hzですが

今だとcore duo2でないセレロンでもクロック数が2000Hz(2GHz)

は余裕であります。

純粋なCPUの計算能力はクロック数に比例しますので、この例

でも2倍はあると思います。(体感できるかどうかは別)。

core duo2ですが、ご存知のとおりデュアルコアなので

CPUが2つ乗っているのと同じです。

で、予想ではシングルコアの同クロックよりも1.2~1.4倍位は

理論上計算速度が違います。

この回答(引用先も含め)は、あくまでCPUの計算速度に関して

のみ述べています。

OSやHDDのI/O速度、メモリーの速度と容量、グラフィック性能

によって体感速度が変わってきます。

何かありましたら、コメント欄に書いていただければ、

私がわかる範囲でコメント欄に返事させていただきます。

この回答は、質問の意図から微妙にずれてるとは思います。

すいません(^^;

ほかの人がわかりやすく説明してくれるとは思いますが・・・。

id:dingding

ありがとうございます。

確かに計算上は2倍以上あるでしょうが、体感はせいぜい1.5倍くらいがいいところなのかなと予想しています。

デュアルコアのCPUはデスクトップでは使っていますが、そんなに早いと言う気もしませんし、ノートが遅い気もしません。

HDDやメモリの方がよっぽど体感に影響がありそうな気がしています。

2007/08/03 03:19:24
id:Pocha No.2

Pocha回答回数109ベストアンサー獲得回数12007/08/03 03:03:32

ポイント19pt

 重要なのはブランド名ではなく、使われているコアと実際の動作クロックです。

 くれぐれもブランド名に騙されないようにして下さい。例えば、MicrosoftのWindowsはもうかれこれ20年ぐらい前から存在します。でも、今のWindowsVistaと昔のそれとは全然違います。

 例えば同じ"Pentium"という名前であっても、よく見るとPentium"II"だったり、Pentium"4"だったりします。また、表に出ている名称が完全に同一であっても、使われているコアは様々です。


 単純に言って、性能は18~24ヶ月、つまり1年半から2年で倍になりますので(ムーアの法則より)、5年経てば5、6倍程度の性能差になっています。

 また、CeleronとCore 2 Duoとの比較と言うことは同じ時期のCPUでも異ランクのCPUでの比較と言うことになります。異なるCPUですので特徴が異なりますし、動作クロックが分からないのでなんとも言えませんが、2倍どころか軽く考えても数倍の差、場合によっては10倍以上あるでしょう。なんたって安いCeleronなら数千円、高いCore 2 Duoなら、10万円とかするわけですし。5年前のCeleronなら今となってはチロルチョコぐらいの値段じゃないんでしょうか?なんたってある日突然CPUの値段が半額になったりする上にそのイベントは年に何回もあるわけですからねぇ…。

 古いCore 2 Duoというものはありませんが、比較しているCeleronが"5年前"のCeleronなのであれば、その差はもはや雲泥の差と言えるでしょう。

 もしもCeleronは今も使われているんだからむかーしむかーしのCeleron搭載のPCでも「ほとんどの人はそれで足りる」よね?ということであればそれは大きな間違いだと言えるでしょう。

 それに論題から外れますが、PCの性能というものはCPUだけで決まるものではありません。メモリやHDD、ビデオチップなどによっても左右されます。それらもCPUと同様に日進月歩で性能は上がってますし、同一時期でもランクによって性能は相当違います。

 また、同様に使用するソフトの方も日々より処理も重いものが登場していっています。例えばWindowsVISTAなんてOSを動かすだけでも相当なPCスペックを要求します。5年前のCeleronPCではインストールがそもそも出来ないでしょう。

id:dingding

確かに重いソフトが増えてきて、それに対応しようとするとスペックも必要にはなってきますね。

たとえば、現時点で最新のPCに入っているセレロンとCore2Duoででも数倍の差があるものなのでしょうか?

2007/08/03 03:22:27
id:kyou59 No.3

kyou59回答回数1ベストアンサー獲得回数02007/08/03 03:41:42

ポイント18pt

クロック周波数あたりの処理性を

Pentium4を1とした場合、

Cerelonで0.7

Core2Duoで1.5以上

ぐらいになるという話を聞いたことがあります。

両方とも2GHzだとすると、

CerelonでPentium4の1.4GHz相当

Core2DuoでPentium4の3.0GHz相当以上

ということになります。

なので、性能差は2倍以上ということになります。

id:dingding

ありがとうございます。

2007/08/03 04:10:47
id:Afrodita No.4

Afrodita回答回数101ベストアンサー獲得回数82007/08/03 08:50:13

ポイント18pt

CPUの性能と体感の違いには以下のものがあると思います。

①CPUの負荷

 例えば、500MのCPUでも50%程度の負荷であればどんなに高性能なCPUに交換しても処理時間はほとんど変わらないと思います。(こんなときは遅い原因がCPU以外にある場合が多いですね)

②CPU以外(主にメモリとディスク)の性能

 最近の傾向として、ディスクの性能がCPUに追いつかなくなっています。

 立ち上げ時の負荷が高いときでも、デュアルコアのCPUはその性能をフルに使ってはいません。

 例としては、ディスク構成をストライピング(複数のディスクに負荷を分散して応答速度を上げる方法)を採用すると立ち上げ時間の短縮が体感できます。(体験済)

 5年前のパソコンと比較すると、立ち上げ時間は体感的にも早くなっていると思うのですが、5年前のパソコンのCPUだけが高性能になっても同じ結果は得られないでしょう。


通常の作業(ワードやエクセル)では、CPUの性能を使いきれないので、体感的には早くなっていると感じることは少ないと思います。

体感できるものは、動画の再生やオンラインゲーム、ディスクの暗号化など、CPUの負荷が高い処理ですね。

(私の5年前のPCではビデオボードを使ってもDVDの映像が飛びます(^^;)

また、ご参考までですが、5年前のパソコン(PEN3-900M)に最近のディスクを入れても体感速度はほとんどあがりませんでした。

id:dingding

確かにあまり重い処理をしないです。

重いのが分かっているから無理しないと言うこともあります。

HDDも大事なんですね。通常の製品を買うときに気づかないポイントですね。

2007/08/04 04:12:08
id:ikjun No.5

ikjun回答回数155ベストアンサー獲得回数42007/08/03 09:37:03

ポイント18pt

すでに十分な性能を持っているものをいくら高性能化したところで実感として伝わりにくいものです。つまりdingdingさんが使っていらっしゃるソフトでは性能の差を感じにくいほど最近のCPUの性能が上がっているのです。これが非常に重い処理を行うのだったら話は変わってきます。例えばDVDの書き込みを行いながら動画処理を行う人ならCerelonでは実用に耐えないけど、Core2Duoなら快適ということになるのかもしれません。(想像ですけど)

>HDDやメモリの方がよっぽど体感に影響がありそうな気がしています。

随分前になりますが、ビジネス用とホーム用のパソコンを比べたことがあります。同じメーカでスペックはほとんど同じ、ホーム用のほうが若干いいくらい、なのにビジネス用のほうが圧倒的に早いのです。中を開けてよく見るとハードディスクが全然違いました。だからと言ってハードディスクの性能だけで決まるというものでもありません。要はバランスです。

CPUの性能だけでパソコンを語るのはエンジンだけで車を語るようなものです。バランスの悪いパソコンは一部の性能が突出していても体感スピードはあがりません。

id:dingding

そんなことがあるんですね。

ためになります。

2007/08/04 04:10:14
id:hissssa No.6

hissssa回答回数421ベストアンサー獲得回数1272007/08/03 10:36:27

ポイント18pt

http://www16.big.or.jp/~bunnywk/cgi-bin/pimod/superpi_test.cgi

こちらのサイトは参考になるのではないでしょうか。CPU性能測定として

有名なSuperPIによる円周率計算速度が、様々なCPUについて公開されています。

こちらのサイトで見る限りでは、Celeron系で現在の最高値が18秒程度ですが、

Core2Duo系では9秒を切っており、倍以上の速度差が出ています。しかも

このSuperPIはシングルスレッドのソフトなので、理論上はデュアルコア

CPUの性能を半分しか引き出していないことになります。


ところで私自身も現在Core2DuoのPCを使っていますが、体感速度という意味では

劇的な違いがありますよ。何といっても「複数のアプリを同時に動かしても

性能劣化があまりない」のが大きいです。

単純に1つのアプリを動かすだけなら関係ないのですが、同時に複数の

作業をやらせる時に、シングルCPUだと裏で動いているアプリの負荷が

高いときに表のアプリの反応が鈍くなってイラつくことがよくありましたが、

デュアルコアCPUだとそういうことがほとんどなくなるので非常に快適です。

id:dingding

自分もデュアルコアのデスクトップもつかっているのですが、複数アプリを同時に立ち上げてはいますが、同時に処理させることがあまりないため、明確な実感があまりないですね。

たいていの場合、ノートでも同じ作業ができますし、どちらを使うかの判断にさえなっていないです。

2007/08/04 04:14:58
  • id:KUROX
    >デュアルコアのCPUはデスクトップでは使っていますが、
    >そんなに早いと言う気もしませんし

    現状OS、ソフトがデュアルコアCPUで速度が出るように
    作られていないので、それ以前かと思います。
    並列処理がうまくできるようになってないと駄目なのです。
    (たぶん・・・)。

    でVistaは対応してるようですけど、グラフィック系が重い
    ようで、ネットで見る限りではXPより遅い体感を得てる
    ような気がします。

    >現時点で最新のPCに入っているセレロンとCore2Duoでで
    >も数倍の差があるものなのでしょうか?

    並列処理を想定していないので、体感ではほとんどわからな
    いかも。
    現状は、2車線あるけど、1車線が違法駐車で使えないという
    感覚かも。
    法律が厳しくなったら2車線フルフル使えるので渋滞が解消
    されるような感覚でしょうか。
  • id:dingding
    とてもわかりやすいですね。ありがとうございます。
    デュアルコアに対応しているかどうかという観点を忘れていました。
  • id:kn1967
    KUROX様へ
    >純粋なCPUの計算能力はクロック数に比例します
    これでは説明不足でしょう。
    「同じ設計思想のCPUの場合はクロック数に比例します」
    といったような形にしておかないと誤解を生みますよ。


    dingding様へ
    軽四/小型乗用車/大型乗用車(3ナンバー)/エコカーを比較するようなものですね。
    用途にあっているかどうかが問題なのであって
    直接比較するものではなく、また、できるものでもなかったりします。
    まったく同じエンジンを搭載していたとしても
    伝達系が耐えられなかったりすれば性能をフルに発揮する事は出来ませんし
    まったく同じ車を使用した場合でも
    ドライバーの技量によって速度・燃費が大きく違ったりします。

    パソコンに話を戻しますと
    軽四=Celeron 小型乗用車=Pentium4 大型乗用車=PentiumD エコカー=Core
    伝達系はGPUの計算速度、HDDの応答速度など
    ドライバはハードウェアドライバ/アプリケーション/OS自体
    といった具合でしょうか。
    それぞれの出来と組み合わせ次第で変わることはご理解いただけたと思います。

    ちなみに、
    どのような組み合わせが良いかという答えは今の所ありません。
    車で言えばアルトかミラか、カローラかサニーか
    どちらが良いですかというようなものです。
    (サニーって生産終わってる。例えが古いね。おじさんだから・・・)
    軽四が小型が良いかって所までは目的や予算からある程度まで絞れても
    最終的にはそんなもんは自分で決めろになっちゃいますよね。

    質問に対する直接的な回答ではないので以上、コメント欄にて。
  • id:KUROX
    厳密な話は、このあたり参照ということで。
    ===========================================
    http://www.atmarkit.co.jp/fsys/rensai/indexpage/index.html#PCENCYCLOPEDIA

    IT管理者のためのPCエンサイクロペディア
    ――基礎から学ぶPCアーキテクチャ入門――
    元麻布春男

    2003年ごろまでの8086系のCPUの歴史ですね。

    --------------------------------------
    頭脳放談
    ――プロセッサ・デザイン現場の舞台裏――

    CPUの話題の時もあります

    ---------------------------------------




この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません