外貨準備を取り崩して国債の返済に充ててはいけないと言われる理由を教えてください。また、国債の返済に充てるより、そのまま持っていた方が(現況では)米国債の方が金利が高いので得。という考え方に間違いがあれば指摘ください。専門家または関係者限定で回答お待ちしてます。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 登録:2007/08/14 09:27:52
  • 終了:2007/08/20 09:30:30

回答(2件)

id:minkpa No.1

minkpa回答回数4178ベストアンサー獲得回数552007/08/14 09:38:42

ポイント35pt

http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/k4/1405082.htm

現状では米国債のほうが得なのは間違いないです。

id:hiramatsu_kg No.2

hiramatsu_kg回答回数424ベストアンサー獲得回数32007/08/15 00:36:34

ポイント35pt

ドル高ですから。

  • id:nari0215
    日本が米国債を購入しているのは、米国との貿易不均衡を解消するためです。日本は貿易で対米黒字を積み上げてきましたが、円高になると為替介入(米国債の購入)を行なって日本企業を守ってきました。一方米国は、日本を自国の国債を支えてくれるお得意様というわけです。(利害関係の一致)
    今や国外貨準備は非常に巨額なため、米国債を売るという事は米国の財政破綻を招きかねないのでタブーとされています。双子の赤字で苦しむ米国に対して、国債を売るなんてことをすると、米国はカンカンになって怒るはずですよね。世界経済を混乱させ、米国との関係が悪化しても構わないという覚悟が日本にあれば売却も可能でしょう。
    売却に関しては賛否両論あるようなので、ご自身で調べてみてはいかがでしょう。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません