某戦争アニメの実写ドラマを見たこともあり、今年ほど戦争と平和について考えさせられた年はありません。

そこで不安に思うことがあります。
それは日本人の人格、倫理性の低下についてです。
悪い意味で動物的というか、基本が攻撃的で思慮の浅い人間があまりに多く目につきます。
90年代後半あたりから急激にひどくなったように感じます。
人混みを歩くのも不快感が増しました。
こんなことでは近い未来、また戦争が始まるんじゃないか?という不安です。
そこで皆様にお聞きします。
今、日本人の倫理性は向上中なのか?それとも低下中なのか?
どう思われますか?
また、40歳以上の方には是非聞いておきたいことがあります。
80年代、90年代、そして現代のうち、最も人々の心の温もりが感じられたのはいつですか?
具体的な根拠を添えてお答え下さい。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 150 ptで終了
  • 登録:2007/08/15 20:46:25
  • 終了:2007/08/22 20:50:03

回答(42件)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>
差別があからさまだった戦前、戦中教育下の方がモラルは酷い some12007/08/15 22:59:37ポイント7pt

一時期、マスコミが「最近の17歳はキレる」などと根拠もないウソを流布していましたが。

実際の凶悪犯罪の比較データからすれば下記の通りです。

http://mazzan.at.infoseek.co.jp/lesson2.html

http://www.std.mii.kurume-u.ac.jp/~tadasu/essay_411221.html


一方で、年寄りのマナーの悪さは確かに目に余りますが、

高齢者の凶悪犯罪というテーマにはメディアは触れようともしません。


戦時中の極端な教育、戦中と敗戦による貧困という条件下の方が明らかに人心は荒廃していたのでは。


軍隊による言論統制や、男尊女卑を続けている国もいまだに存在しますが、

それを客観的にみることも現代の我々には可能です。


40近いオッサンからすれば、80年代、90年代、現代を比較しても、大差ありません。

攻撃的で思慮の浅い人間はいつの世にもいます。

犯罪が減ったからって安心できるのか? taku20072007/08/16 09:57:32

>戦時中の極端な教育、戦中と敗戦による貧困とい>う条件下の方が明らかに人心は荒廃していたのでは。

だからこそ、その頃のような状況には逆戻りしないようにしなくちゃならないんですよね。

あと疑問に思うのは、犯罪を犯す人間と戦争をしたがる人間は果たして同じ種類なんでしょうか?

犯罪が起こるたび、犯罪者の人物像について知る人に質問する場面がありますが、決まって「普段は真面目で大人しかった。」というような意見が返ってきていますよね?

思うに、大人しい人の方がストレスをためやすい分、犯罪に走りやすかったりするんじゃないでしょうか?

そして大人しい性格の人自体も減少傾向にある気がします。

大人しい人が気後れして肩身の狭い思いをしがちなのも日本の国の悪い傾向の1つだと思います。

犯罪が増えても不安、減っても不安じゃどうしようもないでしょ。 trinh2007/08/16 15:13:44ポイント5pt

some1さんの最後の2行が大事だと思いますが。

日本人個々人のモラルや倫理はそんなに変わってない、もしくは向上傾向だけど、世間の表面上の許容範囲が狭くハードルが高くなってるので、だらしなくなっているように感じるだけだと思います。

多数派の感覚とずれているからニュースになるわけで、公金横領が当たり前の社会なら、ハガキ代の領収書に食い違いがある程度で大臣の辞任騒ぎなんか起きっこありません。そういう意味(おそらくtaku2007さんとは違う意味)でなら「基本が攻撃的で思慮の浅い人間があまりに多く目につきます」というのは同意します。目に付くからといって増えてるかどうかは疑問ですが。

ハードルは逆に低くなっていると思います。 taku20072007/08/16 15:33:07

>世間の表面上の許容範囲が狭くハードルが高くなってるので、だらしなくなっているように感じるだけだと思います。

これには同意できません。

たとえば茶髪にする人は昔なら不良扱いされて終わりだったのが、今では単なるオシャレさんだと見られる傾向にあります。

別の言い方をすれば、昔は「一部だけが極端な」不良だったのに対して、今は国民全体が「程度の差こそあれ」不良化している。

こんな感じなんじゃないかと思うんですがねえ。

不良と言っても暴走族などは減った代わりに

犯罪沙汰までは起こさない中途半端な不良が急増している。

そのように感じます。

あと私が前の書き込みで1番問題にしたかったのは、

犯罪を犯す人間と戦争したがる人間は、果たして同じ種類なのか?

ということです。

あなたはどう思うのですか?

私は前述のような理由から意外と別物だと思っているのですが。

単に「変化」なのでは?(こちらのタイトルでした) kaga_sayaka2007/08/17 01:38:27ポイント1pt

あと

“不良化”しているとのことですが、それは単に“価値観の変化”でしょう。

たとえば、茶髪の前は「髪が長いと不良」だったり、「ちゃんとマゲを結って

いないと不良」だったり、「頭のてっぺんを剃っていないと不良」だったり、

「ミズラにして顔に入れ墨を入れてないと不良」だったりしたわけです。


いま現在taku2007さん自身が、100年前や千年前の伝統を守っているわけでは

ないのに、目に付いたここ数年ばかりの変化だけを取り上げて

「間違っている。悪くなった」

というのは思考のスパンが短すぎませんでしょうか?


それに、自分が幼い時の社会のほうがマシに見えるものです。幼い時には

『世間知らずで』

『周囲の大人がちゃんとした大人に見え』

『家族や学校に守られている』

ものですから。

周囲のアラが目に付きだしたのは、御自分の成長のあかしでは?

単に「変化」なのでは? kaga_sayaka2007/08/17 01:35:22ポイント1pt

戦争と犯罪は別物だと思いますよ。

おとなしいとか、真面目という問題ではなく。


「1人殺せば犯罪者。何百人と殺せば英雄」

という言葉もありますが、犯罪者と実行者は同じですが(殺人教唆などを含め)

「戦争をしたがる人」と「戦争に行く人」は実際にはほとんど重なりません。

そして、戦争をしたがる者のほうが、同じ殺人者であっても自分の手を血で

ぬらさないだけ、普通の犯罪者よりも罪の意識が低くすんでいるように思います。


それに、犯罪は正義のためだけに行われるわけではありませんが、戦争の多くは、

正義のために(たとえ本人の思い込みだろうと)行われますから。戦後も、

「時代のせいだ、しかたない」

と自分を納得させやすいでしょうし。


殺人がしたくて戦争を待望していたとコメントした馬鹿な尊属殺人者が

いましたが、甘えた嘘ですね。

本気なら戦地の外国人部隊にでも、ちゃっちゃか入ればいいんですから。

タイトル間違えました kaga_sayaka2007/08/17 01:37:02ポイント1pt

すみません、もうひとつのタイトルを入れてしまいました

<前のツリー | すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません