証券アナリストという試験に出題された経済の問題です。正解はAなんですがC以外はなんとなく正しい気もします。各選択肢について解説をお願いします。


(問)
物価が硬直的である場合に、貨幣供給の増大に反応して自国通貨の為替相場がオーバーシューティングを起こすときがある。その理由について、以下の記述のうち、正しいものはどれですか。

A 貨幣供給が増加すると、金利が低下するために自国通貨の減価がオーバーシュートする。

B 貨幣供給の増大に対して即座に貨幣需要が増加しないために、自国通貨の減価がオーバーシュートする。

C 貨幣供給が増加すると、自国通貨の長期均衡為替相場が増加するために、自国通貨の減価がオーバーシュートする。

D 貨幣供給が増加すると、金利の低下とともにその後の自国通貨の減価が予想されるために、自国通貨の減価がオーバーシュートする。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 100 ptで終了
  • 登録:2007/08/19 15:24:06
  • 終了:2007/08/26 15:25:03

回答(0件)

ただいまのポイント : ポイント0 pt / 100 pt ツリー表示 | 新着順

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません