【英作文における also や too の位置】

たとえば、以下の三つを簡潔に英訳して対比するなどして、日本語の「も」と英語表現について分かりやすく説明してください。分かりやすければ短い説明でも構いませんが、具体的な説明のほうが好みです。

(1)「私も彼のことを愛してる」(彼女も彼を愛してるけど私も)
(2)「私は彼のことも愛してる」(二股かけてる)
(3)「私は彼のことを愛してもいる」(彼を憎みつつ、愛してしまう)

回答の条件
  • 1人1回まで
  • 登録:2007/08/20 22:51:02
  • 終了:2007/08/26 19:35:13

ベストアンサー

id:MonsieurU No.1

MonsieurU回答回数80ベストアンサー獲得回数62007/08/21 01:44:03

ポイント100pt

基本的に"also"も"too"も同じ意味です。"also"の方がやや固い表現というくらいです。



『簡潔に英訳して対比』では英語での意味の違いを表現しきれませんが、あえて対比するならこんな感じです↓


(1) I love him, too.

I also love him.

(2) I love him, too.

I also love him.

(3) I love him in part.


(1)と(2)の違いを一文で表現することはできません。前提や状況が必要になると思います。

口語であれば、(2)で"him"を強調して発音することでできますが。。。


(3)は根本的に「も」の意味が違うと思います。少なくとも英語ではこういう「も」の考え方自体がありません。

なので、ここでは「一部愛してる」として訳しました。

あるいは、

I hate but love him.

と直接的に表現するのが英語的だと思います。



日本語と英語は全く異なる文化圏の全く異なる言語です。

つまり、そもそも考え方が違うので英訳するのにコレといった方法は基本的にないということです。

英語の考え方を理解するのはなかなか難しいですが。。。

id:ttamo

へえー、位置はあまり関係ないんですね。

じゃあ「この位置だと誤解を招くぞ」ということはなさそう、と。安心しました。

ありがとうございました。

**

いま google で検索していたら、http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1657213.html というのがありました。

どうしても特定の語句を強調したいなら too をその直後に置く、と書いてあります。

確かに I too love him という形の文もよく見ますね。

というわけで、まだ他の回答がありそうです。

2007/08/21 07:38:53

その他の回答(1件)

id:MonsieurU No.1

MonsieurU回答回数80ベストアンサー獲得回数62007/08/21 01:44:03ここでベストアンサー

ポイント100pt

基本的に"also"も"too"も同じ意味です。"also"の方がやや固い表現というくらいです。



『簡潔に英訳して対比』では英語での意味の違いを表現しきれませんが、あえて対比するならこんな感じです↓


(1) I love him, too.

I also love him.

(2) I love him, too.

I also love him.

(3) I love him in part.


(1)と(2)の違いを一文で表現することはできません。前提や状況が必要になると思います。

口語であれば、(2)で"him"を強調して発音することでできますが。。。


(3)は根本的に「も」の意味が違うと思います。少なくとも英語ではこういう「も」の考え方自体がありません。

なので、ここでは「一部愛してる」として訳しました。

あるいは、

I hate but love him.

と直接的に表現するのが英語的だと思います。



日本語と英語は全く異なる文化圏の全く異なる言語です。

つまり、そもそも考え方が違うので英訳するのにコレといった方法は基本的にないということです。

英語の考え方を理解するのはなかなか難しいですが。。。

id:ttamo

へえー、位置はあまり関係ないんですね。

じゃあ「この位置だと誤解を招くぞ」ということはなさそう、と。安心しました。

ありがとうございました。

**

いま google で検索していたら、http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1657213.html というのがありました。

どうしても特定の語句を強調したいなら too をその直後に置く、と書いてあります。

確かに I too love him という形の文もよく見ますね。

というわけで、まだ他の回答がありそうです。

2007/08/21 07:38:53
id:unextinghuisable No.2

unextinghuisable回答回数27ベストアンサー獲得回数02007/08/21 18:48:38

ポイント3pt

もう以前に答えておられる方の答えが、

当を得た意見のように思えます。

Tooは日本語のようには使えないですし、

実際「I too love him」のような

文章をしゃべったときがありましたが、

そのときはネイティブに前後を話して

貰わないと、まったく理解できないという

風に言われました(もちろん、そのときの

意図は too much もしくは too~to~構文の

ような否定的なものが存在するニュアンスで

いいました)

英語ではどうしても具体的に書かざるを

得ないので、括弧書きを含め、さらに

自分の心情はこうだ、と提示する以外

簡潔には表現できないでしょう。

言い方ぐらいですね。

実際、I too love himというのは、tooの

用法というよりは、構文のtoo~toの

略のようなニュアンスで伝わっているので、

too自体の用法とはいえないと思われます。

I love him too,I also love him,

I love him also..ぐらいが説明ナシで

受け取ってくれる英語でしょう。

それ以外だと、文章上ではまだしも、

口頭だと「what?」といわれることが

ほとんどでしょうね

id:ttamo

形容詞の直前以外で too を too-to 構文のように使うのは無理ですよね。

また、たしかに I too love him (正確には too の前後にコンマが必要か) を常用してはいけませんね。

でも、「どうしてもというときには too を直後に置く」というのも反論が来るとは思っていませんでした。

たいへん興味深い情報をありがとうございました。

2007/08/21 20:47:18
  • id:ttamo
    Moreover とか In addition とか、あと as well なんてのもありますよね。

  • id:ttamo
    変化球が最初に来てしまい、普通のハナシが出てこないので自分で書いてしまいますが、辞書ではこんな風に解説されています。
    実際には例文もありますが、はしょって引用:

    【ジーニアスで also を調べた】
    (1) 話し言葉では……文のどの部分をも修飾することができる。その場合、also に直接修飾される語に強勢が置かれる。
    (2) 書き言葉では強勢がないので、also はできるだけ修飾される語の近くに置く。
    (3) 新聞では時に文頭に置かれて、倒置が生じる。

    【ジーニアスで too を調べた】
    (1) 通例文尾に置くが、意味があいまいになる時は修飾する語の直後に置く。
    (2) 話し言葉では強勢の位置により意味が異なる。

    というわけで、第二回答者までは「正統な」説明ではなく、「もっと英語的に考えなさい」という (間違ってはいないものの) 少々的外れな回答のように感じます。

  • id:MonsieurU
    質問の『的』がよく理解出来ていなかったみたいですね。

    今でもまだ理解できていませんが、ひとつだけ…

    辞書だけの情報にたよるのは危険です。

    辞書に載っている用法はなるべく全てを網羅することを目標としています。
    実際にはほとんど使用されないものでも、あたかもよく使われているかのように書いてあるものです。読む方が勝手にそう読んでいるだけかもしれませんが。。。
    大事なのはそれらの用法が実際に使われている頻度だと思います。


    "Moreover"や"In addition"も「も」と訳せますが、それはあえて日本語にするなら「も」と訳せるいう程度で、実際には全く違ってはいないものの異なった意味です。


    最後になりましたが、

    >位置はあまり関係ないんですね。
    位置は基本的に例文の通りです。
    修飾先を変えることによって意味を変えることはできますが、ほとんど使うことはありません。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません