株や為替のテクニカル指標で使うMACD(マックデー)についてです。


いろいろなクロスポイントを参考に使うことが多いと思いますが、例えば、1分足で、ある時間にクロスポイントがあったとしても、5分足で見たらその時間になかったり、日足で見たらやはりその時間になかったりと、何分足で見るかによって、クロスポイントがどうも違うようなのです。

どのような見方をして、どのように判断していけばよいでしょうか。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/08/21 20:38:33
  • 終了:2007/08/28 20:40:03

回答(2件)

id:n85 No.1

n85回答回数236ベストアンサー獲得回数212007/08/22 08:10:10

ポイント35pt

何分足を使うかは、銘柄・通貨の種類や、対象とする期間などによっても変わりますので、検証という作業が必要になります。

おそらく短い足ですと売買シグナルがかなりたくさんでて、だましも多くなると思いますので、ほかの指標と組み合わせるなどする必要が出てくるかもしれません。

http://q.hatena.ne.jp/1154452156

id:miku1973

ありがとう!

2007/08/25 12:17:50
id:hiko3karasu No.2

hiko3karasu回答回数1058ベストアンサー獲得回数252007/08/25 12:02:05

ポイント35pt

投資を考える期間で、値動きの方向性がでるので、1時間くらいの短期のトレンドを見たいときは5分足とか、15分足でみて、

もっと長期トレンドが見たいときは日足や週足を見るとか使い分ければいいと思います。

 

http://dummy

id:miku1973

ありがとう!

2007/08/25 12:17:53

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません