【天気記号のルーツ】について調べています。

○→快晴、●→雨、▲→あられ・・・、などといった記号はいつ、どのように生まれたのでしょうか?また、どのような理由があってこれらのマークになったのでしょうか?詳しく載っているサイト、または書籍を教えてください!!!

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/08/23 23:03:30
  • 終了:2007/08/30 23:05:04

回答(3件)

id:KUROX No.2

KUROX回答回数3542ベストアンサー獲得回数1402007/08/25 12:14:31

ポイント27pt

ルーツ

http://www.halex.co.jp/halexbrain/shopping/omoide/

>明治8年6月1日、内務省地理寮量地課は東京気象台を設立、

>中央気象台の基礎を作りました。

>明治16年(1883年)3月1日に、内務省地理局東京気象台が日本>で初めて天気図が作成されました。

明治時代のこのあたりの頃に作られたと推測します。

検索する限りでは、

江戸時代にはなかったようです。

id:minkpa No.3

minkpa回答回数4178ベストアンサー獲得回数552007/08/27 01:00:55

ポイント26pt

一部は一般公募で決められたものもあります。

http://q.hatena.ne.jp/1187877807

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません