ブログを始めようと思います。以前何回か書き始めたのですが、ネタが切れてしまい書けなかったり、つまらないものを書いては面白くないと自分で思いこみ筆が進みません。テーマを絞って書いていこうと思うのですが、なかなか続けることが難しいです。ブログを長く続けていられる方で、ブログを続けるコツやモチベーションを保つ方法をご教授ください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/08/26 13:08:19
  • 終了:2007/09/02 13:10:21

回答(9件)

id:yumeneko No.1

yumeneko回答回数275ベストアンサー獲得回数12007/08/26 13:50:37

ポイント17pt

2つ方法があると思います

1つは、趣味をとことん書くことかな

自分の好きな趣味だったら、苦にならないはず

もうひとつは、いろんな話題を頻度多く更新することかな

これは、中川翔子みたいな頻度で勝負するやり方ですね

まあ、前者の方が、長続きすると思うけどね

http://www.yahoo.co.jp/

id:eichman

参考になりました。ありがとうございます。

2007/08/26 13:55:00
id:morimori_68 No.2

morimori_68回答回数334ベストアンサー獲得回数42007/08/26 14:17:14

ポイント17pt

http://feedmeter.net/

フィードメーターをつけることです。

ブログをあまり書かないでいると表示がさみしくなってしまいますから、自然とマメに書くようになります。

同種のサービスは他にもあったと思いますので、検索して気に入ったものを選ばれると良いでしょう。

id:eichman

フィードメーターというのを初めてしりました。つけてモチベーションアップにつなげたいと思います。

2007/08/27 14:55:11
id:sarah_t No.3

sarah_t回答回数12ベストアンサー獲得回数02007/08/26 17:59:26

ポイント16pt

確かに、ネタ探しには苦労しますよね。

私のブログも、月に3~5回しか更新してません。


モチベーションとのことですが、書かなくちゃと脅迫観念に

駆られていては苦痛なだけですので、もうホント自己満足・

自己表現の場と考えて、極端な話、毎月1日(9月1日、10月1日等)

だけ書くことにして、残りの日は、次回書く時のために、ネタが

あればメモしておく、みたいに気楽にやってみてはどうでしょう?


それでも毎日続けたい、と前向きに頑張るお気持ちでしたら、

毎日1件ずつ新聞から気になった記事を選び、それについての自分の

意見を短くても良いから書いていく、というのは如何でしょうか?

なにもカッコつけた意見じゃなく、自分の素直な気持ちを書いて

いくのが大切だと思います。

新聞なら毎日発行されるから、ネタ切れもないですしね。


あと、どうせやるなら実益も兼ねたいとおっしゃるのでしたら、

プレスブログ」に登録して、配信された内容に沿ってブログを

書いていくのも面白いかもしれません。

私個人としてのお勧めはここですが、似たようなものは他にも

あるので、ご自分で検索して別なところに登録したり、複数登録

したりして、「月1本分の映画代は稼ぐゾ!」とか目標を持つのも

良いかもしれませんよ。


1行ブログで毎日1行だけ書くことにしたりして、とにかく気楽に

構え過ぎずに始めてみて下さい。

id:eichman

一行ブログというのも習慣化させるためにもいいですね。ブレスブログというのもはじめてしりました。登録して参考にしたいと思います。

2007/08/27 14:56:47
id:naruenosekai No.4

naruenosekai回答回数140ベストアンサー獲得回数122007/08/26 18:59:31

ポイント16pt

テーマが重過ぎるとつづけられないと思います。


1.軽いテーマ

2.自分が書きたいこと

3.無理して面白いことを書こうと思わないこと

4.身近なこと


以上のことが大事かと思います。

でないと負担になってつづけられないと思います。


http://blog.fc2.com/

id:eichman

ついつい堅いテーマで考えてしまいがちなので、ムリして掻こうと思わないこと大切ですね。アドバイスありがとうございます。

2007/08/27 14:57:43
id:Hon_maguro No.5

Hon_maguro回答回数6ベストアンサー獲得回数02007/08/26 20:05:24

ポイント16pt

1.気が乗らないときは書かない。

そして、書かなかった事を一切気にしないようにする。

2.ブログパーツなどつけてみたりして気分転換をする。

http://floq.jp/top

3.時にはアフィリエイトなどして小遣い稼ぎなどしてみる。

http://www.a8.net/a8/index.html

4.ブログのネタ探ししている人必見、商品記事を書いてお小遣もGET!

http://www.accesstrade.net/campaign/200707_at_review/index.html

5.ブログネタを探すなら

登録無料のブログネタ配信!ネタについて書くと≪お小遣い≫GET!

http://www.pub-blog.jp/

いかがでしょうか?

id:eichman

ブログパーツ、アフィリエイト、ネタ探しのURLありがとうございます。

2007/08/27 14:59:56
id:blue_blue_sky No.6

blue_blue_sky回答回数191ベストアンサー獲得回数12007/08/27 00:17:36

ポイント16pt

長くなると、かくことがなくなってきますね

そういうときは、yahooのトップのニュースで、目に付いたものについて、書いてみる

あと、多いのは食事ネタです

毎日食事はするし、毎回普通は違うものを食べますよね

3食カレーというのはあっても、

それはそれでネタになりますから・

 

あとは、周りの人について書いてみたり、

仕事や学校の不満やグチをかいてみたり・・・。

自分が思っているけど、聞いてくれる相手がいないような内容をテーマによく書いています

 

あと、書くことがないときはムリに書かない

書きたいと思ったら、かく

最初は毎日書いていましたが、精神的にプレッシャーになってやめました。

今では時々しかかかないので、書くことも沢山あります^^

http://q.hatena.ne.jp/

id:eichman

身近なネタ・・・食事のことなど考えてみたらありふれたことがさがすことありそうですね。仕事や学校のことなど。皆様書かれていたようにプレッシャーにならないようにします^^

2007/08/27 15:02:33
id:junyax No.7

junyax回答回数38ベストアンサー獲得回数22007/08/27 12:48:31

ポイント16pt

http://q.hatena.ne.jp/

「人に見せる為」といった感覚を強く持ちすぎない事かと思います。

ネットに公開することですので個人を特定するような事は書かない等のマナーはありますが、

見せる事を意識しすぎると「書こう」から「書かなければ」といった感覚になったりします。

私の場合、仕事の疑問点・プライベートのメモ程度に書いていたりしました。

仕事の疑問点を書いたりしていると、コメントを頂いて

「ほほーっ」って感心したりする事もありました。

現在はやめてしまいましたが、週に1度のときもあれば、日に2~3度更新することもあって、

しばらくして気がつくと、もうこんなに書いてたんだなって思ったりすると思いますよ。

id:ysfm No.8

ysfm回答回数99ベストアンサー獲得回数22007/08/29 04:42:05

ポイント16pt

以下のサイトを参考してみるのも1つの手かもしれませんよ。


ブログのやる気を取り戻すための9つの方法: DesignWorks

http://designwork-s.com/article/47099239.html

id:eichman

ありがとうございます。参考にしてみます。

2007/08/29 10:34:33

質問者が未読の回答一覧

 回答者回答受取ベストアンサー回答時間
1 kinocoppi 21 18 0 2007-09-01 17:34:16
  • id:ManalTencho
    ManalTencho 2007/08/26 13:45:09
    回答拒否のようなので、コメントで。

    Blog 継続と言えば、手本になるのは差し当たってはネタフルさんかなと。こちらをどうぞ。
    http://netafull.net/blog/019974.html
  • id:hblm
    ネタがないときは素直に書かなきゃ良いと思いますよ。罰ゲームやってるんじゃないですから。

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

  • ホームページをブログにしてみる。 日記を長く続ける秘訣が知りたいです。 http://q.hatena.ne.jp/1188101297 http://q.hatena.ne.jp/1097497448 当方、夏休みの日記は何日分をまとめて書く子どもでした。以
「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません