日本の公道の制限速度は100km/hなのに、なぜほとんど全ての車が100km以上出るような仕様なのでしょうか?海外に持っていっても対応できるようにでしょうか?私は安全運転派のつもりですが、やはり出てしまうので空いている高速道路などでは120km位出してしまう時もあります。ただ、100kmリミッターが付いていれば、それはそれで従います。悲惨な交通事故を報道で見るにつけ、自動車メーカは各種安全対策に力を入れているように言いながら、事故の最大の要因と言ってもいいスピードについて法律を上回るスピードが出る車を市販していて、監督官庁もそれを咎める様子もない。この背景は一体なんなのでしょうか?もちろん、海外でもっとスピードの出せる地域に車を持っていく人はその時にリミッターを外せばいいと思いますし、モータースポーツ用の車は別と考えています。どなたか、この件についての事情をお知りの方はご教示下さい。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/08/27 03:29:11
  • 終了:2007/08/27 20:36:45

回答(9件)

id:KUROX No.1

KUROX回答回数3542ベストアンサー獲得回数1402007/08/27 04:06:16

ポイント16pt

リミッターをつけるとしても100Km/時にしたいのなら

100Km/時ではブザーが鳴るだけで、120Km/時で実際に

リミッターがかかるような設計でないと危険だと思いますが。

理由は調べたら出てきそうですが、今は直感。

100KM-120Kmにかけて緩やかにリミッターがかからないと

危険だと思います。

id:taknt No.2

きゃづみぃ回答回数13481ベストアンサー獲得回数11982007/08/27 07:20:58

ポイント16pt

http://www.iwami.or.jp/asekisei/carquest.html#A9

Q9. なんでスピードメーターは法定速度よりずっと速いとこまで表示されているの?

A9. 法定速度で走る人がいないから。メーカーの見栄。(特にスポーツカータイプ)。 輸出用という事もありますが、実際の速度を知らせるため。

基本的には、実際に出てる速度が 表示されないと

何キロだか わからないからとかいう理由もあるようですが、

車の性能がよすぎて 簡単に速度が出せる状態に問題があると

私は 思いますね。

アクセルをいっぱい踏み込んでも 120kmしか出ない車を出せばいいかと思いますが、そうなると売れなさそうですしねぇ。

id:markII No.3

markII回答回数744ベストアンサー獲得回数232007/08/27 07:40:25

ポイント16pt

いろいろな問題があります。


すべてが平坦な道なら良いのですが、上り坂であればエンジンの力は100km時以上の負担が必要となります。

ですからエンジンの回転数などで制限するのは難しいです。


「スピードメーターが100kmを超えると自動的に減速する」というようなシステムなら可能ですが、それは逆に危険です。

アクセルを踏んで加速していると思っている最中に減速する(もしくは加速しない)わけですから、例えば車線変更などの際に発動すれば接触事故を招くことになるでしょう。


もちろん現代の技術であればそれぞれの問題をクリアすることも出来ないことはないでしょうが、そこまですると「コスト」という大きな問題に直面します。

全車が現在の何倍もの価格になると経済的な問題も大きいです。

id:I0l1O No.4

I0l1O回答回数190ベストアンサー獲得回数52007/08/27 08:45:16

ポイント16pt

1.坂道でも100km出すため。

=通常の道では100km以上出てしまう。


2.リミッターの制御は安全性という面で高技術を要する。

スピードメーターを常に目視出来ているわけではないので、運転手の意図とは関係なく急に減速するのは事故を招く恐れがある。


最近では自動的に障害物を避けるシステムも出来てきてますし、そろそろ安全なリミッターが実現出来るかもしれません。

そうなれば実際に導入する車も現れ始めるでしょう。

id:Kamima No.5

Kamima回答回数9ベストアンサー獲得回数02007/08/27 08:58:03

ポイント16pt

この場合、規制されるべきは運転手の行動であって自動車の性能ではありません。

極端な例を挙げれば、

「包丁で食肉を切ってもかまわないが、人を刺してはいけない。」

この場合も包丁のメーカーではなく、

使う人に全ての責任があるといえるでしょう。

また、道路交通法の適用範囲はあくまで道路上ですから、

それ以外の場所ではどれだけスピードを出してもかまわないことになります。

一般的には多くの人はほとんど道路のみを運転するとは思いますが、

法定速度以上のスピードを出せる機会が全くないというわけではありません。

id:tomotaka0310 No.6

tomotaka0310回答回数267ベストアンサー獲得回数112007/08/27 10:10:54

ポイント15pt

時速100kmが限界の自動車で時速100kmを出し続けて走るより、

時速180kmが限界の自動車で時速100kmを出し続けて走るほうが、

余裕があって壊れにくいはず。

id:cooper0524 No.7

cooper0524回答回数296ベストアンサー獲得回数42007/08/27 12:39:26

ポイント15pt

http://blog.goo.ne.jp/daido55/e/48437f96bd65876861254d99a5c7c42b

緊急時の退避用、流れをスムーズにするための暗黙の了解などいろいろあるかと思いますが、結局「日本自動車工業会が決めたから」というしかないですね。

法律と自動車工業会の制限速度が違うのがそもそもおかしいかと思います。

id:maxthedog No.8

maxthedog回答回数474ベストアンサー獲得回数522007/08/27 13:54:58

ポイント15pt

ある商品にまつわるルールは制度、技術、市場という3つの側面からコントロールされようとします。そして、その3者のバランスによってそれは調整されているように思います。

例えば音楽CDやコンピュータのソフトウエアを例にとると、

・制度(法律)では不法コピーを禁じています。しかし、取り締まりもされ一定の抑止力にもなりますが、法が定めたルールは完全には守られていません。

・技術ではコピープロテクションをかけることが出来ます。しかし、それを破る人も出てきますから、技術で守ろうとしたルールはそれだけでは完全には守られません。

・市場(値段)ではiTunes Storeの成功に見るように音楽ソフトの値段が安ければ不法コピーをせずに対価を払うと言う層が増えます。またCCCDが用いられなくなったように市場のニーズに合わない製品は受け入れられません。しかし、いくらリーズナブルに安くなったとは言えども不法コピーをする人はいるので、市場(価格)の調整をしてもルールは完全に守られません。

車にリミッターを付けるというのはソフトウエアのコピープロテクションをすることと、それが市場に受け入れられるかということに似ていると思います。どのような経緯でCCCDが廃止されることになったかを検証してみると、車にリミッターを付けることについて考察するヒントが得られると思います。

CCCDの時は適正な範囲での利用(私家複製)が制限されることが不利益として上がっていました。それは車にリミッターを付けることはは緊急時の適切な対処が出来ないなどの不利益(突っ込んでくる車を避けるために加速するような、危険回避のために制限速度を超えなくてはならない場合があるなど)と同じようなことにならないでしょうか。またCCCDの時には「CDが技術的にコピー出来るからといって誰もが犯罪を犯すのではない」という声も上がり一部ではボイコット運動もありました。現状で車に法定速度以下になるようなリミッターを付けることはそれと同じ声が上がることになると思います。

なので、車にリミッターを付ける時は速度違反による弊害が許容出来ないレベルに達した時だと思います。そしてスピードに関して、今はそれなりに3者のバランスが取れているということではないでしょうか。そして飲酒運転に目を転じると、現在では飲酒運転防止のために技術的、制度的なアプローチが進んでいるように思います。アルコールセンサーを付けてエンジンをかけられなくしたり飲酒運転関連法の再改正の議論がされていると言ったことです。これは飲酒運転に関する弊害が無視出来ない状況であり、そこにはそれらの制限をユーザーが受け入れて行っても良いと(暗黙的に)思っていることもあるのではないでしょうか。

id:supernova119 No.9

supernova119回答回数35ベストアンサー獲得回数02007/08/27 14:28:57

ポイント15pt

大義名分としては緊急事態のためだったような。

時速100キロのトラックから逃げようと思ったら、100キロ以上出ないと逃げられませんもんね…

  • id:Kotobuki_F
    正確かどうか知らないからコメントで書くけど,
    平地で100km以上出せないと,坂道ではパワー不足に
    なるらしい。
  • id:taknt
    それだったら 120kmまでOKにすればいいんじゃない。
    180kmまで いらないでしょう。
  • id:seble
    今の車は電子インジェクションだからスムーズに100km/hでリミッターを付ける事は簡単ですよ。
    パワーは有り余っていて坂道でも余裕だが、100km以上は出ない。
    コンピューターのプログラムをそう書いておくだけの事です。
    100kmになった時点でアクセル開に反応しなくなり、超えたら燃料供給をうまく減らしつつ、ブレーキコントロールもする、クルーズコントロールと同じです。
    もっと単純な構造で原付にリミッターが付いてますね。
    (今のはしらん)
    こちらは単純にパワーが出ないようにしてあるだけなので、不評もいいとこだし、改造で元に戻せるし、、
    乗用車も180kmのリミッターが付いているはずですけど・・・
    (無くなったのか?)
    そのスピードに達すると燃料供給が止まる、、突然。
    アクセルを戻したのと同じ効果。
    100kmじゃ、
    売れないだろうなぁ~
    メーカーが札束の菓子折持ってどこぞの議員に泣き付く姿が目に浮かぶよう・・・

    酒気帯びもそうですが、事故を起こす奴が悪いんで、飲んだって、スピード多少出したって事故らない奴は事故らないんですよ。
    そんな事を言い出せば、40kmだって人間の反射神経には早すぎるし、新幹線ももっと遅くしなきゃね。
    (事故が起きていないという事と、今後も起こらないという事とは違います)
    何でも規制すりゃいいという単純な発想にしか思えません。

    メーターは、輸出仕様だと210とか260だったりもするけど、、w
  • id:taknt
    一番、大きな理由は 売れないから でしょうね。

    で、買いたい理由は それだけメーターがあれば スゴイ車だと思ってしまうから
    ということでしょうか。

  • id:uunfo
    大型トラックにはすでに速度抑制装置の装着が義務付けられているから回答のほとんどは的外れ。
  • id:miharaseihyou
    自動車だけでなく原付や自動二輪や船舶などもリミッターを義務化すると良いかもしれませんね。そうすれば事故も減るでしょうけど、二酸化炭素の排出の削減が確実に行われるでしょう。排出枠の購入を減らせると思うんだけどなあ。T社とかN社やY社などは大口納税者なので遠慮しているのかも。世界戦略上、国内仕様だけ変えるには全体のコストアップになるから海外での競争力に影響するからなあ。
  • id:n85
    むかし家にあった車(セレステ?)は、100キロ以上出すと「チリンチリン チリンチリン」ってアラームが鳴っていたような気がします。最近はそういうのってないんでしょうか?

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません