「パラグアイにはニャンドゥティ蜘蛛というのがいて、世界で唯一、共同で巣を張る蜘蛛なんだそうです」が、この蜘蛛は実在しますか?

研究機関や、専門機関など、信頼をおけるサイトや、雑誌情報で教えて下さい。
宜しくお願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/09/04 23:45:26
  • 終了:2007/09/07 22:18:53

ベストアンサー

id:kagetsu No.8

kagetsu回答回数26ベストアンサー獲得回数32007/09/05 10:12:31

ポイント300pt

クモは約三万五千種が知られていますが、その中で社会性を示す生態が知られているクモが約十五種いるようです。なかでも比較的良く研究されているのがAnelosimus eximiusという名のクモで、これは南米で広く見つかる種だそうです。パラグアイにだけ見つかる社会性を示すクモがいるのかどうかは、分かりませんでした。しかし、共同で巣を張るクモは複数見つかっているのは確かです。


信頼できる情報はやはり査読を受けた論文が基本になります。文献リストが一番下のリンク二つのページにありますので、それらに当たるのが賢明かと存じます。


http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Namiki/3684/fact3.html

http://www.ne.jp/asahi/jumpingspider/studycenter/ecuador/mainrep...

http://gea.free.fr/old/article%20anelosimus.htm

http://www.sciencenews.org/pages/sn_arc99/5_8_99/bob2.htm

id:ryota11

おお、なんだか完璧に質問の意図を汲み取って下さってますね。

とても参考になります。

ありがとうございます。

2007/09/05 21:08:55

その他の回答(8件)

id:MEI-ZA-YU No.1

MEI-ZA-YU回答回数4731ベストアンサー獲得回数7502007/09/04 23:54:50

ポイント20pt

ニャンドゥティは『蜘蛛の巣』の意味では?

http://www.mercosur.jp/03_paraguay/shop.html

>パラグアイの民芸品として有名なレース、

ニャンドゥティはグアラニー語で「蜘蛛の巣」の意味です。

id:ryota11

そうなんですよね・・・。

個人ブログで、そういう蜘蛛がいるというのヒットしませんでした?

それしかないので、やはりその人の勘違いなのでしょうか。

ありがとうございます。

2007/09/05 04:43:12
id:aiainasadajominkpa No.2

aiainasadajominkpa回答回数172ベストアンサー獲得回数22007/09/05 00:00:25

ポイント16pt

http://naru.tea-nifty.com/hitorigoto/2007/06/post_0baa.html

http://www.tezukuritown.com/gakuen/1day/D/T07SD032.html

他に見当たらないので記述があるだけなのかもしれませんね。

id:COFFEECUP3 No.5

COFFEECUP3回答回数684ベストアンサー獲得回数132007/09/05 00:21:22

ポイント16pt

nanduti でも刺繍しかヒットしませんが。


実在は疑わしいです。

http://q.hatena.ne.jp/answer

id:winbd No.6

winbd回答回数1050ベストアンサー獲得回数432007/09/05 09:09:05

ポイント15pt

パラグアイの蜘蛛の直接的情報ではないのですが、

http://tokyo.txt-nifty.com/fukublog/

別質問で挙げた海外ニュースの元が動画付きで見つかりました。

 クモの専門家によればこの巣は共同作業を行う社会性クモの巣か、一つの巣から別の巣が次々につくられていった結果だと考えている。

URLからCNN.comの動画に飛べますが、動画を見ると一つの巣に複数の蜘蛛が共同生活している様子がうかがえます。


南米パラグアイとアメリカテキサスは同じ大陸内ですし、同種もしくは種類の近い蜘蛛である可能性が高いと思います。

id:ryota11

この蜘蛛の巣も複数の蜘蛛が共同で作った可能性があるということですね。

ありがとうございます。

2007/09/05 14:34:43
id:minkpa No.7

minkpa回答回数4178ベストアンサー獲得回数552007/09/05 09:13:38

ポイント15pt

ニャンドゥティは日本語の発音の問題でいろいろありそうなので

ナンドゥティやニャンドゥーティなどいろいろな可能性を試してみましたが、やはりどれも実在する蜘蛛の情報としてはありませんでした。

http://home.kinet.or.jp/yoshi-n/page059.html

こういう言い伝えはあるようです。

枯れの死体のそばにあった木にふと目をやると、そこには美しい蜘蛛の巣がはられていました。太陽の光を浴びて、きらきらと銀色に輝くその蜘蛛の巣に娘は強く心を打たれました。娘は1匹の蜘蛛が自らはきだす細い糸で、網目模様をつくりあげていく動きをじーっと観察したのです。

 村へ戻ってきた彼女は、1匹の蜘蛛の動きを思い出しながら、すばらしい織物を作り上げました。それは蜘蛛の糸のように細く、蜘蛛の巣のように繊細で美しいものでした。それ以来、その織物は、蜘蛛の巣(ニャンドゥティ)と呼ばれるようになったそうです。

ニャンドゥティ蜘蛛は伝説上の蜘蛛なのかもしれません。

id:kagetsu No.8

kagetsu回答回数26ベストアンサー獲得回数32007/09/05 10:12:31ここでベストアンサー

ポイント300pt

クモは約三万五千種が知られていますが、その中で社会性を示す生態が知られているクモが約十五種いるようです。なかでも比較的良く研究されているのがAnelosimus eximiusという名のクモで、これは南米で広く見つかる種だそうです。パラグアイにだけ見つかる社会性を示すクモがいるのかどうかは、分かりませんでした。しかし、共同で巣を張るクモは複数見つかっているのは確かです。


信頼できる情報はやはり査読を受けた論文が基本になります。文献リストが一番下のリンク二つのページにありますので、それらに当たるのが賢明かと存じます。


http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Namiki/3684/fact3.html

http://www.ne.jp/asahi/jumpingspider/studycenter/ecuador/mainrep...

http://gea.free.fr/old/article%20anelosimus.htm

http://www.sciencenews.org/pages/sn_arc99/5_8_99/bob2.htm

id:ryota11

おお、なんだか完璧に質問の意図を汲み取って下さってますね。

とても参考になります。

ありがとうございます。

2007/09/05 21:08:55
id:skinheadbutt No.9

skinheadbutt回答回数102ベストアンサー獲得回数42007/09/05 10:22:23

ポイント150pt

直接ニャンドゥティ蜘蛛の記載があるわけではないですが、

http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Namiki/3684/fact3.html#soci...

こちらのサイトの社会性クモの項に共同網の記述があります。

この中の中米に生息する蜘蛛のなかにそう呼ばれているものが

いるのかもです。


亜社会性を持った蜘蛛については研究も多いようです。

http://www.bbc.co.uk/nature/wildfacts/factfiles/3090.shtml

http://www.theridiidae.com/Social%20Spiders.html

id:ryota11

なるほど。

ありがとうございます。

2007/09/07 22:17:51

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません