新製品(特に新技術)は、初期は性能が悪く価格が高く市場投入には非常に不利です。その不利を緩和する方法は何か考案されていないでしょうか? デジタルたにまち という案 http://zanjibar.cocolog-nifty.com/fine/2006/07/post_a232.html

を昔書いたことがありますが、このように製品の市場投入の初期のリスクというか参入障壁をさげるアイデアです。ある程度実際に行われ始めているのがあったら歓迎です。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/09/05 23:38:27
  • 終了:2007/09/12 23:40:14

回答(3件)

id:retorin No.1

retorin回答回数307ベストアンサー獲得回数92007/09/06 00:53:30

ポイント27pt

昔からある方法ですが、希望者の中から何名か選抜し格安もしくは無料で製品を提供しモニター被験者になってもらうという方法です。これなら発売前に問題点を発見できます。

プラグラムではよくβ版というのをよく使います。製品に使用期限や機能制限を付けて無料で配布し、集まった情報を基に修正を施して販売するというものです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%CE%92%E7%89%88

上記の2つでいずれでも問題箇所と前評判が分かります。

アニメやドラマなどのデジタルコンテンツでは1話だけを無料配信するということがよく行われています。

   

デジタルたにまちの欠点は初期購入者へのリスクが大きすぎることです。もし初期ロットで評判が悪くて次の製品が売れなかった場合、初期購入者は高い金を払った上に粗悪品をつかまされたことになります。

id:isogaya

サンプル配布を合理化するとすると、

サンプル配布は、サンプルラボ

http://samplelab.jp/

が最近有名ですね。

サンプル百貨店とか、マキアとか同様の発想のものはいくつかあるようです。

2007/09/06 08:52:54
id:hayashi_rice2 No.2

hayashi_rice2回答回数46ベストアンサー獲得回数12007/09/07 02:36:42

ポイント27pt

たのみこむサイトのように、予定製品をうまく宣伝して予約をとって売り込むことでしょう。http://end

id:hseki_106 No.3

hseki_106回答回数22ベストアンサー獲得回数32007/09/07 16:10:47

ポイント26pt

開発・製造するモノの費用が桁違いの航空機メーカーでは、「ローンチカスタマー」という手法を採っています。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%8...

通常ローンチカスタマーに対しては(複数もしくは早期購入を行う航空会社等)に対して、大きな割引を受けられるようにしているようです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%A2%E3%83%90%E3%82%B...

実際に昔から運用している業界もあるということで。。

デジタルたにまちと似ている部分もあると思います。

id:isogaya

なるほど、似たようなことほかにもありそうですね。

2007/09/07 16:26:54

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません