敬語について質問があります。

「物がないのではなく」というセンテンスにおいて「ないのではない」という部分は2重否定となってしまうのでしょうか?

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/09/10 11:25:39
  • 終了:2007/09/10 13:02:49

回答(2件)

id:mouitchou No.1

mouitchou回答回数173ベストアンサー獲得回数52007/09/10 12:22:51

ポイント20pt

敬語に直すのであれば、「物をお持ちにならないのではなく」とか「おありにならないのではなく」で敬語になります。無い、ということを直接示す“お無い”みたいな敬語は少なくとも記憶にありません。二重否定を使うことになると思います。

id:nolimit808

ありがとうございます

2007/09/10 13:01:44
id:grand_majesty No.2

grand_majesty回答回数37ベストアンサー獲得回数42007/09/10 12:25:19

ポイント50pt

2重否定となるか、ならないかに論点をおけば2重否定です。

しかし、日本語では「満更ないでもない」というように部分肯定の意味で盛んに使われています。

英語のでは2重否定は文法的に誤りであると解釈されていますが、

日本語ではあまり気にしなくてもよいでしょう。

否定×否定で肯定にしてしまうと、

「ないのではない」→「ある」になり、意図していた部分肯定のニュアンスが消えてしまいます。

そういう場合は無理に2重否定を直すとおかしくなってしまいます。

しかし、2重否定の多い文章は読みにくいことには変わりません。

成る可く多用は避けたほうがよいと思います。

nolimit808さんの欲する回答でなければ、ポイントは結構です。

id:nolimit808

なるほど!

2重否定はできるだけやめて書いてみることにします。

参考になりました。ありがとうございます。

2007/09/10 13:02:17

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません