Miracle Linux 2.1を使用しています。

一度、dumpコマンドでフルバックアップを取得し、その後、restoreコマンドでリストアをし、OSを起動すると、普段であれば、起動の最中に
Mounting local filesystems: [OK]
Configuring system for crash dumps [OK]
Saving crash dump (if one exists) {OK]

Activating swap partitions: [OK]
Enabling local filesystem quotas: [OK]
と表示されるところが、
Saving crash dump (if one exists) {OK] の部分が、could not save crash dumpと表示されてしまいます。
このエラーの対処を教えてください。
エラーを無視しても良いという意見がございましたら、その理由を教えていただけると幸いです。

お手数をお掛けしますが、宜しくお願いします。

回答の条件
  • 1人10回まで
  • 登録:2007/09/12 04:04:32
  • 終了:2007/09/19 04:05:03

回答(2件)

id:KUROX No.1

KUROX回答回数3542ベストアンサー獲得回数1402007/09/12 07:30:10

ポイント35pt

could not save crash dump

エラーを無視しても良い

>その理由を教えていただけると幸いです。

http://support.sgi.co.jp/linux/docs/errata-1.4.html

[crash dump]がないだけなので、システム上問題ないのでは?

id:kaz0419

このサイトは見ましたが、根本的な解決策になっていません。

ずっと出てしまいますので、無視できません。

2007/09/15 06:22:02
id:q_taro4 No.2

q_taro4回答回数83ベストアンサー獲得回数12007/09/13 02:32:09

ポイント35pt

アクセス権限の問題だと思います。

id:kaz0419

なぜなのか教えてください。

2007/09/15 06:22:18
  • id:kaz0419
    結局のところ、
    /etc/sysconfig/dumpの中に
    dumpdev=・・・・・という記載があり、
    シンボリックリンクを書き換えて
    メッセージが正常に表示されました。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません